So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

明日にかける橋ーポスプロ日記 再編集と申告の準備?! [1月ー2018]

26815094_1768676786539951_5705186923462345571_n.jpg

この正月は何年振りかに仕事をせずに、ただただ寝ていた。昨年暮れに1年がかりの「明日にかける橋」が完成。試写会も終えたのでほっと一息。疲労困憊で寝たきりとなった。それもつかの間、先週から再編集がスタート。カラコレ、合成、音響効果担当者も直し作業を始めている。と、気付くとすぐに2月。申告のシーズン。映画完成の膨大な領収書を整理。準備をせねばならない。

とにかく映画を作るともの凄い量の領収書となる。それを段階別に、何にいくらかかって...と仕分けせねばならない。どこで、いつ誰が、何を買ったか? 誰にギャラをいくら支払ったか?どこ会社にいくら振り込んだか? それらを全てパソコンに打ち込んでExcelに記録する必要がある。

そのあとは税理士さんがやってくれるのだが、そこまでの作業が本当に大変。再編集と共に、その作業をやらねばならない。毎年、何週間もかかる。特に映画制作のあった年は大変。社員がいる訳ではないので自分でやる。誰か手伝ってくれる人がいるといいのだが、皆、申告の時期なのでそうもいかない。

さらに、今年スタートする仕事の準備もせねばならない。映画の再編集と劇場公開の準備はあるが、監督業としては、それらの作業でギャラは派生しない。宣伝は監督の義務みたいなもの(逆に言うと、一般的に監督は宣伝をしない。マスコミ取材を受けるのと、舞台挨拶くらい)だから舞台挨拶をしても、ブログで宣伝しても人件費は出ない。それで給与が出るのは宣伝会社や配給会社だけ。

ちなみに俳優も舞台挨拶ではギャラは出ない。あくまでも自身が出演した映画をアピールしたい!という好意なのである。なので監督は宣伝活動とは別に生活のための仕事をせねばならない。1月2月は再編集、申告準備、次の仕事の準備と3つが同時進行。かなり厳しい期間になりそうだ。

「次の仕事」と書くと「次回作ですか?!」と言われそうだが、そうではない。そんなに毎年映画を撮ることはできない。映像系の小さな仕事を昨年「明日」が正式にスタートする前に頼まれていたので、それをスタートさせる。中身についてはいずれお伝えする。

とにかく、この2ヶ月を乗り切らねば!今回は3人分の作業。映画制作では7人分の仕事をしているのだから、まだいい方かな?


m_E382BFE382A4E38388E383AB.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント