So-net無料ブログ作成
検索選択

明日にかける橋ー撮影まで1ヶ月を切ったのに!! [7月ー2017]


IMG_4371.JPG

明日にかける橋ー撮影まで1ヶ月を切ったのに!!

猛暑の中、準備が続いている。朝、目が覚めたら即、パソコンに向かいFacebook、Twitterを確認。メールのチェック。ブログを更新し、メールの返事。スタッフ&関係者に連絡を伝える。そこから都内での打ち合わせ。キャスティング会社で相談。資料探し。ご挨拶。とサウナのような都心を渡り歩く。

問題発生。事件勃発。そのたびに消化活動。突然に「出演しません!」と連絡してくる俳優事務所。正式に「やります」と言っただろう!映画業界は非常識な世界だが、それは許されない。が、そんな無責任なマネージャーを責めても問題は解決しない。また、そんな事務所の俳優は怖くて使えない。その俳優に責任はないが出演は夢と消える

別の俳優を急遽探す。オーディションか? 過去の作品に出た子か? それとも....。似たような俳優を探して済むことではない。1人の俳優を決めるということは、もの凄い緻密な計算とまわりとの関係性を考えての結果なのだ。その1人が辞めることで相手役も変えねばならないこともありえる。

そんな事件もあって奔走。時同じくして別の事件も発生。どう対処するか? あちこちに電話。スタッフと相談。火消し作業で深夜まで、その日の内には片付かず。結局、監督業は何もできないまま数日が過ぎる。本来の監督業をせねばならないのに、その時間がない。

現在も僕は監督、プロデュサー、製作部、脚本家、宣伝の仕事を担当している。8月から製作部が来てくれるはずだったが、それも遅れるとのこと。もともと、僕と他1名が撮影まで製作部の仕事をする。ロケハンはもともと製作部の仕事ーそのために早い段階で彼らを雇うーが、遅くなるほどに働く日数が減り、人権費も下がる。その分の仕事を僕がする。ギャラはもらわないので、経費削減となる。

しかし、もうロケハン以外で製作部の仕事をする余裕がない。今はプロデュサーがそれを担当してくれている。彼は彼で俳優事務所への連絡。交渉。スタッフ&地元との連絡。そして生活のための仕事をせねばならない。他の仕事もある。申し訳ないほど、頑張ってくれている。おまけに先月、退院したばかり。僕はすでにこの映画1本に絞っているが、ギャラが出るのは撮影終了後だ。その間、どう生活するか?が毎回のテーマになってくる。でも、アルバイトではない。1週間働いたから*万円ではない仕事なのだ。

お金ではない。素晴らしい作品を作るための作業。どうにか食えれば撮影までがんばれる。毎回、そうだがここまで来るともう戦闘状態。時間と体力との闘い。なのに、この夏は暑い!!東京はまるでジャングル。ああ、キャスティングもあと1人決まっていない。決定しながら連絡していない、あの人にもシナリオを渡さねば。スタッフもあと3人見つかっていない。そして、最終ロケハンが来週? これが映画作りだ!


新ポスター横長モノ.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0