So-net無料ブログ作成
検索選択

秋の風景を編集 [December2016]

IMG_9431202.JPG

 先日、撮影した秋の映像を短く編集してみる。

 関係者にお送りした。

 好評。

 地元再発見が僕の映画のテーマの1つ

 映像にすると見慣れた風景も素晴らしさを再確認できる。






気分を変えてマックでシナリオ直し! [December2016]

IMG_4367.JPG


気分を変えてマックでシナリオ直し!

シナリオというのは、自分で書いたものの問題点を

自分ではなかなか見つけられないもの。

でも、時間が経つと見えて来る。

或は、シナリオを読む場所を変える。

で、新たな問題点を発見。ここを直すとテーマが明快になるぞー






祝日だけど仕事! [December2016]

IMG_3998.JPG


 祝日だけど仕事。

 サラリーマンではないので、土日、祝日は関係なし。

 でも、ブラックな企業なら同じかな?

 こちらはブラックもブラック、超ブラックな業界なので

 盆暮れ正月もない。

 毎年、Xmasも大晦日も仕事している。

 けど、まあ、好きで選んだ仕事。苦痛ではない。

 さて、今日もお仕事。お仕事!







特報の動画を編集! [December2016]

 IMG_4356.jpg

 特報の動画を編集。

 製作開始は来年だが、

 テスト版を作ってみる。




本日の1日 [December2016]

IMG_3991.JPG

 ①午前中に起き、TwitterとFacebookを更新

 これは宣伝の一環。映画が完成したから両者をスタートさせたのでは遅いのだ。日頃からの情報発信が大事。

 ②ランチは近所。いつものモスバーガー。

 そこで読んだ「怪獣少年の復讐」第6章に感動。帰宅して、ネットで調べて「帰って来たウルトラマン」を数本観る。僕が子供だった頃の番組。

 ③頼まれている劇文を直し、友人、仕事関係への長いメールを数本。

 ④段ボール箱が散乱する部屋を少し片付ける。

 

 ⑤上杉隆の「ザ・リテラシー」をネットで見て(テレビを観ることがなくなっている!)

 ⑥シナリオの直し。

 ⑦そうだ。そろそろ、シーン表を作り、客観的に物語を確認しよう!

 と、表にする。確かによく分かるが、表をさらに詳しく書き込んで行く。さらに香盤表に!!誰がどこのシーンで登場するか?も書き込んで行く。

 ここで陽が暮れて、どんどん部屋が寒くなる。

 ⑧午後7時を過ぎたのでお湯割りを飲みながら、夜の部の仕事をスタート。

 最近、毎日こんな感じ。

 やることは山積み。





昨夜の夕飯 [December2016]

IMG_3980.jpg

 昨夜の夕飯

 この日はみそ味。





「役立ちたい!」と思いながら人を傷付ける人達? [my opinion]

IMG_2890.JPG

夢を追い掛ける。例えば芸能人になるとか、

ミュージシャンになるとか、俳優になる。小説家になる。というと「カッコいい!」と思いがちだが、なかなか大変なものだ。

 まず、多くの人が寄ってたかって「現実を見ろ」「世の中甘くないぞ」と頼みもしないのに批判、説得にやって来る。親も、友人も、教師も、親戚も、ご近所さんもまず応援してくれない。「辞めろ」「無理だ」「夢はしょせん夢なんだ」「そんなことで食って行けるのか?」とコールを始める。

 僕もそんなことを言われ続けた1人。高校時代に「映画監督になる!」と決めてから、まわりからバッシングの嵐。皆は「お前のために言っている!」というが、邪魔されているとしか思えなかった。そして振り返ると、忠告(?)のつもりで「やめた方がいい。世の中厳しいんだ!」といった大人たちの誰1人、映画の仕事をしたことがなかったこと思い出す。

 それでいて「映画の世界は厳しい!」と言う

「映画監督になんて簡単になれないぞ!」と説教するのだ。不思議なのは大学受験で「早稲田を目指します」「慶応大学を受験します」というと、「おー凄いなあ。がんばれ」という人が多い。もちろん、その生徒の成績を知る担任や親なら「無理じゃないの〜」というが、ほとんどの大人は誉め称え、応援する。「世の中甘くない」「現実を見ろ」なんて言わない。

 もちろん、誉め称える大人たちが早稲田や慶応を卒業している訳ではない。とすると、おかしいのは自分たちが知らない芸能人になることは反対するのに、自分が卒業した訳ではない一流大学を受験するのは応援する。何が違うのか? たぶん、「早稲田や慶応なら努力すれば合格するだろう」という思いがあるのだろう。それに対して「芸能界は努力だけではいかない、運もあるし...」とか想像する。でも、それはヘンだ....。


1511829_747735625300744_3118046749362799047_o.jpg


 芸能人が近所にいないということもあるだろうが、早稲田、慶応の生徒だって近所にゴロゴロいない。その意味では同じなのに、なぜ、芸能とか芸術というと反対するのか? 要は自分の想像し辛い世界に対する拒否感、不安感がそうさせるのだろう。

 見ていて不安なことを「やめろ」と言っているのである。そう考えて行くと、人の心理が見えて来る。「あなたのため」「現実を教えてやらなければ」といいながら、自分の知らないことを批判したり、忠告したりする。「正義を得たり!」というようにあれこれ言う。



10675661_752917088115931_6174121527772802011_n.jpg


そして、それが応援とか親切だと思っている。同じ構図。そこから分かること。人は「親切」のつもりで、自分の知らないことを、あれこれ言いたくなる。そして「私は役にたった。彼のために意味ある行動をした」と感じたいのではないか? 

 しかし、現実は邪魔をしているだけ、無意味な批判をしているだけであり、本人のために何の役にも立たっていない。そんなことを繰り返す事で、本人から嫌われるような状況を作り出している。さらに言えば、嫌われたときに「親切で言っているのに!」とその人に対して憎悪を持ち。敵対心を持ってしまうことが多い。

 悲しいことだ。

この一連に悪意を持つ人はいない。「親切心」や「応援」しかない。それが結果的に絆が切れて互いに憎悪しか残らない。何が問題か? それは自分の知らないことをあれこれ説教したり、アドバイスしたりして、批判、忠告することだ。その裏に「親切心」があるとしても、本来、そこが間違っている。

 医者でもない人間が「調子が悪い」という友人に「それは糖尿病だから酒を控えた方がいい」なんてアドバイスするだろうか? それは親切ではなく、間違った忠告なのだ。それと同じことを、夢追う若者やFacebookの「友達」にしてしまう人がとても多い。

 では、なぜ、彼らは知らないことを忠告したり、説教したりしてしまうのか? その答えはすでに書いた。「人は誰かのために役立ちたい!」という思いがある。「困った人を助けたい」「迷える人を救いたい」「自分ができる何かを人のためにしたい」そんな優しい思いがある。が、その「思い」が強いので、自分が知らないことまで忠告したり、説教することがある。

 悪意はない。あるのは優しさ。

でも、そのために問題が起こる。悲しい話だ。どうすればいいのか?その人たちに「知らないことは言わないようにしましょう」と言っても理解できないだろう。そもそも親切のつもりだ。この状況。似たようなものを思い出す。地方での生活だ。近所の人や親戚のオジさんなんかが会うたびにこう訊く。「成績はどうだ?」「大学はどこを受ける?」「就職はどの会社だ?」「結婚は?」ーなんでそんなこと答えなければならないの?ということをズケズケ聞かれた。

 都会で近所の人がそんなことを若い人にあれこれ聞かない。なぜか? 田舎では昔ながらの近所付き合いあり、互いが顔見知りなのだ。***さんの息子さん。***社長の娘さんと、大人たちは子供のことを生まれたときから知っているのだ。だから、心配。だから、応援したい。だから、あれこれ訊く。もちろん、プライベート詮索したいという好奇心もあるが、基本、親切なのだ。でも、だから、あれこれ訊いて来る。

 Facebookも同じ。基本情報を見ればその人が何者か?分かる。毎日、ラインを見ていれば自然に親近感を持ち、応援して上げよう。教えて上げようという気持ちになる。おまけにコメントが簡単にできてしまうシステム。だから、あれこれ言いたくなる。地方生活とFacebook世界は非常に似ている。


10806322_768615713212735_3177736147433098315_n.jpg


 そう。この2つは同じ背景だ。

忠告する人。される人は互いによく知る関係。だから、親近感がある。応援したい。傷ついてほしくない。だから、何かいいたくなる。それが役立つこともあるだろう。先のようなケースばかりではない。そんなアドバイスに感謝する人もいるはず。ただ、僕の場合は、学生時代にあれこれ大人から当て外れの忠告をされて、うんざりしていていた...。そんな環境のマイナス面を僕は強く感じてしまうのだろう。

 思うのは、もし夢を追う若い人がいるなら、あれこれ言って来る大人たちの言葉には耳を塞ぐべきだ。そのほとんどは当て外れなもの。僕の経験からはそう思う。もし、あなたが俳優を目指しているとして、大人たちがあれこれいう。その中に芸能界で働いた経験がある人がいるなら、俳優の友人を持つ人がいるなら、耳を傾けた方がいい。でも、それ以外の人たちの言葉を聞く必要はない。「親切心」からの忠告だとしても、それは何の役にも立たない。

 結論として思う事。

人は親切な生き物だ。が、同時に「人の役に立ちたい」という思いがある。それを満足させるために、自身が知らないことで忠告やアドバイスしてしまうところがある。それは相手に嫌な思いをさせるだけなのだが、本人は気付かない。相手を責めても理解されない。ということ。

 でも、自分の選んだ人生。本来、生き方を他人があれこれ言うべきではない。本当に役に立つアドバイスや忠告ならいい。でも、残念ながらそれはほとんどない。多くは知らないことを言っているだけなのだから。それがいかに「親切」からスタートしたことだとしても。当て外れな批判、誹謗中傷されるのであれば、最初から聞かない方がいい。

 そう考えて行くと別の問題に気付く。地方の生活やFacebookだけでなく、コミュニティやグループというのも、同じ側面があるのではないか? 人がいる限り、人は「誰かのために役だちたい」という思いがあり、行動をする。それがまた「知らないことを忠告する」という御節介になってしまう。それから逃れるには「アルプスの少女ハイジ」のオンジのように、山に籠もり。1人で生活するしかないのだろう。

 夢を追う人たちだけでなない。夢を掴んだ人たちも実は同じ大変さが待っている。それはまた別の機会に書くが、人の優しさと大きなお世話ーどう考えて行けばいいのか? 難しい問題。

















 

台詞を思いつき、マーケットで執筆!? [December2016]

IMG_4318.JPG

 本日は午前中にFacebookとTwitter。

 ランチはモスで。

 そこでシナリオの直しと、劇文(?)書き。

 移動して、電気代とルーター代をコンビニで払う。

 先週から考えて続けている、あの人の台詞。

 歩いている内に思いついた。

 台詞を書くために近所のスーパーへ。

 ここは買ったものを食べることができるテーブルがある。

 そこでパソコンを出して、台詞書き。

 部屋で考えると、思いつかないのに、歩いているといいアイディアが浮かぶ。

 でも、すぐ書かないと、部屋に戻ると、あれ??ということが多い。






シナリオ直し! [December2016]

IMG_3689.JPG


 シナリオ直し。

 時間が経つとアラが見えて来る。

 弟の設定。これでよくなる!








夕飯 [December2016]

Cz9QzQtVQAAMUqL.jpg
 

 夕食。