So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【30代でOLを辞め「女優になりたい!」と娘。心配する父からの相談】 [映画業界物語]

44924727_2243967455677546_1977542035594280960_n.jpg

【30代でOLを辞め「女優になりたい!」と娘。心配する父からの相談】

友人は映画業界で仕事をしている。娘が突然に「女優になりたい!」と言い出した。10代なら分かるがもう30代。勤めていた会社を辞めて芸能事務所に入ったという。どうすればいいか?という相談。

「俺も両親に散々反対されて、この世界に入った。最初は大変だったが、今はどうにかやっている。だから、娘のことも反対はしたくない。ただ、この業界がどれだけ大変か?もよく分かっている。その上、娘はもう30代。通常、俳優は10代でスタートする。仕事を得るまでに何年もかかる。

大手事務所では23歳までに売れなければクビというところもある。娘はすでに30代。そこからスタートするのは業界的には無謀。でも、娘は超真剣。自分で事務所を探し、研究生になったという。毎週のレッスンを受けている...。

聞いたことのない事務所で有名俳優は誰もいない。そんなところは見所がない子でも所属させてレッスン料を取り、収入源にしていることが多い...。

その事務所に何ヶ月もいるが、仕事はゼロ。オーディションにも行かせてくれない。なのに、社長は大きなことをいい、すぐにでも連ドラマに出れるような話をするらしいんだ」

話を聞いただけでも危険だと思う。が、僕もまた若い頃に多くの人に映画監督を目指すことを反対された。本格スタートは帰国後、30代からだ。その意味ではその娘だって、可能性はある。

ただ、その娘の場合。ドラマは好きで見ていたが演劇経験はなし。OLを10年ほどしただけ。ダンスも、歌も、やったことはない。なのに

「山口智子は30代でブレイクしたから、私もできる!」

というらしい。それは違う。彼女は20代から活躍していた。その後、30代でブレイク。30代から女優をスタートさせた訳ではない。その話を聞いて、業界のことがほとんど分かっていないこと感じる。娘はこういうらしい。

「社長は大丈夫だって言ってる。芸能界で力あるから、連ドラマに出してもらえる!」

そう反論する。それは所属俳優が辞めないようにする言い訳。レッスン料で事務所経営を支えているはず。友人はいう。

「男の子なら、多少のことがあっても、いい経験だけど、娘なので心配。ダマされて枕営業させられたり、悪い男にダマされたりしないか?それなら止めた方がいいと思うんだ...」

でも、夢を追い掛ける思いは理解しており、応援したいようだ。そんな話を聞いていて気付いたこと。僕が学生の頃。大人たちは、業界を知らないくせに反対した。僕も業界のことは知らなかったが、こう思った。

「何も知らないくせに反対するのか? 可能性が低いというのなら、何なら可能性が高いのか? 一流企業に入るのだって大変。可能性は高くない」

知らないことを聞きかじった情報で批判する大人が嫌いだった。が、友人は熟知している。彼の批判は全て正解だ。娘を案じて言っている。だが、娘にとって、その批判が正解か?不正解は問題ではない。自分の思いを否定することに苛立っているのだ。その意味では僕のまわりにいた大人も同じだ。

最初は無理なことでも、ある時期は可能になったりする。以前はテレビに押されて映画制作本数は激減。新人監督デビューのチャンスはほとんどなかった。バブル時代は多くの映画が作られた。監督になるチャンスが増えた。僕はそれを逃したが、結局、思いを果たした。時代は変わる。大人たちは、過去しか知らない。そのアドバイスが正しいとは限らないのだ。業界を知らないからこそ、挑戦できるということもあるだろう。僕も散々言われた。

「世の中、甘くない」「夢はしょせん夢だ」

でも、僕も、友人も、夢見た仕事ができるようになった。僕と違い友人は結婚までして、娘もいる。ちゃんと生活ができている。大人たちの指摘は外れたのだ。世の中甘くないのは本当だが、いつの時代も可能性はある。

30代を過ぎてのスタートははっきり言って遅い。でも、カーネルサンダースは70歳を過ぎてKFCを始めて、大成功した。俳優と事業は違うというかもしれない。が、本気で考えて、本気で走れば、できることはあると思う。もちろん、僕は多くの俳優の卵たちが潰れて行くのを見て来た。本人は「絶対に俳優になります」というが、数年で消えて行った奴が山ほどいる。

でも、夢を掴むことが全てではない。その過程で経験したこと。学んだことがあとあと役に立つ。娘なので友人は心配というが逆に30代なら、それなりの経験もある。傷ついても、夢破れても、嫌な会社員を続けるより、人生にプラスではないか?今は連ドラに出ることに憧れるかもしれないが、それが大したことではないことにやがて気付くはずだ。

ただ、愛する娘なので、心配になり、あれこれ言ってしまうのは良くない。どんな的確なアドバイスでも、娘はまだそれを理解しない。どんな素晴らしい助言でも5年後には意味が違ってしまうこともある。何も言わずに、自由にさせて、応援するのがいいのではないか? もし、女優になれず、別の仕事をするようになっても、それはそれでいいと思う。友人は納得いかないようだった。

「お前は娘がいないから、気楽にいうんだよ」

と言われた。そうかもしれない。が、誰が何をいおうが、本人が気付かないと意味がない。言われた通りする子では逆にダメだ。自分で考え、自分で選択し、自分で走る。そうやって経験したことが生きて来る。愛する人があれこれ心配することは当人にとって、理解してもらえないと思うだけのことが多い。距離を置き、遠くで見守ること。それが大事だと思う。


m_E6988EE697A5E382B9E382AFE382A8E382A2E585A8E59BBD-bd4ea.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント