So-net無料ブログ作成

作曲家ミシェル・ルグランが、1月26日に86歳で死去 [2019]

52720418_2483563941717895_1403769198378745856_n.jpg


作曲家ミシェル・ルグランが、1月26日に86歳で死去

フランスの作曲家ミシェル・ルグランが、1月26日に86歳で死去したとのニュースを少し前に聞いた。ミッシェル・ルグランはフランシス・レイと並ぶ映画音楽の大家で、70年代の映画ファンにはお馴染み。僕がビートルズやローリングストーンズを聴きだす前。はひたすら映画音楽を聴いており、FMで特集があると何日も前からカレンダーに丸をつけて、カセットに録音する準備をしていた。

映画音楽はいろんな曲を1枚のLPレコードに収録というのは、ポールモーリアのような楽団が演奏したものしかなく。サントラ盤ではなかった。メインテーマばかりというのはラジオから録音するのがベスト。そんなカセットを何本も作った。

その中で日本人好みの美しい曲というは、フランシス・レイとミッシェル・ルグランの2人が多かった。レイは「ある愛の詩」「白い恋人たち」「男と女 」「個人教授」 等が有名。ルグランは「シェルブールの雨傘 」「華麗なる賭け」「太陽が知っている」「 おもいでの夏 」「栄光のル・マン 」「愛と哀しみのボレロ」 等で有名。

80年代にポップスで「ユーミン」派と「みゆき」派というのがあった。それとよく似た構図で、それでいうと僕はルグラン派だった。あの「おもい出の夏」のテーマソング。美しすぎて怖いくらい。映画自体よりも音楽の方が良かったマックイーンの「華麗なる賭け」。「シエルブールの雨傘」は映画を見なくても、曲だけで泣いてしまう。

音楽の凄さを感じたものだ。当時は他にもジョン・ウイリアムス。ジェリー・ゴールドスミス。ニーノ・ロータ。モーリス・ジャール、バート・バカラック、バーナードハーマン、お馴染みの音楽家がいた。ジョン・ウイリアムスは今も健在。あの「スターウォーズ」の作曲家。「インディジョーンズ」も「スーパーマン」も「ET」も全部彼の作品だ。

日本映画はどうしても音楽を軽く見ているような気がして、実際、スタンダードになる映画音楽はほとんどない。海外の映画。特にアメリカ、フランス、イタリアは誰もが知るスタンダードナンバーがかなりあるのに、その違いは何だろう?やはり日本の監督たちは音楽を軽視しているのではないか?と思えたり。

タラのテーマ(風と共に去りぬ)、ゴッドファーザー愛のテーマ、ある愛の詩、と、誰もがどこかで聴いたことがあり、映画を離れて生き続ける曲の数々。やはり、映画作家たちが音楽の重要性を理解し、愛があったからではないか? 僕の先輩監督。ベテランのその人は、

「この場面は大事だから音楽なしで行きたい」

と言っているのを目にしたことがある。やはり、音楽は添え物的な位置ずけなんだろう。

「ここは間延びするから、音楽を入れて欲しい」

とか、映像や芝居の不味さを軽減するための材料のようなことをいう。そもそも、監督という人が音楽に興味ないことが多い。クラシックファン、ジャズファンの監督ってあまり聞かない。あ、黒澤明はクラシック好きだった。イーストウッドはジャズが好きで、「バード」という映画まで撮ってしまった。ミッシェル・ルグラン死去のニュースでそんなこと。いろいろ考えた。


51252474_2441878215886468_7387041855868764160_n.jpg
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 1

音楽出身で今は演劇関係の者です

はじめまして。通りすがりの者ですが失礼致します。

同じような世代の共通体験をお持ちのようで、思わず書き込ませていただきたくなりました。
ことに「日本の監督は音楽を軽視してるのではないか?」というご説に、感ずるところ大です。舞台の演出家にも、芝居(台詞)と音楽が両立しないと思っているかのような人が結構います。彼らの場合、軽視しているというより、音楽のことを知らない、素養がない場合がほとんどです。

映画も演劇も 総合芸術 という点で共通しており、演技だけでなく、美術にせよ音楽にせよ、相乗効果で作り上げていくのが基本であると思いますが、にもかかわらず、”専門ばか” に陥ってしまう関係者が多いと感じます。

漫画の巨匠である手塚治虫氏は、弟子やアシスタントに、漫画だけでなく、いい映画、いい音楽、いい本にたくさん接しろ!というようなことを力説していたそうですが、これは漫画に限らず、あらゆる表現を職とする者に必要とされる素養であると思います。

もともと日本は学業も、文科系、理数系、と専門化する傾向があるわけですが、欧米はこの垣根が低いようで、幅広い視野を持つ人材が多いですね。フランスの政治家にはオーケストラを指揮するような人もいると聞いたことがありますが、日本ではちょっと想像できません。アーサー・C・クラークなど、科学と文学の両方を極めているいい例ですね。

映画にしても、演劇にしても、若い頃から現場で肉体労働同然の
仕事ばかりを重ね、それで精一杯になってしまい・・・
専門分野には強くても、それ以外はよくわからない、という
”職人さん” になってしまう人が多いのではないでしょうか。

もともと音楽をやっていて、30代過ぎから演劇に関わるようになり、以上のようなことを日々痛感します。

ちなみに私はバート・バカラック派。ビートルズ、ビル・エバンス(jazz)と合わせ、マイ三大”B”です(笑)。

長々と失礼致しました。また寄らせていただきます。

by 音楽出身で今は演劇関係の者です (2019-02-27 02:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント