So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「明日にかける橋」編集日記  楽しい撮影現場が名作を生み出す? [撮影]

21414765_1610213015719663_8901919423123870764_o.jpg

先の記事に書いた「撮り忘れカット」の話もそうだが、現場での騒動や事件は映画作りに大きな影響を与え、作品クオリティを下げてしまう。例えばスタッフの1人が毎日、怒鳴っていると、他の人たちはうんざりする。怒鳴るのも仕方ないと思う理由があればまだ分かるが、機嫌が悪いとか、自分の仕事がうまく行かないとか、本来感情を爆発させる必要のないところで怒鳴ったり怒ったりする人がいると、現場は本当に荒れてしまう。

ただ、昔の活動屋という人にはそんなタイプが多く、技師が助手を殴ったり、体育会系のノリで、武闘派の人が多かった。さすがに最近はそんな人は減ったし、怒鳴るスタッフも敬遠される。それでもベテランにはまだそんな人がいる。

そんな中で太田組は初期から「怒鳴るの禁止」だ。何より若い俳優たちが多く出演するので、現場でオヤジが大声で「バカヤローー!何やってんだー」と怒鳴っていると、萎縮して芝居ができなくなるからだ。ある演出部チーフもこういう。

「現場が荒んでいると映画も荒んでしまう。いい映画は楽しい現場からしか生まれない」

最近はそれを痛感。だが、現場ではいろんな事件が起こる。用意されるべきものが用意されていない。俳優の機嫌が悪い。あれこれ演出に口を出して来る。関係者でない人が撮影方法に対して文句いう。ふて腐れている奴がいる。あまりに仕事ができない。エキストラが写真を撮って回る。サインをねだる。それを誰も止めない。

そんなことがまわりに影響し、イライラさせられたり、やる気をなくしたり、それが作品のクオリティを下げることに繋がる。いいシナリオがあり、素晴らしい俳優が出演しても、現場に何らかの問題あると作品に影響してしまう。だからいつも言うのだが「反省」が大事。事件や騒動が起きたときは必ず考える。

なぜ、そんなことになったのか? 
どんな背景があり、誰が原因を作ったのか?
連絡不備か? 勘違いか? 
なぜ他の誰もが気付かなかったか? 

それを突き詰めて行く。よく「いつまでも悔やんでも仕方ない。忘れて次に行こう!」という人がいるが、悔やむのではない。反省するのだ。個人の責任を追及するのでもない。原因を突き止めることで、次の現場で同じ失敗を繰り返さないためだ。

なぜ、彼は問題を起こしたのか? 
彼は状況を把握していたのか? 
何日も寝ておらず意識が朦朧としていたからか? 
だとすると、なぜ、何日も寝られない状態が続いたのか? 
スケジュールが悪いのか? 
では、なぜ、そんなスケジュールなった? 
俳優の都合? 製作費? そもそも仕事に向いていなかったのか?
いやいや、体調が悪かった? それとも病気?

こうして考えて行くと原因が見えて来る。同じことが次回は起きないような体制や人選をする。そして、せめて人的要因で事件が起きないようにする。事前に文句の多い俳優、傲慢な事務所はキャスティング段階で避ける。現場で怒鳴る昔の活動屋タイプのスタッフも呼ばない。問題行動を取る人が1人いるだけで、現場の空気が悪くなり、イライラさせられ、いろんなミスや事件に繋がる。ただ、よくスタッフがこう言ってくれる。

「太田組は和気あいあいで楽しい。だから、また参加したい!」

嬉しい話だ。それは毎回反省して、同じ失敗を繰り返さないようにしている成果が上がっているということ。怒鳴ったり、事務所の力であれこれ無理難題を言って来る俳優を呼ばないから。それが今の太田組チームとなった。作品クオリティの高い映画を作る環境作り。大切なことなのだ。


小.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「明日にかける橋」完成試写会の日程が決まりました。12月に地元先行で上映会! [告知]

22096018_1633791433361821_8925205596061189800_o.jpg


「明日にかける橋」完成試写会の日程が決まりました

12月23日(土)磐田市 福田中央交流センター①14:30②18:30
12月24日(日)袋井市 メロープラザ①10:30②14:30 ③18:30
12月25日(月)袋井市 月見の里学遊館①14:30②18:30
12月27日(水)森町 ミキホール ①9:30  

1席1500円 

=監督や出演者の舞台挨拶も予定されていますが、日程はお待ちください。=   

尚、チケット購入方法等、詳細は後日決まり次第お知らせ致します。

全国での公開は来年夏ー秋以降に映画館上映を計画中です。

詳しくは「明日にかける橋」HPをご覧ください!↓
http://ffc2017.main.jp/




21316536_1606805146060450_136351002334616506_o.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「明日にかける橋」編集日記ー恥ずかしい話。撮り忘れたカット?! [編集]

21762707_1625879204153044_2802020678363866046_o.jpg

今回は情けない話を書く。こんな話を監督という人たちはしたがらないが、読者には映画監督を志す人もいると思うので、書いてみる。

編集で素材を見ていると、「あれ? 何であのショットの映像がないんだ?」と気付くことがある。そして探す。「まさかまさか? あーー」と、撮り忘れカットがあることに気付く。そんなときは本当に落ち込む。自分を殴りたくなる。同じ失敗を繰り返さないようにその原因を考える。もちろん、全ての最終責任は監督だ。役者が下手でもその人を選んだ監督が悪い。力及ばずのスタッフがいても、選んだ監督の責任だ。が、どんな状況で問題が起きたか?事細かに反省することは大事。その前に撮影に至る進行をまず説明しよう。

まず、現場をロケハン。どこからどんなふうに撮るか?そのあとに紙に図面を書いてどこにカメラを置いてどんな風に撮るということを考える。そしてカメラマンと打ち合わせ、それが可能かどうか? もし難しければどうすればいいか?相談。さらに現場でカメラを置いてファインダーを覗くのだが、想定していた絵とは違う構図になることもある。そのときはまた微調整する。

そんなふうに最初決めた通りに行かず、また、天候やロケ場所の状態がロケハン時とは変わっていることもあり、その場その場でより良い方向に変更して行かねばならない。急に「**時までに終わってほしい」場所を貸してくれる人が言い出す事もある。俳優事務所から「早めに次の仕事に行かせたい」と理不尽なことを急に言われることもある。対応するには、当初の予定を変更、時間がかからないカット割りをせねばならない。そんな中で撮り忘れるショットが出てくる。

それ以外にも撮影前に事件が起きたり、決まっていた俳優が突然に出演できなくなったり、いろんなことがあって、そちらの対応に時間が取られたために、撮影準備が疎かになることもある。現場がもの凄い暑さや寒さで頭がまわらないとき。困ったちゃんが騒動を起こして皆、イライラさせられたり。まあ、現場というのは戦場なので、ものごとを冷静に考えられる場所ではないのだが、そんなことがいくつも重なり、撮らねばならないカットを撮られずに現場を移動してしまうこともある。まあ、だからと言って許されることではないが、それが要因となる。

また、撮り忘れとは言わないが、編集時に素材を見ていて「あーここのアップほしいなああ。何で撮ってないんだ!」と思うこともある。現場では「これでいい」と感じたのだ。それが冷静に編集室で集中して考えると必要だと分かる。なぜ、分からないか?先に上げた状態が原因。

では、撮り忘れカット。どうすればいいのか? そのシーンを今から撮る訳にはいかない。かなりな予算が必要。俳優やスタッフはすでに次に仕事をしている。例え全てをクリアーしても、もう俳優たちはあのときと違う顔をしている。あの夏のあの時期だけ、彼ら彼女らは物語の登場人物になっていたのだ。今から戻れといっても不可能なのだ。特に若い俳優はそうだ。数ヶ月で成長。大人の階段を上がってしまう。

それは編集で何とかするしかない。そのカットがないだけでそのシーンが成立しない場合もあるが、別テイクから別のシーンからカットを探したり、繋ぎ方でそのカットがなくても成立させるとか、とにかく観ていて違和感ないように繋ぐのだ。そんなことがあるので、毎回、編集はドキドキの連続。

「あーーあのカット.....フォルダーにない.....もしかしたら.....」

とカメラマンに電話。「いえ、僕は撮った記憶があります。**のフォルダーにあるかも?」と言われ確認。「あったーーーーー!」というスリルとサスペンスの連続なのだ。

今回もすでに1カ所だけ撮り忘れがあった。本当に情けない。理由はともあれ僕の責任。こんな恥ずかしい話、ほとんど監督たちは外部の人にしないが、どこのチームでもときどきあること。ハリウッド映画でも観ていて「あれ?」と思う事がときどきある。それは似たようなことが現場であったはずだ。

そんなミスを徹底して探した記事を掲載した映画雑誌があった。そして世界で1人だけ、そんなミスを発見できなかった監督がいたそうだ。それが日本の黒澤明。その理由はラッシュを観て少しでもおかしいところがあれば撮影をし直したそうだ。それをするためにはどれだけの費用と時間と労力が.....と思うが、だからこそ天皇と呼ばれた監督なのだろう。

小.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

「明日にかける橋」編集日記(12日目) 作品が成長する。涙のシーンが生まれる。 [編集]

22310373_1654346847972946_6667041942114702940_n.jpg

昨日は「愛と悲しみの山河」の章の1日中編集していた。毎日4−5シーンくらい進むのに1シーン?と思うかもしれないが、このシーンは通常の10シーン分くらいあるチャプターなのだ。おまけに粗編集なのに、いろいろ加工したり、素材を合成したり、あれこれしてしまった。

というのもその辺の加工素材が入ることで意味が出て来て、その場面が盛り上がるからだ。こんなことアナログ編集時代にはできないことなので、デジタル、ノンリニア編集は今も嬉しくなる。場面でいうとみゆきの母(田中美里)が病気になり、父(板尾創路)が新しい会社を立ち上げるというあたりから、みゆきが就職。母が退院。父が酒に溺れる辺りまで。

昨日、作業をスタートしたのが朝9時頃。終わったのは(終わっていませんが)夜の9時頃。とはいえまだ完全にはできていないのが(粗編ですし)それに音楽をつけて見てみた。もちろん、音楽は既成の映画のサウンドトラック。

10分近くもあるシーン。さあ、どうか? 部屋を暗くして一気に見た。遠州の美しい四季をバックに、みゆきの家族が時代に翻弄されて行く様が描かれる。家族の死。悲しみ。父の葛藤。娘の卒業。母の病気。そして大学受験を諦める娘。だが、時代は容赦なく、その家族を襲う。バブル崩壊。不況。そんな中で主人公たちがひたむきに生活する。

自分で監督したシーンなのに、涙が溢れる。なぜ、この家族はこんな辛い目に遭うのか? なぜ、時代はかくも厳しいのか? なぜ、どうして? この家族は何も悪いことしていないのに? そんな憤りと悲しみが交差する。「それって自画自賛?」という人は映画作りを知らない。

作品は成長する。僕がシナリオを書き、現場で演出して、編集しても、コントロールできないほど作品は大きくなっていく。主張し、勝手に動き出す。そんなときは素晴らしい作品になる。監督はそれを見守るだけ。「こんなはずじゃなかった」と押さえ込んだり、ねじ曲げてはいけない。子育てと同じ。その子の良さを延ばしてやるのが親の使命。監督業も同じなのだ。

その作品が成長を始めた。毎回、粗編集時に泣けた場面は必ず映画館でも観客が涙を流すシーンとなる。そして、この場面が素晴らしくなりそうな要因は何か? それは俳優たちだ。板尾創路さんが素晴らしい。悲しみと愛が溢れる。田中美里さんがいい!心が壊れて行く母を見事に体現している。そしてみゆきを演じる16歳の新人。皆、本当に凄い。

実はすでに涙のシーンをもうひとつ発見している。この「愛と悲しみの山河」の章の前。葬式でみゆきと里美先生が出会うところ。そう、演じるは藤田朋子さん。ここも泣ける。いつも元気いっぱいの藤田さんが、この場面では泣かせてくれる。やはりトコちゃん凄い。あまり詳しく書くと完成時の楽しみが減るのでこのくらいにするが、そんなシーンの続きを本日も編集する。

いよいよ、次のシーンから鈴木杏ちゃんが登場する。さあ、みゆきの家族はどうなるのか? 父(板尾創路)は? 母(田中美里)は? そして新たなる登場人物。現在、NHKの大河ドラマに出演中の冨田佳輔と「3年B組金八先生」等で活躍。草刈正雄さんのお嬢さんでもある草刈麻有も登場。「明日にかける橋」第2部ともいえるチャプター。ま、僕はどうなるか?知っているんだけど、「どうなるんだろう?」と思ってしまう。作業を開始する。

小.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

「明日にかける橋」を完成させるための協賛金をお願いしています! [告知]

21316536_1606805146060450_136351002334616506_o.jpg

おかげ様で撮影は無事に終了しましたが、まだ完成までの製作費が足りていません。映画作りは撮影のあとも完成までに数々の作業が必要。数ヶ月に渡る編集、映像処理、特殊処理、音楽制作、演奏をスタジオで録音、効果音入れ、音声&音楽ダビング。そして映画館公開の宣伝費。といろんな仕事があり、多くのスタッフをギャラを支払って雇い、スタジオを借り作業せねばなりません。

この映画は大手映画会社や大企業が出資する作品ではなく「我が町を全国に発信しよう! 子供たちに古里の魅力を伝えよう」と静岡県の袋井市、磐田市、森町の市民グループが作る市民映画。地元のおばさんたちが協賛&寄付を今も集めています。何とか完成させたいので、ぜひぜひ支援をお願いしたいです。

出演、鈴木杏、板尾創路、田中美里、藤田朋子、宝田明、他。

「明日にかける橋」製作実行委員会HP
"http://ffc2017.main.jp/"

振込先 「明日にかける橋」(アスニカケルハシ)製作実行委員会 

代表 西垣 邦彦

・磐田信用金庫 袋井支店 普通 5119453
・浜松信用金庫 袋井支店  普通 2114212
・ゆうちょ銀行 記号12310 番号 49891161

21271319_1607905915950373_4441978666960095507_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

2年前に撮ってもらった写真。辛い思いが込み上げる。 [思い出]

22519286_1654325604641737_5200422518732542565_n.jpg

下の写真を撮ってくれたのはニュー八王子シネマの支配人だった中島さん。2年前の今日、「向日葵の丘」舞台挨拶後に撮影した写真。その中島さんが先日亡くなっていたことを知りショックを受けた。

彼との出会いは「朝日のあたる家」だ。原発事故を題材とした映画だったので上映拒否する映画館が多かった。とはいえ、そのことが反発を呼び「だったらウチで上映しよう!」という心ある映画館の支配人たちが手を上げて全国23館で上映されたのだが、その内の1館が中島さんが当時支配人をしていた沼津のジョイランドシネマだった。

「朝日」は静岡県湖西市で撮影されながら、静岡県で上映された映画館は中島さんの沼津のみ。静岡市内の映画館は皆拒否という中、勇気ある決断。公開に踏み切ってくれた。地元の応援もあり大ヒット。その年1番の興行成績を上げ、お正月をまたいで3週間のロングランとなった。

その後、中島さんはニュー八王子シネマに移り、「向日葵の丘」はなんとゼロ号試写に来てくれた。映画を見た彼は大感動「必ず、ウチでやります!」といってくれた。その約束通り2年前の今日。八王子公開。舞台挨拶にも呼んでくれた。そのときの写真が上。

「向日葵」も3週間上映してくれた。八王子で3週はきつい。大ヒットする映画でも2週間程度。聞くとこう答えてくれた。「この映画館にくればいい映画をやっている。それをアピールしたい。そのために『向日葵の丘』は最適の映画ですよ」

嬉しかった。映画愛を感じた。その中島さんが亡くなった。彼は背が高く、禿げているので、恰幅もよく、いい歳に見えるが僕よりもずっと若い。「インディジョーンズ最後の聖戦」を見たのが高校生と聞いて驚いた。そんな方が亡くなるなんて....。

今回の「明日にかける橋」も中島さんに見てほしかった。きっと喜んでくれたに違いない。何だか「向日葵の丘」の梶原支配人のようだ...。そんな中島さんが天国から見れるように「明日にかける」完成させ多くの人に見てもらいたい。


小.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

お願い! 連絡しないでください。2017年10月17日〜 [再掲載]

22365415_1648685488539082_7073118887531414428_n.jpg


編集作業がようやく進み始めた。それを察知した多くの方が気遣い、連絡を控えてくれている。本当にありがたい。が、そのことを知らない方もいて、ここ数日、電話やメールが続いている。今、それらに対応すると編集がストップする。

「電話出るくらいいいじゃん?」

という人もいるだろう。その説明を今はしない。今までに何度も書いてきた。メールも同じ。急ぎの方はプロデュサーに連絡してほしい。他は申し訳ない、お返事できない。携帯も止めてある。

編集は戦い。精神状態ギリギリで作業する。この映画に参加した多くの人のためにも、編集で全てが決まる。手を抜けない。集中したい。協力をお願いしたい。経過はこのFacebook等で報告する。よろしくお願いしたい。



小.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

明日にかける橋ー編集日記 映画は子育てと同じ、子供と真剣に向き合うこと [編集]

22467487_1649987705075527_1472107681206112736_o.jpg

毎回、思う事だが、映画作り、特に編集作業は子育てだと思える。撮影は出産。編集は生まれた子供を育てる作業。完成披露試写会は小学校の入学式か? 多くの関係者に祝ってもらう。そのあとの東京公開が成人式だろうか。そこまで行くと僕や関係者の手を離れて1人歩き、多くの観客に感動を与える仕事をしてくれる。

そんな1人前の大人になり、愛される社会人となるように育てるのが監督の仕事なのだ。まさに子育て。その間、多くの人のサポートを受けながら、子供のーつまり作品ーをより良い方向に導き育てることが大事。幼い頃のしつけや教育が、映画では編集作業なのだ。そこで手を抜けば、子供が不良や問題児になるように、作品もろくでもないものになる。

子育てを世間のパターンで行えば、フツーの平凡な大人に育ってしまうことが多いように、作品もパターンで編集すればフツーのどこにでもある映画になってしまう。大事なのはその子の個性や可能性を親が見抜き、それを延ばしてやること。映画も同じ。その作品の良さを見抜くーといっても、「え?映画ってシナリオ通りに撮るんだから、良さを見抜くって言っても?」と思うかもしれない。

しかし、映画は子供と同じ。この両親から生まれた子だからどちらか両親と同じ能力を持っているだろうと思っていたら、意外な別の素質を秘めていたり、親が理解できないことを始めたりする。映画も同じ、シナリオに書かれていないのに、撮影された素材には別の可能性を秘めていることがある。「えーどういうこと?」と思うだろう。でも、そこも子供育てと同じ、両親が思いもしない素質を持っているように、監督すら想像しないものが映画が秘めていることがある。

ただ、それに気付かない親が多い。その子の秘めた力を延ばそうとせずに、世間的な価値観で教育してしまい、その子の個性や力を潰してしまう。その素質を開花させずに大人にしてしまう。そして往々にして、親たちはそれが子供のためと思い込んでいる。映画も同じ、その作品の秘めた素質を見抜き、編集でそれを前面に引き出す。その力を延ばすことが大事なのだ。

さらに親の願望を叶えるために、子供を無理矢理教育することがある。有名大学を目指させたり、一流企業のサラリーマンになることを望んだり。子供が勉強が出来て、そんな仕事に向いていればいいが、そうではない仕事に向いている子供まで、親のエゴや世間体を気にして押し付けることが多い。そんな子は反抗したり、不良になったり、引きこもったり、まともな社会人になれない。映画も同じ。

監督がこれは拡張高い文芸作品にしたいとか、評論家が褒めてくれるような名作に仕上げたいとか、作品の持ち味を考えずに高望みしたり。或は憧れの監督の物まねで編集してしまうと、その作品の力は開花せず、詰まらないものになる。そう考えると本当に子育てと映画作りは似ている。その子が持つ、素質、秘めた力、個性、それは親が望んでいないことであるかもしれない。でも、それを見抜き、育て、応援することが、その子の幸せに繋がる。

大人になった子は親から離れて、自分の個性や能力を発揮し社会に貢献するように、映画も多くの観客に愛され、感動を与えることになる。そこまで行けば親や監督の力はもう必要としない。だからこそ、子供時代が大事。映画は編集が大事。子育てなら数年。編集なら数ヶ月。そこの期間、自分の子供と真剣に向かい合うこと。それが子供の、作品の未来を決めるのだ。

そう考えると映画作りと子育てはとても似ている。さて、今回の映画に秘めた力とは、個性とは何か? それが少しずつ見えて来た。シナリオでは分からないそんなものを見抜き、作業することが編集なのである。


小.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「朝日のあたる家」もTSUTAYAでレンタル終了!でも、取り寄せは可能かも? [My Movies]

C1cohiNUQAADk8M.jpg

 「朝日のあたる家」DVDも発売から1年が経ち、

 TSUTAYAの棚からは消えることになりました。

6_edited-2.jpg

 店舗によっては取り寄せがまだ可能なところもあります。


 この機会にぜひご覧下さい。

 公式HP=>http://www.asahinoataruie.jp

健次と舞_edited-2.jpg

光太郎R_edited-2.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

明日にかける橋ー編集日記 小説や漫画ではない映画ならではの表現? [編集]

22489853_1653192474755050_6938229499911989375_n.jpg

かなり調子が出て来て、昨日も午前中から作業を始めて深夜0時過ぎまで。もう少しやりたかったが体力の限界。また、神経が麻痺して来るので終了にしたが、気持ちとしては早く続きを編集したい。

「愛と悲しみの山河」の章を作業中だが、ここはシナリオに書かれた通りに繋ぐだけではダメ。僕の映画にはそんなシーンが必ず出て来る。この章はひとつのシーンではなく、いくつものシーンが集って出来ている。通常はカットが集ってシーンを作るが、ここはシーンが集まることでひとつの章となる。

撮影した映像を違う意味で使ったり、がんばって撮った素材をカットすることもある。また、シーンが前後したり、通常しないことをする。というのも、映画というのは机の上で文章によって物語を書き留めて行く。が、映画は映画は映像。文章を映像に置き換えるだけでは不十分だったり、表現しきれなかったりする。

また、頭で考えると、それで伝わると思っていても、その映像ではそうならないこともある。現場で撮れた思わぬ風景とか、素晴らしい演技。そんなものを活用することで映像的になる。小説や漫画では表現できない方法で物語を伝えることができる。

ここはもしかすると太田組スペシャルかもしれない。あまり普通の監督はしない。そして、そんなシーンは最初から意図していないこともある。今回はまさにそう。おーーこの章は.....と閃いた感じだ。面白くなって来た。


小.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -