So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「天気の子」ー大切なことを忘れた大人に問いかける物語でもある。=侘しい子供達を追い詰めたのは誰か?(ネタバレあり) [映画感想]

69305525_2933778206696464_5899257436413362176_n.jpg

「天気の子」ー大切なことを忘れた大人に問いかける物語でもある。
=侘しい子供達を追い詰めたのは誰?(ネタバレあり)

ポスターのビジュアルを見ただけでは、この映画の感動は伝わらない気がする。が、僕は2回、この作品を映画館で見た。基本は若い人向けの映画。主人公は16歳の家出少年。僕のような間も無く60歳になろうオヤジが見るための映画ではない。でも、とても感動した。何度か涙が溢れた。「この涙は何?」自分でも理由が分からないけど、訴えかけてくるものがあった。

田舎から家出して東京に来た少年が、

苦労しながら、自立して行く。そして女の子と出会う。典型的なボーイ・ミーツ・ガール物語ではある。田舎から出てきてというのも、昔はよくあったスタイル。それを今の時代にあえて描いている。新しいのは、出会った女の子が「晴れ女」で雨を止めて、短い時間だが晴れにできる能力があるということ。

ここまでで興味深いこと。

ヒロインの描かれ方が10代の男の子が思い描く女の子なのだ。「ふふ」と可愛く笑う。行動的。好意的。女のいやらしさや打算がない。80年代のアニメに出てくるキャラ。「タッチ」や「みゆき」。そんなヒロインに10代の頃は憧れる。それが現実の女性と付き合うようになり、30歳を過ぎ、結婚すると「憧れのヒロインとは違うこと」を知る。その手の漫画家が言っていたが

「恋をたくさんして、いろんな女性と付き合っていたら、ラブコメは描けない。女性に憧れがあるから描ける」

この映画でもそれを感じる。監督は40代。でも、彼はいう。

「10代の頃の憧れ、ちょっとした思い。そんなことを今でもリアルに思い出すことがある」

それを物語にしている。凄い。人ごとではない。僕も40代で女子高校生を描いた映画「ストロベリーフィールズ」を作った。オヤジたちは「今時、こんな子はいない!」というが、2つ間違っている。物語は昭和40年代。今時ではない。そして今でもそんな子はいる。ただ、オヤジたちの興味が援助交際とかそっちにしか向いてないので、マスコミが煽るその手のニュースしか聞かないだけ。実際、そういう親父で10代と接点がある人はいなかった。情報源は週刊誌だけだ。

「天気の子」の構図は少し違うが、

忘れかけていた、あの頃のときめきとか、憧れを思い出す。「この子のためになら人生かけてでも!」大人になると打算と計算で汚れて行く中、そんな思いで主人公は彼女と弟を連れて逃げる。だが、泊まるところはなく、やっと見つけたラブホテル。少しネタバレになるが、そこでカラオケを歌い、インスタント食品を食べて、幸せに浸る子供達。

涙が溢れる。今時の子供の幸せってこんなものなのか? いや、きっとこんなものなのだ。豪華なステーキやシャンパンではなく、侘しいカップラーメンやたこ焼き。そんなものを食べて、気の合う仲間とカラオケを歌う。それが幸せ。でも、そうなのだ。そんな貧しい幸せしか求められくなってしまった。大人たちが、社会が子供達を追い詰めてしまったから。逃げ場をなくしてしまったから。

この映画を見て「小さな恋のメロディ」

と「リトルロマンス」を思い出した。それらもローティーンの男女が大人たちに理解されず、引き裂かれそうになり、逃げ出す物語。いつの世も大人たちは自分たちの価値観を子供たちに押し付けようとする。それが古びて腐りきったものであったとしても。そして「天気の子」はクライマックスで、あの「傷だらけの天使」の代々木のビルへ!

この辺はもう「頑張れ、穂高!」と願わずにはいられない。結婚式を挙げようとしたメロディとダニー。サンセットキッスをするために飛び出したダニエルとローレン。それを邪魔する大人たち。同じ展開。そしてこの映画が他と違うところ。昔の主人公は自分が傷ついても多くの人を救おうとした。が、彼らは世界より、自分たちの小さな愛を選ぶ。

でも、今の時代はそれが正しい。

世間が国のため、正義のためと誘導し、影で笑っている金持ちが儲ける時代。それなら確かな自分たちの愛を守ろう。大切にしよう。ただ、そんな風に考えてしまうのはなぜだ? そんな世界を作ったのは誰か? それを考えねばならない。これは子供達の物語だが、大切なものを忘れてはいないか?を大人たちに問いかける映画でもある。本日もサントラ盤を聴く。


(下写真 映画の舞台となったビル。「傷だらけの天使」ではこの屋上でショーケンが暮らしている設定)

68859981_2935666326507652_8087541998120075264_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」に出て頂いた宝田明さんの新作 「ダンス・ウィズ・ミー」=ハートウォーミング物語! [映画感想]

IMG_0861.jpg

「明日にかける橋」に出て頂いた宝田明さんの新作
「ダンス・ウィズ・ミー」=ハートウォーミング物語!

さて、どの場面で宝田さんは出ているのかな?と思ったら、オープニングから登場。役柄はインチキ催眠術師! これがめっちゃはまり役。その宝田さんに催眠術をかけられ、音楽を聴くと踊って歌わずにはいられなくなったOLが主人公。術を解いてもらために宝田さんを探すが....という物語。

一昔前の日本映画は文芸作品が多く、エンタテイメントが本当に少なかった。それが今では笑って、ハラハラして、感動できる作品がかなり多い。やはり映画は娯楽だ。そんな痛快丸かじりの1本がこれ。おすすめです。

61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

リンゴをたくさん頂きました! ありがとうございます。 [2019]

68948581_2931443153596636_7973682724340760576_n.jpg


リンゴをたくさん頂きました!

ありがとうございます。



61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

天気の子ー二度目の映画館。また涙が溢れた。 よくできている。 世界より、人々より、大事なのは君。 そう言う話だ。 [映画感想]

69305525_2933778206696464_5899257436413362176_n.jpg

天気の子ー二度目の映画館。また涙が溢れた。

よくできている。

世界より、人々より、大事なのは君。

そう言う話だ。詳しくはいずれ。

同時にこの物語は僕らの世代で言えば

「小さな恋のメロディ」であり「リトルロマンス」なんだな。

61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

公開中「ダウンス・ウイズ・ミー」の宝田明さん(ゴジラ)も 出演している日本版「バック・トウ・ザ・フューチャー」=>「明日にかける橋 1989年の想い出」! お近くのTSUTAYAでレンタル! [2019]

61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg

「明日にかける橋 1989年の想い出」

静岡県西部が舞台の感動家族ドラマ。

公開中「ダウンス・ウイズ・ミー」の宝田明さん(ゴジラ)も

出演している日本版「バック・トウ・ザ・フューチャー」!

お近くのTSUTAYAでレンタル!


61328389_2713611712046449_5637045108852391936_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「朝日のあたる家」 原発事故の悲劇を描いた物語。 山本太郎が出演! [2019]

69207809_2929097593831192_3843028546234613760_n.jpg


映画「朝日のあたる家」

原発事故の悲劇を描いた物語。

山本太郎が感動の名演技。

今年2月まで1年間、Netflixで配信していた。

リクエストすればまた配信してくれるかも? よろしく!


61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」に出演頂いた宝田明さん。  ロケ地の一つ。袋井市で講演会。  素晴らしい。ぜひ! [2019]

64513402_2152738811515552_5402647264378224640_n.jpg


 「明日にかける橋」に出演頂いた宝田明さん。

 ロケ地の一つ。袋井市で講演会。

 素晴らしい。ぜひ!


37512040_2108079202599706_251309218072625152_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

留学から帰国してもう30年。映画監督始めてまだ15年かあ?! [2019]

10259946_628061193934855_4679467323963031595_n.jpg

留学から帰国してもう30年。映画監督始めてまだ15年かあ?!

帰国した時はまだ20代。それがあと数年で60歳ということは、それだけの年月が経ったということだ。若い頃は「スピルバーグのように20代で監督デビュー」というのに憧れたが、ある時、それは意味がないことを知り、遠回り。でも、「あのとき留学せねばVシネマくらい撮れたかも?」と言われたりしたが、5年がかりで脚本家に、さらに2年後に監督デビュー。さらに8年がかかり映画監督デビューした。

その後、6本の映画を完成させたが、帰国から30年近くが経とうとしている。前半の15年は映画監督になるまでの年月。残りが監督として作品を作り続けた年月。15年で6本だから、2?3年に1本は撮っている。まあ実際は2年連続ということや、2本同時進行ということもあったので、割合を出してもあまり意味はないのだが。

例えば「明日にかける橋」は2017年撮影だが、準備は前年からスタートしている。公開は翌2018年。DVD発売は今年。そんな風に1本の映画を担当すると3年ほど拘束される。6本で[×]3年=18年。15年があっという間に過ぎるはずだ。

それが今年、6本目の作品。長編「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」を完成。「明日にかける橋」も並行して進めていたので3年間休みなし。そのために初夏に過労でダウン。にも関わらず良くなりかけた頃に北海道=沖縄と続く仕事があり、直後に講演会。風邪までひいて再びダウン。にも関わらず「れいわ」の応援にふらつきながら行って撮影。そしてこの猛暑。自宅入院生活に逆戻り。しかし、

しかしだ。もし、いま、新しい作品の依頼があったら、体力的にも厳しい。そしてまた、あれこれ映画以外のことをやる時間がなくなり、全力投球してしまう。この時期はもしかして大切なものではないか?と思える。2作目の「青い青い空」の後も半年間寝込んだ。そのために311を自宅で経験。原発事故報道をずっとテレビで見ていた。リハビリ期間に原発の勉強。それが3作目の「朝日のあたる家」につながる。

「朝日」をやったことで原発問題から政府のカラクリが見えてきた。それが分かっていたので「沖縄戦」で同じ構図があることを理解した。与えられた仕事をするだけでなく、それ以外のことを知り、学ぶことが後々、生きてくる。それと、時々立ち止まり、振り返ることの大切さも感じる。良く「終わったことを悔やんでも仕方がないから、過ぎたことは忘れて前向きに進もう」という人がいるが、あれは大間違い、友人でもいたが、彼は同じ失敗を繰り返してばかりいた。

振り返ることで、何が正解で何が間違っていたか? 何を得て、何を失ったか?を見つめる。悔やみ、反省し、どうするべきだったか?考えて、それを次に活かす。ただ、映画製作をしていると、そんな時間がなかなか取れない。でも、それが今なのだろう。30年の戦いを今一度、振り返ってみたい。


61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

夏になると毎年聴くアルバム[るんるん] [2019]

37296216_2043429922397968_373048171997167616_n.jpg


夏になると毎年聴くアルバム[るんるん]

1982年の夏。今から37年前。僕は横浜に住み。映画学校に通っていた。が、授業は本当に詰まらなくて、学校には行かず、仲間と8ミリ映画を作っていた。その上映会をするために、日時をコピーしたものをチラシの裏に貼り付ける作業をしていた。

当時は4畳半一間。エアコンどころか扇風機もなかった。風も通らない部屋。まるで真夏のビニールハウス。そこで友人と2人で、チラシの裏に日時を書いた小さな紙をノリで貼り付ける作業をしていた。汗が滝のように溢れる。頭にタオルを巻いて作業。

ラジカセでテープをかけた。それが当時大人気だった「ナイアガラ・トライアングルVOL2」だった。特に「LOVE HER」が流れると、涼しい風が吹いたようだった。そう言うと、友人も顔を上げ「俺もそう思ったよ」と呟いた....。

それから37年。今年も大瀧詠一を聴いている....。



61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -