So-net無料ブログ作成

「明日にかける橋」のシナリオを読んでくれた女子高生の感想。by 小玉虫シスターズ [10月−2017]

22046057_1634588223282142_7030839475251274611_n.jpg

(以下、女子高校生の記事より許可を得て転載)

8月にお父さんが映画「明日にかける橋 1989年の想い出」の撮影に参加してきました。それで、私たちは台本を読ませてもらいました。ウヒヒ。やっぱり太田監督です。この117ページの中に「大切なこと」がギュー!って詰まってます。台本読むだけでキャストさんの想いや、その背景が頭の中に浮かんで号泣しました。

お父さんオススメの田中美里さん、いいですね~( ☆∀☆)美里さんが演じる「お母さん」を早く見たいです。それと、主人公の後輩である「アヤカちゃん」の発言と行動力が好きです。こちらは草刈麻有さんですね。

太田監督の映画の土台となるのは「普通の家族」どこにでもある一般家庭の物語です。

なので、見る人はすごく親近感を覚えます。そして、ストーリーが進むにつれハラハラ・ドキドキ。まるで自身がキャストの1人になって映画に出てるような感覚に陥ります。毎回思うんですが、太田監督ってなんであそこまで女子の気持ちが解るんでしょうね?不思議です。

あぁぁぁ~!思いっきり感想書きたいけど、これ以上はネタバレになるので書けません。公開までの我慢です。(*^^*)懐かしい風景と共に私たちの知らない時代の背景を映しながら、とっても大切なことを教えてくれてますょん。

「明日にかける橋」は見る人の心に架かる希望の橋だと思います。うふふん。名作誕生の予感がしますねー!

by 小玉虫シスターズ




21316536_1606805146060450_136351002334616506_o.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント