So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「明日にかける橋」おばちゃんたちが成し遂げたこととは?=未来を変えた主婦チームの功績 [地方映画の力!]

IMG_2447.JPG

「明日にかける橋」おばちゃんたちが成し遂げたこととは?=未来を変えた主婦チームの功績

何をいっても文句をつける友人がいる。古くからの付き合いだが、かなり捻くれている。今回の「明日にかける橋」の製作をスタートさせるときにも、こう言われた。

「地元のおばちゃんたちが映画作るぅ〜? 寄付を集めて? 政治家や企業の社長はメンバーにいない? それじゃ無理だな。金は簡単に集まるもんじゃない。現実は厳しいんだよ」

しかし、おばちゃんたちは製作費を集めた!

「どーせ、ロクでもない映画しかできないよ! いくらプロを雇っても素人は素人だ…」

完成した映画を観て多くの人が感動。完成披露試写会には3000人が訪れた。

「けど、地元で上映するだけだろ? 地方映画ってそれで終わるんだよ。自己満足だよ...」

東京で公開が決まる。

「でも、どーせ、小さな映画館だろ。客の来ない町の。それもレイトショーだな?」

有楽町スバル座で公開決定。1日3回上映。スバル座は昔の壱番館。名画を選び上映する老舗映画館である。

「ま、運がよかっただけさ。そこで終わり。全国公開はメジャー会社の作品でなければ無理だよ」

次々に全国の上映館が決まり、最終的には20館くらいになりそう。地元でも公開が決まった。

「どーせ、地元では1日2日だろ? 市民会館だな」

ららぽーと磐田ーTOHOシネマズで公開決定!日本最大の映画館グループ東宝の直営館である。

「せいぜい1週間の上映しかできないよ。それが映画界の基本。甘くないよ」

初日、2日目はチケット完売。現在。6週目の上映。大ヒットだ。

「地元だからウケているだけだよ。映画自体が評価された訳じゃない」

ロスアンゼルスの映画祭で特別賞を受賞。

「……………….でも、俺は……興味ないね…….」

彼と話すたびに笑いをこらえるのに必死だった。「どーせ無理」「世の中甘くない」口癖のいうようにいう人がいる。人の努力を否定ばかりしている奴がいる。友人はまさにそんなタイプ。なぜ、そんなことばかりいうのか?

彼は努力をしない、挑戦もしない。自分からは何もしない。だから自分が何もしないことに対する言い訳なのだ。「どうせダメだ」「無駄だ」「絶対に無理」だから自分は努力しない。行動しない。「だって無理なんだから!俺は現実を知っている。甘い考え方をしない。シビアな大人なんだ。夢見る甘ちゃんとは違うんだぜー」という意味なのだ。

何て寂しい人生なんだ。実は、真剣にかかれば、努力すれば、諦めなければ、できることはたくさんある。それを「明日」のおばちゃんたちは証明した。おばちゃんたちだけで製作費を集め、プロのスタッフと俳優を雇い、地元の映画館に交渉し、みんなで宣伝して、大ヒットさせた。多くの人が感動の声を上げた。多くの市民がおばちゃんたちに感謝した。

「私たちの町はこんな素敵なところなんだね...」

おばちゃんたちも途中で辞めよう、無理だ….と思うことがあっただろう。でも、諦めずにがんばった。「明日にかける橋」のテーマを思い出す。

「未来は変えられる...」

おばちゃんたちはそれを実践したのだ。友人はそんな凄い人たちと接したことがなかったのだろう。壁にぶつかるとすぐに投げ出す人たちしか知らなかったのだ。同じ意味で、今回、おばちゃんたちを見ていた町の子供たちは感じただろう。

「大人は無理だ、可能性が低い、やめた方がいいーすぐにそういうけど、おばちゃんたちは夢を実現した。私たちもやればできるのかも?」

おばちゃんたちは町をアピールする映画を作っただけでなく、子供たちに夢と希望も与えたはずだ。

ちなみに、先の友人も密かに映画を観たようだ。「意外によかったよ..…」と言っていた。そういう言い方をするときは感動したときだ。

日本各地で映画の上映は続く。おばちゃんたちの奮闘も続く。劇場公開が終わっても、まだ終わりではない。自主上映、レンタル上映、学校等での上映。DVD化、テレビ放送。まだまだ、多くの人たちに映画を観てもらうことが大事。がんばれ、おばちゃんたち!


DmngW2aUwAASg97.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント