So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

明日にかける橋ー日記 英語字幕を制作するが、悪戦苦闘中! [映画宣伝入門]

30710575_1903656353041993_941344702572003328_n.jpg

先日の試写会ではロスアンゼルスの映画祭の主催者がたまたま日本に来ていたので、映画を見てもらうことができた。まだ、映画祭に招待されるかどうか?は分からないが(帰国してメンバーと協議してから結論)高い評価を頂いたので、うれしい。

他にも海外の映画祭に出品できるように、現在、英語字幕スーパーの制作を進めている。といってもタダで出来る訳ではない。これも宣伝費から捻出する。通常なら専門の業者に出して全てやってもらうのだが、十分な宣伝費がないので、なるべく安く上がるように努力中。

僕も多少は英語ができるが(一応、USC映画科に合格)、翻訳というのは特別な技術が必要。日本語ができるから、新聞記事が書けるというものではないのと同じ。そこで配給会社が英語が堪能な人に破格のギャラ(もちろん安さで破格)でお願い。英訳された原稿を僕が確認。間違いがないか?確認する作業を本日もしている。監督が英語できるのって便利だし、安くつく(というか、僕はギャラをもらわない)

そして物語の設定が分からないと英訳ができない。特に役名、地名、会社名、或は歌のタイトルとか、分かり辛いというものもあるので、作者である僕が確認する。また、こんなこともある。アメリカでは英語になっている日本語。Yakuzaとか、Samurai、Syougun、Ninjya。またビデオゲームのことをNintendoと呼ぶ。その辺は訳さなくても、多くのアメリカ人は理解する。

また、映画や歌のタイトル。黒澤明の「七人の侍」は「Seven Samurai」で直訳だが、「天国と地獄」は「High and Low」だし、The Whoの歌「愛の支配」は「Love Reigh O'er Me」だ。それを直訳すると、何だか分からなくなる。今回の映画では登場しないが、ブルースリーの映画「ドラゴンへの道」は日本での英語タイトルは「The Way of The Dragon」だが、アメリカ公開時のタイトルは「Retuern of The Dragon 」である。本当に面倒。

そんな作業を袋井市のイベントに行く前からスタート。宿泊したホテルでも作業。帰りの新幹線でも作業。そして今朝からまた、続きをやっている。何度も催促が来る。というのも、僕が確認してOKになった原稿を次の担当者に送り、その人が字幕スーパーを英語で打ち込み、映画に嵌めて行かねばならないからだ。もちろん、その方にもかなり安い賃金でやってもらっている。

英語字幕スーパーを業者に出せば最低でも40万から60万はかかる。それを何分の1かで仕上げようとしているのだから大変。でも、「明日」を世界に発信するため。がんばらねば!


明日スクエア_edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント