So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

なぜ、有名俳優はFacebookではなくアメブロを選ぶのか? [4月ー2018]

10636333_805716776169295_271445461532430799_n.jpg

知っている人は知っていると思うが、知らない人は「え? そういえばそうだね」という話。俳優の多くはアメブロで日々の報告や告知をするが、Facebookをやる人は少ない。有名俳優になるとまずいない。なぜか? 答えは簡単だが、そこからいろんなことが見えて来る。

Facebookの「お友達申請」について僕はときどき「お願い」を書かせてもらっていて、それを読んでくれた人はピンと来ると思うが、僕のような無名監督でもFacebookを続けると、いろんな人から申請があり「友達」になったとたんに、あれこれ質問攻めにあった。それも連日。「どーして映画監督になったのですか?」「どうすれば監督になれますか?」「私が書いたシナリオを読んでください」等々。1日何通ものメッセージ。そしてコメントが書き込まれた。

当初はそれに答えていたが、仕事が忙しく返事ができないでいると「5分もあれば返信できるだろ?」「スルーですか?」「そんな人とは思わなかった」と批判する人たちも出て来た。さらにプライベートや健康についても、小姑のようにあれこれうるさく言う人たち。そして僕が書いた記事に対して「それは間違った考えです。謙虚になりなさい」と説教をして来る人。でも、全く当て外れな指摘。

そんなことがあって、うんざりして2度ほど長期休止したことがある。ある時期から「交流や議論はしない」「質問には答えない」と宣言。ありがたいことに、多くの「友達」が理解してくれて、現在は極々たまにしか、その手の質問や批判は来なくなった。が、そこまでにはかなりの月日と時間。そして労力が必要だった。


30652864_1893689497372012_5053076268384256000_o.jpg

なぜ、宣伝のために始めたFacebookでここまでエネルギーを使わねばならないか? 理由は以前の記事で書いたが、友人が言った言葉が一番当たっていると思える。「映画監督がFacebookなんてしちゃダメだよ。誰でもいろんなことを訊きたくなるのが当然だから!」そうかもしれない。でも、多くの人の協力で完成した映画を1人でも多くの人に見てもらうため。何かせずにいられなかったのが、そもそものスタート。そして今は理解を頂き、トラブルはたまにしかない。

さて、本題に戻ろう。もし、これが有名俳優だったらどうか?僕の比ではないだろう。連日、質問の洪水になるはず。そして、人気ある俳優を嫌うひねくれ者もいる。あれこれ批判や罵詈雑言もコメントされるはず。その際にマズいのはFacebookはそれらコメントが全て表示されること。デマをコメントされても本人が気付いて削除しないと、そのデマを多くの人が読み、それを信じてしまう人。拡散する人も出てくるだろう。では、アメブロはどうか? こちらのコメント欄は本人が承認しないとコメントが表示されない設定にできる。卑劣な批判やデマの場合はそれを削除できる。第三者はそのコメントを読めない。

他にも、Facebookは機能として敷居が低い。親しくなるためのシステムがいろいろある。短時間でコミュニケーションできる。簡単に質問、話しかけられるが、アメブロは本人とは距離感がある。返事があるとしても数分数秒ではないことを読み手も理解している。返事がないと怒る読者は少ない。つまり、Facebookは「友達感覚」アメブロは「作家と読者」の関係。その友達感覚のFacebookに有名俳優が登場すれば、当然、多くが友達感覚で接する、そして大変なことになる。

22045925_1638778962863068_8495657836475970167_n.jpg

そんなことから見えてくること。人は悪意がなくても、親しくなると、あれこれ言い出し、プライベートに踏み込み。嬉しいアドバイスもしてくれるが、大きなお世話も始める。熱烈応援してくれる人には、思い込みが強い人もおり、ふとしたことで行き違い、批判を始めることもある。しかし、元々悪意があった訳ではなく、熱く応援しただけに些細なことでも裏切られたと思い込んでしまう。芸能人たちがプライベートを隠し、変装して外出。一般の人たちと交流しないことが多いのはそういう背景がある。

仕事がら僕は有名俳優たちと仕事をする。が、彼ら彼女らは決して幸せではない。チヤホヤされ、賞賛され、皆に愛されていても、先に上げたように、笑顔で近づいて来る人たちの無神経な言動、行動に悩まされることが多く。それでいて人気商売。笑顔で対応しなければならない。いくら儲かっても、人気があっても、誰が本当に自分を理解してくれているか? 愛してくれているかが分からなくなる。

同時にデマ、ありえないことを噂され、バッシングも受ける。それでも笑顔を振りまく仕事を続ける。人が羨むほど幸せではない。それでも芝居をし、それが多くの人を励まし、希望を伝えていると信じているから続けられる仕事なのである。Facebookとアメブロを考えるだけでも、いろんなことが見えて来る。



明日スクエア_edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント