So-net無料ブログ作成

明日にかける橋ーポスプロ日記 本日も朝から再編集! [1月ー2018]

26232555_1762874680453495_322775982547203170_o.jpg

明日にかける橋ーポスプロ日記 本日も朝から再編集!

再編集というと、どうしても編集のやり直しというイメージになってしまう。「映像をつなぎ直す」という印象だろう。だが、今は編集というより効果の作業だ。オーバーラップ、フェードアウト、スローモーション、スチール、逆転、コマ落とし、ズームイン、ズームアウト、という効果も編集時に使うことができる。

ただ、それぞれは映像をクリックするだけでフェードアウトしたり、オーバーラップしたりはしない。その箇所を特定して、何秒のフェードアウトか? どこからスタートし、どこで終わるか? 時間を指定、設定してセット。そのあとに黒みを何秒入れるか考え、黒みを作り、挿入する。そのたびに、その部分をレンダリング。これが2分3分とかかる場合が多い。

あるカットをズームする場合も同じ。120%ブローアップするなら、「120」まで数値を上げる。前後のつながりを見てよければまたレンダリング。1分待つ。そんな感じで2時間ほどある映画の全てのカットを確認し続けている。なかなか、根気と忍耐が必要な作業。気づくと陽が暮れ、深夜になる。

先日、今まで使ったことのないある技術を専門家から教えてもらった。これがかなり効果を上げる!で、それを使ってみた。スタート地点を決めてマーキング。次に終わりのポイントを決めてマーキング。その倍率を打ち込み。そのたびにレンダリング。再生してみて何か違えば倍率を変えてもう一度最初から。

非常に効果的なので、それを映画の頭から5秒10秒置きに試してみた。作業はとても面倒だが、ここ数日それを続けいる。なかなか終わりが見えない。ドラム缶一杯のニンニクを毎日皮むきしているような気分。同じ作業の繰り返し。やはり、映画は料理と似ている。

ジャガイモ、にんじん、大根と、皮をむく作業は退屈で時間がかかるものだ。特に量があると本当に疲れる。が、食べるの一瞬。編集作業もそれと同じ。どんなに時間をかけて3秒のカットを編集しても、観るのは3秒だ。でも、時間をかければ、それなりの効果が上がる。

聞くと、この効果。ある有名監督も多様しているらしい。なるほど......。ただ、観客はその効果を体感して物語を面白く観ることはできるが、その効果がどんなものなのか?は映画を観ていても気づかないだろう。だが、確実に作品はおもしろくなる。そんな作業をあと数日続ける。


m_E382BFE382A4E38388E383AB.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント