So-net無料ブログ作成

明日にかける橋ー参考DVD。関係者の皆さん。ぜひ! [8月−2017]

20597233_1570619099679055_8504495160777312738_n.jpg

明日にかける橋ー参考DVD。

関係者の皆さん。ぜひ!


新ポスター横長モノ.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

「明日にかける橋」ー美術部x演出部会議 [8月−2017]

20525440_1570510193023279_6699319038880983398_n.jpg

「明日にかける橋」ー美術部x演出部会議

映画撮影というのは綿密な打ち合わせの上に行なわれる。1日無駄にすれば数百万円が飛ぶ費用がかかる。だから、現場では1分1秒を大事に撮影する。そのためには事前の打ち合わせだ。美術部はセットの作り込み、大道具、小道具等を担当。何が必要か?を演出部と相談する。

つまり、美術部は「作る」プロであるが、その場面ではどんな物がどんな感じで必要か? その意味は何か? 時代は? 形は? 素材は? といろんな条件がある。それを映画の演出を理解し推進するパート「演出部」と打ち合わせをし、何を作り、何を借りてくるか?何を用意するか?を考えるのである。
そして、この日は参考DVDを用意した。「明日に」を作る上で参考になる映画である。これを見てもらえれば僕が何をしようとしているか?理解しやすくなるはず。

今回は大手製作会社は入っていないので、都内の安い会議室を借りて会議。午後4時までしか使えないので正午からスタート。菓子パンをかじりながらの会議。とにかく節約節約。経費は現場で使うためだ。市民の寄付で作る市民映画。10円、100円でも大切に使わせてもらう。

でも、プロのスタッフと市民の力を合わせれば億単位の映画ができる。映画会社が作る商業映画を超える作品だってできる。クランクインは目前だ。




新ポスター横長モノ.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

映画「ストロベリーフィールズ」の里からネーブルが届く!感謝 [7月ー2017]

20638029_1570493299691635_5739234177065884330_n.jpg

2005年。今から12年前に和歌山県で撮影した映画「ストロベリーフィールズ」のロケ地から今年もまたネーブルが一箱届いた。あれから12年間。毎年、送られて来る。自宅の畑で作った無農薬なもの。本当にありがたい。

IMG_4465.JPG

当時のスタッフに会うたびに、お裾分け。皆、喜んでくれる。映画ロケした町の人たち。応援してくれた方々の多くは僕の新作も応援してくれており、感謝。その方はいう

「月日が経つと古里の風景は変わります。撮影時から素敵な町の風景はかなり変わりました。でも、あの懐かしい古里の風景は監督が撮ってくれた『ストロベリーフィールズ』の中に生きています。映画を撮ってくれたこと今も感謝しています」

20621759_1570498646357767_3349636717705260650_n.jpg

あのときの撮影も本当に大変だった。でも、がんばってよかったと思える瞬間である。皆でネーブル。頂きます!



新ポスター横長モノ.jpg
nice!(0)  コメント(0)