So-net無料ブログ作成

「明日にかける橋」ー秋風景撮影! 袋井市在住の方にお願い [告知]

22552838_1658910934183204_7347797964013537635_n.jpg

編集作業が続いているが、いよいよ本格的な秋。地元の風景撮影を行う。映画に四季の映像が入るとクオリティがワンランク・アップ。文芸作品のような風格が出て来る。毎回、地元のそんな風景を撮影する。今回一番の狙いは袋井市の法多山、可睡斎の紅葉。この2カ所で紅葉を撮影させて頂く。

22528224_1658910604183237_4525823719296099709_n.jpg

ただ、タイミングが大事。撮影に行ったけど、まだ葉っぱは緑ではアウト。数人のスタッフで行くのでそれなりに交通費、宿泊費、食費、人権費がかかるので、ここぞ!というときに、2−3日ほどで撮影したい(他でも秋風景等を撮影するので)。何度も行くことはできない。予算的にも1度きり。そこで地元周辺に住む方から情報を頂きたい。まず、例年だと何月の何日頃が紅葉が最高潮か? そして現在はどうか? 

コメント欄に情報を投稿。或は僕のFacebookのコメント欄に写メをアップしてもらえると、ありがたい。その情報をもとに秋風景撮影の日取りを決めたいと思う。ぜひぜひ、よろしくお願いします。

●袋井市 可睡斎 法多山ー紅葉の頃に撮影。現状を写メ、お願いします!●


IMG_9431.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ー編集日記 右手のカップが左手にテレポート? [編集]

肖像権.jpg

編集時に気をつける基本の基本はつながりである。1つのシーンを1つのカメラで、そのシーンの最初から最後までを撮影すれば「つながり」の問題はない。だが、そのシーンの前半を俳優の右側から、後半を左側から撮ったとしよう。

例えば朝ご飯のシーン。お父さんが珈琲を飲みながらカップを持ったまま話をしている。それを母と子供たちが聞いているとする。前半はお父さんがよく見える右側からのショット。後半は母と子供たちがよく見える左側からのショット。ただ、それぞれの家族はどちらのショットでも少しは画面に映っている。

その撮影のとき。例えばお父さん役の俳優が珈琲カップを右手に持って台詞を話すとする。前半が終わり「カット」カメラを左側に移動して撮影。後半をスタートさせる。そのときにお父さん俳優が間違って左手で珈琲カップを持ってしまったら? 大変なことになる。

編集して繋ぐと、右手で持っていた珈琲カップが瞬時に左手に移るのである。これは見ていておかしい。お父さんは宇宙人でも超能力者でもないのだ。だから、撮影時にその点を気をつけるのだが、どうしても新人俳優や経験の少ない人は間違えることがある。ドアを右手で開けるのが、切り返しでは左手で開けているとか、俳優が出てくるタイミングがショットのたびに違うとか。

現場では分からなくても映像を繋ぐと誰の目にもおかしいと分かる。それを現場で確認するのがスクリプターと呼ばれるスタッフ。昔から女性が多い。というか男性は見たことがない。やはり女性の方が細かなところまで目が行き届くからだろう。そのスクリプターがその辺を確認。繋がりがスムーズに行くようにする。

だが、僕の組では代々。スクリプターはいない。結構、ギャラが高いからだ。低予算で映画を作るにはいろんな削減が必要。そのため、つながりはスタッフの誰かが覚えていなければならない。が、時間との戦い。現場は戦場。誰も気づかず、おかしなまま撮影してしまうこともある。編集時になって、あーーーーしまったーーーということがある。

それを編集ではそれをなんとかせねばならない。右手のカップが左にテレポートするのを何とかするのだ。方法はいろいろあるが、なかなかむずかしい。簡単にはいかない。そんなことも編集作業で修正し、観客が物語に夢中になれるように編集することも大切なのだ。


小.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ー思い出日記 撮影2日目の記念写真 [編集]

22893987_1670124153061882_7961903467136623771_n.jpg

静岡県袋井市、磐田市、森町を舞台とした映画「明日にかける橋」撮影2日目。とある場所の豪邸でロケ。終了後にその日出演した板尾創路さん(左)と岡村洋一さん(右)と私(中央)3人で記念写真。

この場面。お二人とも本当に素晴らしく、白熱した演技を見せてくれた。んーーしかし、3人とも怪しい?

現在、絶讃編集中。本年12月下旬にロケ地にて完成披露上映会(前売り券、発売中)。全国の映画館では来年夏以降に公開。



小.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ー編集日記 未公開スチールを公開します! [編集]

肖像権.jpg

撮影中にスチールカメラマンが撮ってくれた写真。これらは映画の一場面そのものであったり。撮影風景。俳優のスナップ等。その中から撮影風景やスタッフの写真をこれまでは紹介してきた。ご存知の通り俳優の写真はまだ未公開だ。

というのも俳優は肖像権で仕事をする人たち。その写真は肖像権を管理する事務所の承認を得なければ使用できない。つまり、撮影現場で俳優を撮影。それを無断でFacebook等にアップすると違法行為となる。だからこそ、現場でスタッフはぴりぴり。撮影は禁止にして、隠し撮りしようとする人には注意を促すのである。

例え、関係者でなくても、見物人でも、エキストラでも、そんな人たちが勝手に撮った写真をネットにアップされると、本人が違法行為で警告されるだけでなく、製作会社、地元の実行委員まで責任を問われる。あるいは俳優事務所から今後の協力(舞台挨拶、宣伝、インタビュー等)を得られないということもある。

「写真1枚くらいで大げさな〜」と思うが、肖像権というのは近年とても大切な権利として注目、大きな問題にもなっている。芸能会では非常に厳しい対応を取ることが増えている。無断使用は違法行為。法律違反なのだ。これは俳優だけでなく、一般の人も持つ権利だが、俳優の場合はそれを使って利益を上げる仕事であること。また、写真を悪用されやすいので神経質になる。

本人はその俳優のファンで、応援のつもりでFacebookに写真を上げても、第三者が勝手にダウンロードして、写真に手を加えたり、中傷コメントを書き込んでネットに上げることがある。だから、写真を撮った人に悪意がなくても、悪用されることがよくある。また、映画の関係者。地元の人がそんなことをすると、俳優事務所から厳重注意を受けるだけでなく、常識のない人たちと思われ、やはり今後の協力をしてくれなくなる。

その辺が理解し辛いようで「あーーー俳優の****だあ。写真撮らなきゃ!」と動物園でパンダを見たときのように思ってしまう人がまだまだ多い。今回は地元がその辺を非常に注意し、共有してくれたのでありがたかった。肖像権というのはまだまだ理解されにくい。

そのスチール写真。本来は映画館公開の直前に公開していくものだが、12月に地元で完成披露上映会があるので、それまでに少しずつ、数枚公開したいと思う。これまで俳優の映った写真は僕も使用していない。お楽しみに。

といっても、その写真も関係者が誰でも自由に使っていいということでないので、無断で転載。使用はできない。いろいろ、ややこしいが、映画の撮影風景やスチール写真を通して、作品の魅力を紹介して行きたい。

小.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ー編集日記 俳優の力の大きさを改めて痛感 [編集]

m_IMG_4585.JPG

まだ、粗編集ではあるが、作業は後半戦。主人公みゆきがタイムスリップ。実家、学校、とんかつ屋、怪しいバー、空き地、バス停、と1989年の町を彷徨う。

すでに高校生時代を生きた物語の中を大人になったみゆきが再び体験するというのは、見ていても面白い。単に過去に行くだけという作品はあるが、この種の展開は少なく、面白い。

そして演技派俳優の共演がそれを盛り上げる。鈴木杏、板尾創路、田中美里、藤田朋子、芸達者な俳優たちが激突するとまた盛り上がり、退屈せずに見てしまう。毎回、思うことだが、俳優の力というのは本当に大きい。


小.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ー編集日記 インタビュー原稿が次々に届く [編集]

22196075_1642520589155572_8546978490782365433_n.jpg

編集作業が続く中、出演者のインタビュー原稿が次々に届く。宝田明さん。田中美里さん。そしてヤングみゆき役の新人女優さん。

あーーそんな思いであのシーンを演じたのか〜とか、へーーーそれであの場面は感動的になったんだあ。とか、読んでいって納得。或いはぐっと来るエピソードがいくつもある。この原稿がパンフレットになり、映画を見てくれた観客が読むインタビュー記事になる。

これを読めば映画を2倍楽しめる。お楽しみに!12月。完成披露上映会に間に合うように準備。写真は前作「向日葵の丘」の田中美里さんインタビューのページ。こんな感じで仕上がるのだろうなあ。


小.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ー編集日記  藤田朋子さんで思い出したこと [編集]

22688464_1662304630510501_7593789042663685919_n.jpg

先の記事で藤田朋子さんのことを書いて思い出した。先日、楽屋を訪ねたときに、「体は大丈夫?」と聞かれた。忘れていたが、前回「向日葵の丘」のときは本当に酷い体調で、いつ倒れてもおかしくない状態だった。というのも前々作の「朝日のあたる家」から切れ間なしに制作が続き、4年間休みなしで仕事をしていたのだ。医者からは「過労死するから休みなさい!!」と何度も言われていた。

さらに「向日葵の丘」の撮影では片目が見えなかった。白内障が進行して視力ゼロ。医者から「失明するかもしれない。早く手術を!」と言われながら2年間延期し映画制作を続けた。全く休みが取れない状態。手術するとその間、制作がストップしてしまう。監督とはそういう仕事。また、目が見ないことを公言すると皆が心配するので内緒にした。

が、片目しか見えないので、距離感が掴めず階段を踏み外したり、物を落としたり頻繁にした。それでも「「監督は変人だからなあ」と思われているので、撮影中に誰にもバレずにいた。ヘンに心配してもらうと心苦しい。仕事に専念してほしかった。

そうしたら、藤田さんだけはそれを見抜いていた。役者ならでは観察眼。凄い。「監督は変わりものだけど、何かヘン!」と思ったのだ。誰1人気付かないのに彼女だけ。その鋭い目があの演技に生かされているんだなと思える。で、事情を話したら凄く叱られた。「映画より体が大事でしょう!」と。

でも、僕には映画が大切。目は片方見えなくなっても、2つあるから大丈夫。チャンスはそのときに生かさねばならない。それで手術を2年延期して医者にも怒られたのだけど....。ちなみに目の方は撮影後に手術。何とか見えるようになった。それでも手術前にあれこれ検査があり、術後もいろいろ薬を投与。痛みで集中できず仕事ができない期間があった。やはり撮影前にしなくてよかった。

映画だけではない。本当に何かをしようと思ったら体が悪くなるのを気にしていられないところがある。血を流しながら戦わなければならないときがある。子育てと同じ。親が様々な犠牲や我慢をして、子供を育てる。例え貧しくて自分が食事を抜いても子供には食べさせる。体を壊すことより子供がしっかり育ってほしいと親は願う。映画も同じ。素晴らしい作品を作るために監督が身を削るのは当然。毎回、遺作と思ってやっている。全力投球。それでこそ観客を感動させる作品が育つのだ。






小.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ー編集日記 インタビュー原稿が次々に上がって来る! [編集]

21741273_1615940718480226_8314820168518844174_o.jpg

編集作業が続く中、メール添付で原稿が届く。パンフレットに掲載される俳優インタビューの初稿である。僕が編集している間に映画ライターさんが俳優たちを訪ねてインタビュー。それを文字起こししたものを送ってくれる。

監督というのは映画自体に責任があるだけではなく、宣伝、ポスター作り、パンフレット制作にも責任がある。各担当者がそれぞれに行動しては映画のイメージがバラバラになるし、映画全体を一番把握しているのは監督。だから、全てを確認せねばならない。映画で描いていないテーマを宣伝でアピールしてはいけないし、事実でないことを告知しないためだ。

例えばインタビュー原稿でも、俳優が語った事実を確認する。俳優がロケ地の場所を勘違いして話したり、そのシーンでは共演していない人のことを語ったりすることがある。現場は戦場。俳優も記憶が曖昧になることがある。その辺を指摘。文章を直してもらう。また、時間軸もある。その出来事はクランクイン前で、撮影中の出来事ではないーという間違い。ロケ場所の固有名詞を取り違える。いろんなミスや勘違いがある。それらも直す。

というのも撮影現場の地名、関係者、撮影での出来事、これらを全て把握しているのは、やはり監督だけなのだ。俳優はロケした店の名前まで覚えていないし、スタッフだって誰が市民俳優か?まで完全に把握はしていない。演出部はその辺の理解はあるが、彼らはすでに別の仕事でがんばっている。結局、監督が確認、指摘、修正するしかない。

さて、そのインタビューだが、すでに宝田明さん他、数名の原稿が届いている。どれもかなり興味深い。というのも監督業をしていても、撮影現場は修羅場。余裕がない。俳優たちがどんな思いで撮影に挑んだのか? 演じるにどのようにアプローチしたか?は分からない。その辺をインタビューを通して知ると「なるほどなー」とか「へーーそうだったんだ〜」ということがあり、とても興味深い。

また、俳優たちのロケ地の印象。地元委員会の皆さんへの思いも語られている。そう言えば先日、藤田朋子さんを楽屋に訪ねたときに、ちょうど映画ライターさんが来て「これからインタビューです」と言われ、まずいときに来た。僕がいてはライターさんも藤田さんも話がしにくいだろう。監督の笑い話や失敗談も遠慮なく話してもらわねばならない。で、早々に退散。あとで聞くと、藤田さんからはかなり面白い話が聞けたとのこと。原稿が楽しみだ。


小.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ー編集日記 作品は成熟する。それを見つけるのが編集? [編集]

22282067_1643371512403813_865129856061797775_n.jpg

昨日もなかなか編集を始められなかったが、「編集の友」であるコーヒー、ガム、お菓子、いろんな手を使い自分を物語に送り込み、夕方頃にようやくスタートした。が、やはり重いシーンはダメ。とりあえずタイムラインに並べて、軽いシーンを進める。編集もむずかしくないシーンだ。

主人公の母・桐子(田中美里)が大人・みゆき(鈴木杏)と対面する場面。そこで祖母の話をする。そこを編集していて涙が零れた。泣けるシーンではない。にも関わらず2大女優の芝居が心に突き刺さる。美里さんの台詞がとても台詞に思えない。悩み続けた母がやっと見つけた答えを伝えようとしている。そんなふうにしか思えない重さがある。

シナリオを書くときには一応、見せ場として感動シーン。泣けるシーンというのを想定するが、撮影でその通りに撮れるとは限らない。俳優の芝居が今ひとつだったりとか、時間がなくバタバタと撮影を終わらねばならないときとか、もともとシナリオに問題があったときとか、いろんな理由で感動シーンにならないことがある。

そんなシーンを編集時に「盛り上がらないなあ」と劇的な編集をしたり、あとで感動的な音楽を付け盛り上げたりすることが多いのだが、結果としてうまく行かない。映画を見ていて「ここ感動シーンのはずなのに泣けないなあ」と思うことがあるだろう。その理由は上記。それを編集で盛り上げようとするので、余計にしらじらしくなり、大音量で音楽を流して、これも余計に観客が冷めてしまったりする。

逆に、感動シーンではないのに泣けるシーンになることもある。現場で俳優が盛り上がり素晴らしい演技をして、感動シーンではないのに感動シーンになることもある。これは偶然そうなるのではなく、俳優が芝居をしやすい環境を作ることが大事。そんなとき、まれに奇跡のシーンが生まれる。

でも、そのシーンをシナリオ通りに編集したのではダメ。「ここ感動シーンになりそうだ」と感じたら「その登場人物の気持ちをどうすれば表現できるか?」を考えて編集する。そんなとき編集作業は楽しい。作家が意図せぬところで物語が成熟して行っているということ。

それを見逃してシナリオ通りに編集してしまっては、感動シーンを潰してしまうことになる。大切なところである。


小.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ー編集日記 編集作業の必要アイテム? [編集]

22555585_1661087497298881_924520776486202062_o.jpg

先日のパンフレット会議は必要だったが、そこで「トーキングモード」に切り替わってしまったことで、「編集モード」に戻れないでいた。シナリオを書くときも、編集するときも同じなのだが、「やるぞ!」という気持ちはあるが、それだけではダメ。物語の世界に入り込むことが必要。そのためにいろいろ方法がある。

コーヒーを飲む。カフェインで神経が高ぶるからだろう。昔はタバコを吸うというのもあったが、自主映画時代はフィルムを使っていたので、燃えるといけない。編集時はタバコは吸わない。ガムを噛む。これも集中力を高める。噛むことで脳に刺激を与えるらだ。映画のイメージに近い映画音楽を聞く。これも効果的。ジムでトレーニングするときに「ロッキー」のテーマを聞くようなもの。

あと、お菓子をかじるというのもあるが、今回もいろいろ試してみるが、なかなか作業がスタートしない。「早くやらなければ」「前に進めなければ」「上映会に間に合わないと大変だ」と気持ちばかりが焦る。そんなときは「今日はもういい!」と開き直り、以前に作業したパートの直しとか、これから編集する素材を見たりする。すると、いつの間にか次のパートの編集をしていることに気付く。

「編集モード」が切れたときだけでなく、難しいシーンの編集のときも手が止まる。見せ場のシーンや主人公が苦悩するシーンは編集する方も力を入れねばならない。登場人物と同じように苦しまないと編集はできない。そのためにはかなりの気力と体力がいる。作業がかなり盛り上がっていないと立ち向かえない。シナリオを書くときも同じだが、その辺が編集が単なる映像を繋ぐ作業と違うところなのだ。

主人公が悩むところは一緒に悩み、苦しみ、葛藤してこそ、その思いが映像に溢れるのである。それを「お仕事」で繋いではやはり「思い」が観客には伝わらないのだ。


小.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画