So-net無料ブログ作成

明日にかける橋ー本編集の作業は快調? 胃の痛みが緩和 [編集]

23119941_1674691599271804_2307955432596298036_o.jpg

1ヶ月かけた粗編集。胃がキリキリしている。というのも、うまく繋がらないところ。タイミングが違うところ。おかしなものが映っているとこ。思った通りに撮れていない等の問題がいくつも見つかったからだ。

あと、本当に情けないが、撮り忘れカットも少しあったし「あーなんで寄りを撮っておかなかった....」と後悔するシーンもある。真夏の猛暑とハードスケジュール。優秀なスタッフが揃っていても、撮り忘れというのが出ることがある。また、用意されていたもの(人、物、風景、セット等)が意外に効果を上げていない。うまく映っていない。大画面で見るとと余計なものが映っていた。ということもある。

実はハリウッド映画でもよくあることで、そんなミスを映画館で発見してしまうことがある。でも、今は人ごとではない。編集というのは、そんなことを補修、修復、隠す、作業もせねばならない。その辺は撮り直しをするべきなのだが、予算、時間、スケジュールを考えるととてもできない。ただ、あの黒澤明はラッシュを見てそんな問題を見つけると、必ず撮り直しをしたという。予算が超過しようが、時間がどれだけかかろうが。天皇と呼ばれる人だからそれができたのだ。

「あーーーあのシーン何とかなるかなあ〜」と胃がキリキリする中、本編集をスタートした。ら、意外にどのシーンもうまく繋がって行く。これはマルチカメラ。複数のカメラで撮影してあることでのプラス。問題ある部分を他のショットで補えるのだ。若い俳優は演技を繰り返すたびにタイミングが違う。だからこそマルチカメラで一気に撮ると繋げやすいのだ。が、角度を変えて二度三度撮ると、やはりそれぞれにタイミングが違う。

また、演技が終わらない内に次の台詞を言っていたりもする。特に望遠レンズで撮っていると(スタッフは俳優からかなり離れたところにいるので)演技の細かな部分が分からず、編集時に気付くということもある。その辺、ベテランはミスがなく、安心して編集できる。

撮り忘れとなると、もう目も当てられない。あってはいけないことだ。が、今回も1−2カ所あった。暑い、忙しいは理由にならないが、そんな日のことを思い出すと何か事件があったり、誰かが問題を起こしたり、イライラする日であることが多い。そのためにも現場で怒鳴ったり、喧嘩したり、文句の多いスタッフやキャストを呼んではいけないというルールに繋がる。

だが、昨夜の本編集ではほとんどの問題をクリアーできた。うまく繋がっている。胃の痛みも少し和らいだ。なんてことを書くと「この監督、まだまだ未熟なんだなあ。編集でごまかすなんて!」と思われそうだが、こんな情けない話。他の監督はしない。撮影現場は戦場だ。計画通りにはいかない。必ず問題が起こり、あとで「あのカットを撮っておけば...」と多くの監督たちは後悔する。でも、それを公言しないだけ。

フランソワ・トリフォー監督の撮影日記を読んでも同じことが書かれていた。「今さら撮り足しは出来ない。が、明らかに必要なカットが撮れていない。他の素材から主人公のアップを探す。これなら背景が気にならないから使える。このカットは逆回転して使えば足りない部分を補える」とか綴っている。巨匠でも同じようなことをやっていると知り、少し安心したことがある。


しかし、完成した映画を見ると、そんな苦労をしていること。観客は気付かない。いや、気付かれてはいけない。繋がりとか小道具とか、タイミングなんかではなく、物語に専念して見てもらうことが何よりも大切なのだ。


小 2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント