So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

映画にしか出ない俳優が増えている? バラエティや歌をやらない訳 [映画業界物語]

31081632_1908171089257186_7653896622169915392_o.jpg

俳優とタレントは違う。両方をやっている人もいるが、近年は明確に線引きがされている。昔は歌手でレコードを出し、ドラマに主演し、映画に出て、CMの出演という人が多かった。が、次第に俳優は俳優。歌手は歌手という風に専門職(?)が主流になってきた。

これは近年のレストランと同じ。昔はデパートの最上階にある食堂とか、洋食、和食、中華なんでもあり。便利だけど、味はそこそこというのが人気だった。その後、洋食専門どころか、イタリア料理専門とか、さらに分業され。今では、オムライス専門というところまで来ている。でも、そんな店の方が人気で単に洋食というだけのレストランは人気がない。

歌手の世界も同じ。歌手なら歌手。歌が専門。映画やドラマには出ない。バラエティにも出ない。そのことでアイドルとは違い、本格派であることをアピールする。現在のアーティストの多くはこのタイプだ。元祖的なのは松任谷由実とか、矢沢永吉、山下達郎。最近のアーティストも皆、このタイプ。

俳優も同じだ。ドラマや映画を専門とし歌は歌わない。それがさらに線引きされて、映画しか出ない俳優というのも出て来た。というのもテレビドラマには出ないことで、特別感を持たせるためだ。ドラマだけではない。バラエティ番組にも出ない。ただ、主演映画が公開されるときは、宣伝としてトーク番組等に例外的に出る。

22007449_1631205490287082_5902530893597296283_n.jpg


今、人気の俳優はそんな路線で売る人が多い。いい映画を選んで出演。テレビドラマは極力出ない。映画で特別感を出して、イメージを売り、CMで稼ぐ。本来、テレビに出ることが売れるための近道だったのだが、あえてそれを避けることが主流になっている。それに対してタレントという人の多くは、以前からのパターン。テレビに出まくることで「売れている」感を与えて人気を得るという方法を続けているが、どこか俳優に比べると軽さを感じてしまう。

それらは事務所の方針である。違いは仕事をすると分かる。俳優専門で売る事務所だと、出演依頼をすれば撮影期間中のスケジュールを全て押さえてくれる。俳優が役に専念できるようにバックアップ。が、タレントあるいはモデル専門からスタートして俳優も扱うようになった事務所は、撮影休みがあると、すぐ別の仕事を入れてしまう。少しでも多くの仕事をさせて稼ぐ。

商売であることは分かるが、問題がある。そもそもタレントやモデルは基本、1本の番組。その日1日の仕事であるので、毎日違う現場に行くのは当たり前。1日でなく、数時間空けば別の仕事をするのは当然なのだが、映画というのは集中力であり、同じ役を1ヶ月に渡って演じ続けるのに、途中で別のドラマに出たり、バラエティに出たりしていると、役から離れてしまい、現場に戻ってもまた1からとなることが多い。いい芝居が出来なくなる。

そんな映画現場をタレントやモデルが中心の事務所は理解できない。なので、俳優の気持ちを考えずに別の仕事をさせてしまう。結果、いい俳優が育たない。ルックスはいいが、演技力のないタレントが役者を兼ねているという存在しか育たない。ある事務所はまさにそれ。大手で力があるが、そこの俳優はずば抜けた役者がいない。スケジュールもねじ込んで来る。だから、僕はそこからは絶対に選ばない。


22089522_1636819503059014_1163162075444581457_n.jpg

長くなって来たのでまとめるが、お笑い芸人でもいい役者はいる。が、やはり彼らはお笑いに命を賭けている人が多く、俳優業はアルバイトと考えている人が多い。タレントと言われる人たちもそう。人気はあるが、彼ら彼女らと素晴らしい作品を作るのはむずかしい。「映画も多くの仕事のひとつ」としか考えていないからだ。全力で演じない。台詞を間違わなければいいかな?という姿勢。命がけで演じることはなく。「この現場のあとテレビがあるから、体力を温存!」という感じ。

それらは個々の俳優というより事務所の方針が大きい。毎回、キャスティングをするときは、そこを重用視する。演技に命を賭けている人。人生を賭けている奴。低予算でも、大作でも、同じエネルギーで挑む役者。そんな人たちとでないと、いい作品はできない。1人でも軽い気持ちで、アルバイト感覚で俳優をする奴がいると、現場の空気が悪くなる。「早く終わってよー次があるんだからさー」みたいなタレントやマネージャーがいると、スタッフの怒りが込み上げる。

その俳優を魅力的に撮影しよう!という気持ちになれない。当然、作品のレベルが下がる。そんなふうに俳優を1人選ぶことはとても大切なのだ。その意味で僕はモデルクラブ系の事務所やバラエティタレントが多い事務所から俳優は選ばない。逆にいうと、近年、増えている「基本は映画」「歌手やタレント業はやらせない」「テレビは出さない」という事務所にはいい俳優が揃っており、映画製作に対する理解もある。そんな事務所と仕事をすることが多い。

レストランも俳優も同じ。専門店が今の時代に支持を集め、生き残っていくと思えている。

明日スクエア_edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「明日にかける橋」ロビーカード紹介⑤ この板尾創路さんの場面で誰もが号泣する! [4月ー2018]

31072994_1906748332732795_4177937855319900160_o.jpg


詳しくは書かない。試写会で見た人何人にも一番泣ける場面を聞いたところ。ダントツでここ!お楽しみに。

この夏いちばん泣ける映画「明日にかける橋」東京先行公開。有楽町スバル座で6月30日(土)〜公開。全国公開のためにークラウドファンティングスタート!!

支援頂くとリターン(レアなグッズ)がもらえます。

こちら=>https://www.booster-parco.com/project/271

15秒スポット=>https://youtu.be/7FtuotQgM7A



明日スクエア_edited-1.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

「明日にかける橋」感想ー映像が過去の経験を思い起こさせる時、人は感動する! by Saven Sato [明日にかける橋=感想]

30415162_1888161661258129_4033287741952229376_n.jpg

「明日にかける橋」感想ー映像が過去の経験を思い起こさせる時、人は感動する! by Saven Sato

昨日、4月18日の試写会に招待していただいた。最前列の左端に座った。
太田隆文監督『明日にかける橋 1989年の想い出』は非常に丁寧な映画。その丁寧さに感激。建築家の難波和彦の「小さい家」を思い起こさせる。

2時間10分ほどで、長いと感じない。フィルム編集が丁寧。最近、イーストウッドの新作を見たが、内容はともかく、編集はバランスが悪く感心しなかった。それを見ただけに、よさが際立った。

ネタバレになるので、筋には触れない。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をオマージュにしている。この映画には引用が少なからずあり、それを味わえるのも魅力の一つ。『傷だらけの天使』のショーケンも一例。

きれいな風景の映像がオーバーラップでつながれる中、主人公のナレーションが流れる。いつもながらオープニングがきれいだと見惚れる。これにより舞台の全体像がわかる。

カットの一つ一つに監督の意図が明確に伝わってくる。意図がわからないカットはない。カットに説得力がある。言葉に依存せず、映像に語らせている。だから、説明がなくても、事情がわかる。これこそ映画。

好例がテレビ画面のショット。テレビは映画と違い音声に依存する。ところが、音声のないニュース画面だけで、効果的に挟み込まれているので、どういう時代の気分なのかがわかる。

しかも、カットの間やシーンの間の音のつなぎなどの音が丁寧。また、昔と今の音環境は違いも丁寧。昔の街角や事務所、喫茶店など今と音環境が違う。なつかしいなと思った。

音楽は禁欲的に使われる中、マタイ受難曲が印象的。また、時間移動の映画を踏まえ、ワイプの際に発射音のような効果音が入る。こういう遊びも楽しい。
台詞の長さもカットの長さにあっていて自然に感じる。ちょっとしたおしゃべりが後の伏線だったりするので聞き逃せない。

カメラのサイズとアングル、構図もよい。監督の意思がスタッフに共有されていることがわかる。そこからスタッフの意欲も伝わる。

俳優は芝居感がなくてよい。映画はこれが大切。太田映画は女優の演技に定評があるが、脇役の男性陣が力が抜けていて好感を持った。近年の映画やドラマで見られるような力んで観客がひく演技がない。

感動は映像そのものが起こすものではない。映像が過去の経験を思い起こさせる時、人は感動するもの。それができる映画は感動を呼ぶ。つまり、表現による感動は経験に訴えること。

私は高校時代に亡くなった友人を思い出した。彼は、あの朝、待っても、来なかった。おかしいなと思った。学校でその死を知った。17歳だった。

また、重い足取りでカバンを持って階段を登る父、弟を背負う姉など歳をとると、生きていく際に重いものを担うことの意味が分かるもの。

そうした経験を思い出しつつ、この映画を見終わった。視覚障害のある私よりも皆さんの方が発見することが多いはず。自分の目で是非この映画を味わって欲しいと思う。率直に言って、派手な宣伝の大作よりも映画への愛を感じる作品。愛があるからこそ丁寧な映画。

ただ、一つ不満があった。それは試写会後に監督とこの映画について語り合える時間が少なかったこと。これが残念。機会があれば是非そうしたいもの



明日スクエア_edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

本日の中日新聞。「明日にかける橋」記事またまた掲載! [4月ー2018]


30742714_1906237989450496_3049244003531751424_n.jpg


本日の中日新聞。「明日にかける橋」記事またまた掲載!



30729235_1896755093732119_8713862128114597888_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「明日にかける橋」1年前のこの日....1年後の今日...、 [4月ー2018]

17951863_1431847310222902_5247282041387514128_n.jpg

映画の制作発表を地元のお寺で行なった(写真上)。「本当に映画なんて作れるのか?」とメンバーは不安を感じながらのスタートだった。でも、そこからのメンバーは凄かった。この年の夏に撮影。新聞記事に書かれている通りに年内に完成披露試写会までやってしまった。

メンバーの主力は主婦の皆さん。プロではない方々が製作費集めから、撮影のお手伝い。そして現在の宣伝活動。スタートから1年。再び僕はロケ地にいた。今度は全国公開のための宣伝費支援を呼びかけるイベントである(写真下)。

31065382_583120122057240_8725720949430681600_n.jpg

素晴らしい作品は出来た。町の魅力を伝えた上に感動でみる作品になっている。これを全国の人に観てほしい。そのためには宣伝費が必要。メンバーは全員、ボランティア。映画からの収入は全て映画の展開にまわしている。愛がなければできない活動だ。ぜひ、支援をお願いしたい。

有楽町スバル座で6月30日(土)〜先行公開。
全国公開のためにークラウドファンティングスタート!!支援頂くとリターン(レアなグッズ)がもらえます。
こちら=>https://www.booster-parco.com/project/271

15秒スポット=>https://youtu.be/7FtuotQgM7A


明日スクエア_edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

明日にかける橋ー日記 久々に明日橋(あしたばし)を生で見た! [4月ー2018]

30742006_1904924426248519_2154467518226366464_o.jpg

クラウドファインディングのスタートイベントでロケ地袋井に来ている。久々にあした橋を生で見る。この半年以上、映像では何百回も見ているが、やはり実物はスケール、美しさが凄い。映画の1シーンに入り込んだような感動がある。

(静岡県)JR袋井駅(北口)から北の延びる大通りを直進。静橋を右折。川に沿って歩いて行くと5分ほどで到着。映画をご覧になった方はぜひ、一度訪れてほしい。感動しますよ!

31103513_1906193426121619_1931934907454455808_n.jpg

●全国公開のためにークラウドファンティングスタート!!支援頂くとリターン(レアなグッズ)がもらえます。こちら=>https://www.booster-parco.com/project/271

15秒スポット=>https://youtu.be/7FtuotQgM7A


30729235_1896755093732119_8713862128114597888_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

「明日にかける橋」15秒スポットを公開中 ! [予告編]




映画「明日にかける橋」予告編。公開

劇中の動画を初公開!ちょっとだけ中身を紹介。



明日スクエア_edited-1.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

明日にかける橋ー日記 ロケ地袋井市に映画の記念碑。除幕式! [4月ー2018]

30727838_583120245390561_470199327210340352_n.jpg

映画撮影のために作られ、劇中で使用された「明日橋」の石碑。発泡スチロールではなく、本物の石で、プロの職人さんが作ってくれたものを撮影で使わせてもらった。撮影終了後に撤去したが、明日橋の近所の方のご好意で、敷地内に石碑を設置させてもらうことになった。

31045289_1904942019580093_2110357439592267776_n.jpg

その除幕式が昨日行われ、監督の私ー太田も招待して頂いた。映画に使われたものは除去され、捨てられる運命。スクリーンの中にしか存在しない。でも、今回は100年残る本物の石で作られたもの。それを街にのこしてくれること。それも明日橋のすぐそばに設置してくれたこと本当に嬉しい。橋を見に行かれた方はぜひ、立ち寄ってほしい。


30713034_1691534370933540_5227103519969902592_o.jpg


30729235_1896755093732119_8713862128114597888_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

‪明日にかける橋ー全国公開の宣伝費支援を求めてクラウドファンティングがスタート!!‬ [4月ー2018]

30742433_1516515705142436_5156897456268509184_n.jpg


‪全国公開の宣伝費支援をお願いするプロジェクト。

ロケ地である袋井市の法多山でマスコミ発表をさせてもらった。

支援頂くとリターン(レアなグッズ)がもらえます。全国公開実現の為。

応援をお願いします!‬

こちら=>‪https://www.booster-parco.com/project/271

30741456_1904929682914660_6672039778017345536_n 2.jpg

30740821_1904338489640446_4006439102521016320_n.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

明日にかける橋ー日記 英語字幕スーパーの制作がスタート [4月ー2018]

30710575_1903656353041993_941344702572003328_n.jpg

毎回、太田組作品は海外の映画祭に出品する。なので、今回は早めに英語字幕スーパー版を作ることにした。僕も海外留学組なので多少の英語はできるが、字幕スーパーにするのは特別なスキルが必要。日本語を直訳しただけではダメ。長過ぎてもダメ。意訳が過ぎるとダメ。英語圏の人たちが分かる表現でなくてはならない。

海外の映画に日本語スーパーを付けるのも同じで、訛のある英語の場合は日本のどの方言に置き換えるか?を考えねばならないし。歴史的事実を知らないと分からない表現もある。日本語から英語に訳するのも同じだ。

専門スタッフにお願いして、訳してもらう。でも、言語だけではなく、物語のテーマが反映されている台詞や表現もある。アジアでは分かってもらえるが、アメリカ人には分かり辛い言い回しもある。その辺を僕が確認。英訳された文章を全て確認して、直しをお願いする。アメリカで生活したことがないと分からないニアンスとかもある。

原稿が昨日、送られて来た。早々に確認作業開始。だが、2時間を超える映画なので、原稿も長い。今回は第1弾。大変な作業になりそうだ。


明日スクエア_edited-1.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -