So-net無料ブログ作成

映画「ボヘミアン・ラプソディ」① F・マーキュリーが探し続けたもの=心に突き刺さる作品。ぜひ観てほしい! [映画感想]

46445006_2288372721237019_1452879057032052736_o.jpg

【映画「ボヘミアン・ラプソディ」F・マーキュリーが探し続けたもの=心に突き刺さる作品。ぜひ観てほしい!】

中学時代。毎日、ビートルズを聴いていた。高校時代になり、R・ストーンズ?にはすぐ進まず。次に聴いたのはクイーンだった。友人の勧めだったと思うが、大阪キタの東通り商店街のサウナ・ニュージャパンの前にあった輸入レコード屋で「オペラ座の夜」を買った。

「何じゃこれは〜!」

衝撃だった。特に「ボヘミア・ラプソディ」は驚愕した。フレディ・マーキューリーの自伝ともいえる映画「ボヘミア・ラプソディ」を見て、その曲が当時、シングルカットされず、マスコミからは評価されなかったことを知り、驚かされる。

「6分もあるからラジオで流せない? バカじゃないか?」

マスコミだけでなく、レコード会社のPがまずシングルカットを反対した。クリエイティブな業界でもいつの時代も新しいものを拒否する古い人たちがいるということを感じる。でも、そんな作品こそが新しい時代を築く。

映画ではクイーンのデビューから、F・マーキュリーの死までが描かれる。ミュージシャンの伝記映画は心に突き刺さるものが多い。

レイ・チャールズの「レイ」
リッチー・ヴァレンスの「ラバンバ」
ジャニス・ジョプリンの「ローズ」
エルビス・プレスリーの「エルビス」
(これは何と、あのJ・カーペーターが監督でC・ラッセルがエルビス!)

どれも胸詰まる。今回の「ボヘミア・ラプソディ」は特に感じるものがあった。ミュージシャンでも、作家でも、俳優でも、映画監督でも、同じ。傷だらけの魂を癒すために作品を作ること。しかし、名声も、大金も、名誉も、その深い傷を癒すことができないこと。今回の映画でも感じる。

クライマックスは1985年のライブ・エイド。これを僕はLAでテレビ中継を見ていた。USCのドミトリーで。それから30年ほど。いろんなことを感じ、思い出し、心に突き刺さるものを、見つめてしまい、今はうまく感想を書けない。今夜は夜中までクイーンを聴く....。

俳優、作家、映画監督等、表現者を目指す人はぜひ、見てほしい作品だ。

参考に=>この記事=>https://aozoraeiga.blog.so-net.ne.jp/2014-06-21

E6988EE697A5E382B9E382AFE382A8E382A2E585A8E59BBD.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント