So-net無料ブログ作成
キャスト ブログトップ
前の10件 | -

明日にかける橋に出演してくれた鈴木杏さんの舞台。 [キャスト]

25626228_1737643206309976_8278410904714026797_o.jpg

渋谷シアターコクーンで上演中の「欲望という名の電車」

鈴木杏さんが出演中。

大竹しのぶ、北村一輝らが共演。

12月28日まで。ぜひ!

m_E382BFE382A4E38388E383AB.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ー未公開スチール紹介 藤田朋子さんの場面 [キャスト]

25439938_1735344516539845_1139134711205498405_o.jpg

いつも笑顔の藤田さんだが、本番前は緊張の一瞬。超マジ。そこが彼女の凄いところ。そんな瞬間を捉えた1枚。袋井商業高校ロケ。白衣を着て、手には大きなピンセット?どういう場面なのか?映画を見てのお楽しみ!

その藤田朋子さんが舞台挨拶で静岡県の森町にやってくる。森町は1日1回限りの上映。チケット完売必至。お早めに!  

購入できる場所はこちらで=>http://ffc2017.main.jp/



m_E382BFE382A4E38388E383AB.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ーマル秘だった出演者を紹介!大型新人・越後はる香 [キャスト]

25299665_1731206553620308_1376485263108719227_o.jpg

主人公のみゆきを演じる鈴木杏さん。その高校時代を演じる若手は誰か? タイムスリップして1989年に行ったときに16歳のみゆきがそこにいる。その若手女優探しは困難を極めた。ルックス、演技力、思い、全てが揃った大型新人でなくてはいけない。オーディションを重ね見つけたのが、写真の越後はる香(当時16歳)だ。

彼女との出会いは大きい。越後の出演で「明日」は一段と感動的な物語となる。そんな彼女は映画、テレビ、舞台を含めて、初出演。芸能デビューの第1作となる。オーディションでの熱い情熱を感じて主人公に抜擢した。

思い出すのは前作「向日葵の丘」の芳根京子。今は飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女もオーディションで僕が見出した。そのときも「情熱」を強く感じた。その後、彼女はTBSドラマの主役に第抜擢。そしてNHKの朝ドラマ「べっぴんさん」の主役。来年1月からはフジテレビの月9の主演。大ブレイク中。

だが、芳根に関わらず、太田組に出演した新人女優はその後ブレイクするというジンクスがある。谷村美月、佐津川愛美、東亜優。と何人もがブレイク。最終審査まで残って残念ながら落ちた若手でさえ、その多くが朝ドラや連ドラで活躍している。

その意味で今回の越後もブレイク必至。本当に凄い大型新人だ。その越後はる香が12月24日の完成披露上映会の舞台挨拶に登壇する。これまで彼女の存在は秘密で、地元のチラシにも名前も写真も出さないでいた。が、ようやく解禁。その本人が袋井市の上映にやってくる。ぜひ、生で大型新人の姿を見てほしい。


タイトル.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」未公開スチールを紹介⑦ 板尾創路さん [キャスト]

24879705_1724729580934672_4071006914415498200_o.jpg

日曜日恒例の未公開スチールです。今回は板尾創路さんと田中美里さんの撮影風景。さあ、何のシーンだと思いますか? 2人は不安げな表情。まわりには市民俳優。皆、不安げな表情。

そして、この場所はどこか? お寺か神社のような感じ? 袋井、磐田、森でお寺と言えば......あーー多く過ぎて分からない〜。でも、そのどこかでロケされたシーン。完成披露試写会は今月末。12月23日から4回に渡って地元で開催。

チケットはお早めに!=>http://ffc2017.main.jp/


タイトル.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」未公開スチール紹介!第6弾 [キャスト]

24176822_1714276071980023_1256025934119591308_n.jpg

毎週、日曜日にお届けしている未公開スチール。週末はいろいろ忙しいので本日の内にお届け。今回は板尾創路さんの場面。とある豪邸をお借りして撮影。さて、何のシーンだろう?板尾さんが上着を半分脱いでいるのは、室内が超暑いから。

エアコンがあるのだが、音がするので、撮影は止めなければならない。じっとしているだけでも汗が噴き出すので、撮影前は少しでも上着を脱ぐ。でも、完全に脱ぐと「本番」と言われて時間がかかるので、すぐ着れる体制なのだ。その隣が私ー監督です。

でも、考えがえてみると板尾さんも現在公開中の映画「火花」の監督。あーこの写真、2人とも監督なんだあ。板尾監督の「火花」は全国公開中。もう一人の監督の映画は、年末に地元で完成披露上映会だ。詳しくは=>http://ffc2017.main.jp/


タイトル.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」未公開スチール紹介 田中美里さんの巻 [キャスト]

23926653_1705143619559935_6888798690931613596_o.jpg

早くも日曜日がめぐって来たので未公開写真をご紹介。

僕の前作「向日葵の丘」に続き出演してくれた美里さん。

ん?「明日にかける橋」って時代劇? 女剣士の役? 

竹刀を持つ美里さんの後方でそれを見つめる演出部チーフと私。

一体これは何のシーンなのか? やはり、時代劇? 答えは年末の地元上映会で! 前売りチケット発売中。お早めに。

詳しくはこちらを=>http://ffc2017.main.jp



タイトル.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ー未公開写真①(再掲載) [キャスト]

22893987_1670124153061882_7961903467136623771_n.jpg

毎週末にこれまで未発表のスチール写真を公開している。第3弾まで来たので、以前のものも再掲載してみる。

写真は全て事務所から許可を頂いたもの。Facebook上でのシェアはOKだが、このシリーズに関わらず、写真を無許可で転載するのは違法行為なので、よろしく。

第1弾が板尾創路さんと岡村洋一さん。撮影終了後に撮った記念写真。第2弾が鈴木杏ちゃんたち、先週の第3弾が藤田朋子さん。撮影風景を中心に紹介している。さて今週末は誰の写真かな?


タイトル.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ー 出てもらえなかった俳優たちのことを思うと胸が痛む。 [キャスト]

IMG_3273.JPG

今年前半、ワークショップを3回ほど開いた。予想を超える多くの俳優が参加してくれた。目的は若手の育成。そして実力派との出会いだ。何度も書いたがオーディションは5人くらいと同時に面談。15−20分くらいしか時間がない。その中で選ばなければならないのは本当に厳しい。

そこで日頃からワークショップを行い、秘めたる力がある俳優たちと出会っておくことで、映画がスタートしたときに慌ててオーディションで探さなくても済む、という目的もあった。特に今回は間近に迫っていた「明日にかける橋」に出てもらえる人たちを探すというのがある。

だが、これも何度も書いたがロケは静岡県。俳優を雇うとギャラの他にも、交通費、食費、宿泊費という費用が必要になる。それだけ払っても来てほしい!という実力。そして演じてもらう役があれば依頼する。ところが、どんなに実力があっても役が合わなければ起用することはできない。

おまけに今回は地元に実力ある市民俳優が多くいた。太田組作品常連市民俳優までいる。僕の映画を理解してくれている上に、結構演技力がある。加えて地元なので、交通費もいらず、自ら現場に来てくれる。そして皆、ボランティア。つまり、ワークショップに参加した俳優たちのライバルとなる。

プロはギャラを払った上で交通費(新幹線なら往復で2万)を払ってでも呼びたいだけの実力が必要なのだ。大きな役は有名俳優がライバル。それ以外は市民俳優が強敵。だから、過酷な戦いとなった。

例えば、近所のオヤジという小さな役があるとする。「大豪寺さん。お久しぶりだな」という台詞がある。エキストラだと大変。通常、台詞がある役はプロを起用する。が、今回は市民俳優がいる。経済的に演技的に考えて、その役に東京からプロを呼ぶ必要がなくなるのだ。

また、物語として若い女性の役が少ない。これは僕のシナリオに関わらず、現代を反映するとそうなってしまう。例えば女子校が舞台の物語としても、必要なのは10代の女性。20代、30代、は必要ない。40代になると母親役となり1人2人しかいらない。つまり、実力があっても20代以上の女優はチャンスが少ない。会社が舞台になると、数人のOL役があるだけ。あとは男性ばかりだ。

そんなふうに役、キャラ、必要とされる人数等もあり、実力があるだけでは出演に結びつかない。また、WSの参加者は皆、それなりのプロ。その難関を乗り越えて選ばれても、他の仕事とかち合い、諦めねばならないこともある。本当に俳優というのは大変な仕事。実力があった上に、チャンス、出会い、運が必要。

よく聞くのは「WSに参加すると、映画に出られる」と安易に考えて来る俳優が多いとの話。WS主催者にもそれを売りにして参加者集めをすることがあるらしい。それはおかしい。いろんな監督がいる。彼らと接することで、自分が持つ、気付かない側面を見つけることがWSの意味。そして参加=出演に繋がるのは安易。そこで実力を見せてこそ、監督たちの心に残り依頼に繋がるのだ。

が、今回はそんな俳優は1人もいなかった(はず)。みな、真剣だった。何かのときに「あーあのときの彼!」と思い出し、仕事をする展開もあるはず。ただ、本当に力ある人たちがたくさんいただけに、何かの役で出てほしかった....という悔いは残る。経費、役、市民俳優という多くの壁を超えるのは難しく断念した俳優が何人もいる。そんな思いを胸に、いつか現場であえることを楽しみにして編集を続ける。


小 2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「向日葵の丘」に出演・芳根京子さん。月9のヒロインに決定! [キャスト]

レンタル屋=2人C_edited-1.jpg


僕の前作「向日葵の丘 1983年夏」で主人公の多香子の高校時代を演じてくれた芳根京子さん(写真左)。NHKの朝ドラ主演に続いて、フジテレビ月9のヒロインに! 太田組卒業生。その後、毎度ブレイクは嬉しい。

https://www.cinra.net/news/20171107-kuragehime



小 2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

草刈麻有さんと冨田佳輔くんの出演作「青い空青い空」全国のTSUTAYAでレンタル中! [キャスト]

青い空DVD_edited-1.jpg


僕の最新作「明日にかける橋」に出てくれた草刈麻有さんと冨田佳輔くんの出演作「青い空青い空」浜松ロケの青春映画。脚本監督は私(太田です)。全国のTSUTAYAでレンタル中!予告編=>https://youtu.be/3qK8Q8o-pyY



%40_MG_07812.jpg冨田佳輔.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - キャスト ブログトップ