So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

俳優業—そして表現の仕事を目指す人たちへ。それは本当の自分を見つける旅 [映画業界物語]

23471951_1688004484607182_8579644313429729606_n.jpg

俳優業—そして表現の仕事を目指す人たちへ。それは本当の自分を見つける旅

俳優。及び「表現」の仕事を目指す人たちへの覚書。好評なので、もう少し書く。何度も語ったことだが、俳優でも、歌手でも、作家でも、映画監督でも、漫画家でも、表現の仕事をする人たち。特に若い人たちにいえること。インプット作業ばかりで、アウトプット作業をしないことでの弊害が一番悲しい。

つまり、俳優でいえば映画やドラマ、舞台を観る。数観ると目が肥えてくる。見る目が育つ。それは脳科学でいえばインプット作業により育ったもの。でも、見る目ができたから、自分でそれができるか?は別だ。それはアウトプット作業の繰り返しで、その能力が育つ。それはインプット作業より遥かに大変。

ピアニストなら毎日、ピアノを弾き、練習する。幼い頃から何年も続ける。そのことで脳がその行為を体に伝達。それを繰り返すことでよりスピーディに、その行為ができるようになる。バイオリンでも、バレーでも同じ。演劇も同じだ。観ているだけではうまくならない。繰り返し演じる。いろんなパターンで演じてみる。そのことで脳が考えたことを体が再現できるようになる。それが演技が上達するというメカニズムなのだ。

それをインプットばかりしている俳優の卵たちが多い。アルバイトばかりしていて「いつか俳優になってブレイクする」と夢見る若い人も多い。「チャンスさえあれば、俺はできる!」と思い込んでいる。が、実際、芝居をさせると、素人レベルであることがほとんど。インプットばかりしているとこう考える。

「昨日のドラマの女優。酷いねえ。どーせ事務所の力で出演したんだろうけど。私の方がマシねー」

自がプロで通用すると思い込む。「私は実力がある。即戦力だ」と思い込み、努力しない。大手の事務所に入ればすぐに仕事があると思う。実際に芝居をすれば自身の力を知るのだが、結局チャンスは掴めず挫折するのがほとんど。

「その素質を鍛えれば、何とかなるのに〜」と思う若い人たちもいた。が、多くは自身過剰と勘違いで努力もしないまま、消えていった。俳優の卵だけではない。このシリーズに登場した脚本家志望の後輩も同じ。ヤクザの店でバイトして

「この体験をネタにシナリオ書けば、凄いものが書ける!」

といっていたが、結局書こうとはせず、その店のバイトから正社員になった。その後、彼が脚本家デビューしたという話は聞かない。監督やPの飲み会を聞けば駆けつける無名女優。製作会社に営業もかける。が、彼女に必要なのは演技力を磨くことだ。演技力がないから依頼が来ない。そのことに気づいていない。

「まだ本気、出してませんから!」

それが口癖の25歳。演劇学校に通っている。が、彼もまた消えた。映画監督志望なのにシナリオも書かないー学生映画も撮らないー友人の作品を批判してばかりいた後輩もいる。20年後に再会したが、未だにシナリオを書いていなかった。彼ら彼女らの問題点は同じ。高いプライドだ。

「私には力がある。テレビに出ているタレントより実力がある」

そう思い込んでいる。詰まらない仕事はしない。俺がやるときは、それなりの場で!とか考えるから、余計に何もしない。月日だけが過ぎていく。

その間に実力を磨くこともできたのに、バイトバイトで過ごしてしまう。そして彼らの多くは「才能があればやっていける」と信じる者もいる。でも、才能なんて存在しない。何度も書いたように「鋭い感受性」を持つ者が、表現力を磨き、養い、育て、年月をかけて力を付ける。その仕事振りを見て、努力しなかった人たちが「才能あるね」というのだ。それに気づかずに

「俺には才能があるはず。いつか認められる」

とバイトをして、半年に一度の舞台公演だけで何年も過ごしてしまう。展開があるわけもなく、やがて「俺の努力が足りないんだ、、、」とは思わず、こう考える

「世の中、甘くないんだ....」

こうして多くの夢多き若者は諦め、消えて行く。そんな人生をこの30年にどれだけ見て来たことか? だから、若い人たちが同じ轍を踏まないようにこんな記事を書いている。

自分の力を試すこと。なぜしない? 演じる。書く。作る。奏でる。歌う。まず、それをすることで自分の実力を知ることができる。そしてまず「自分が大したものではないこと」を知ること。最初からできる奴なんていない。

どの分野でも素質がある奴はいる。成長が早い者もいる。学びは遅くても大成する人もいる。自分は何が得意か?何が苦手か? 何が足りないか? 実践しながら、そんなことを考えていくことが大事。また、少し僕自身の話をしよう。

「太田監督の映画は皆、泣ける」

そう言われる。ありがたいことだ。でも、すぐ真に受けないで映画館に行き、観客の反応を見る。劇場の壁にもたれてスクリーンを見ず、観客の反応を見る。狙ったシーンで笑うか? 泣いてくれるか? それを確かめる。うまく行けばオーケー。無反応なら反省。

いろんな劇場で、いろんな年齢の客で確認する。「映画で泣けた」というと安易に「あの監督は才能あるからなあ」という人もいる。それは違う。先に説明した「才能」なんて存在しない。

感動—を演出するとき、泣ける物語を作るだけではダメだ。それを演じられる俳優。うまいだけではダメ。いろんな背景を考えて選ぶ。次にロケ地。その会話をするにふさわしい場所はどこか? 森で話すと泣ける会話もあれば、都会で話すと心に染みる会話もある。

次に朝、昼、夕方、夜のいつがいいか? そしてお天気は晴れ、雨、曇り。風? 季節は? 春夏秋冬? そして撮影法は望遠? 広角? そして照明は? 明るめ? 暗め? 光の色合いは? その全てを考え抜いて感動シーンを作る。単に実力派の俳優を呼べばいいというものではない。

ただ、考え抜いて撮影しても、うまく行かないことがある。そのときは考える。何が悪かったのか? シナリオ? 俳優? ロケ地? カメラ? 照明? 考えて考えて考えて、別の機会にもう一度、挑戦する。それでうまく行けば、反省が正解だったわけだ。次はその方法論をベースにさらなるプラスを考える。それが演出だ。試行錯誤の連続と、反省、そして実践。

これは他の業種でも同じだ。俳優でも舞台で演じた。イマイチな評判。何が悪いのか? 反省。試行錯誤。そして次の機会に実践。その繰り返しで演技力が育っていく。それをせずにいたら、実力は伸びない。大きなチャンスを待っているだけでは表現力は育たない。

バイトをしているだけで演技派にはなれないのだ。学校で講師に教えられても、大きな成長はできない。実践が大事。舞台に立つ。カメラ前に立つ。もちろん、小さな役でもそんなチャンスはなかなかない。でも、それを何とか掴んで実践することがうまくなる秘訣だ。

自分にあって他人にないもの。それを探すことも大事。日本という国は皆、同じということを大切にする。皆がすると自分もしなければならないと思える。 「はみ出していけない。目立ってはいけない」そんな国だ。が、芸能の世界&映画の世界は逆だ。人と同じことをしていてはダメ。個性的で、自分らしさをアピールしなければ認められない世界なのに、おとなしくアルバイトをして

「店に迷惑かかるので、その日は休めません。オーディションは行けないんです」

なんていう。

「友達の結婚式があるので、その日の仕事は行けません」

と返事が来る。それなら俳優を目指したりせずに、カタギの世界で、会社員になった方がいい。何より表現の仕事は「仕事」ではない。金や名誉のためにすることではない。「生き様」だ。表現をせずに生きていけない人たちの集まり。「一生、食えなくてもやる!」「一生、主役ができなくても芝居がしたい!」そんな思いがなければできない。

「俺には当てはまらないな。いずれブレイクするからよ」

と思う人はその道でぜひ、成功してほしい。30年以上、いろんな人を見てきたが、それで成功した奴は1人もいない。俳優だけでなく、表現の仕事を目指す皆さん。ぜひ、一度、自分を見つめ直してほしい。自分が本当にしたいことは何なのか? 何が得意で何が苦手か? 自分を知らずして表現はできない。

もし、自分が表現の仕事に向いてなくても悲しむことはない。それはまっとーな社会人として生きていける証でもある。夢を追い、挫折しても、それはいい経験であり、のちの人生に役立つ。とにかく挑戦し続けること。

失敗しても、成功しても大きな財産になる。だから、まず、自分を知るところからスタートしてほしい。本当にほしいものは何か? 自分が望む人生とは何か? 有名なりたいのか? 芝居がしたいのか? そこからいろんなことが見えて来るはずだ。


37715297_2058969634177330_3542243087323496448_o.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント