So-net無料ブログ作成

夢を否定しにくる大人たち。映画製作でPや役所がトラブルの元になること。同じ構図?=夢追う若い人たちに伝えたい大切なこと [映画業界物語]

50863676_2425120747562215_4378059721878274048_n.jpg

夢を否定しにくる大人たち。映画製作でPや役所がトラブルの元になること。同じ構図?

                   =夢追う若い人たちに伝えたい大切なこと

ここ続けて書いた「プロデュサーがキャスティングする弊害」「役所が起こすトラブル」どちらも共通するのは現場で戦った経験がない人が現場に口出しをしてトラブルを起こす、失敗するということだった。

これは映画製作でなくても、レストランの調理場でも、大工さんの職場でも、自動車修理工場でも同じ。現場に立ったことのない人たちが、現場の人選をしたり、作業を指示するのと同じ。現場で長年働くからこそ、分かること。調理でも、大工でも、映画でも、その分野を勉強し、実践している人たちが現場を指揮するべきなのだ。

これと以前に何度も書いた「夢」の話は同じ構図ではないか?と思えている。10代の頃。

「俳優になりたい!」「ミュージシャンになりたい!」

「作家になりたい!」「映画監督になりたい!」

と宣言すると、大人たちが束になって反対するのは、どこの町でも同じだ。僕もそうだった。大人たちだけでなく、同級生や教師まで反対した。不思議なのは、その中で1人も映画界で働いた人がいなかったということ。どんなに映画界で仕事をすることが厳しく、過酷なものか?誰も経験していない。にも関わらず...

「世の中、甘くない」「夢は所詮夢だ!」

「勉強したくない言い訳だろ?」

と言われた。これは先に紹介した映画製作の経験のない市役所職員、現場で演出したこともないPがキャスティングに口を出す構図と似ている。検証してみよう。

多くの若者は夢破れ、諦めて故郷の帰って会社員になったりするので、それら大人の指摘は正しかったようにも思えるが、僕の周りにいた大人たちを思い出すと彼らの指摘はおかしい。「世の中、甘くない」という指摘は一般論に過ぎない。もし「東大に入りたい!」「パイロットになりたい!」と主張しても、言えること。「映画監督になる!」という夢を具体的に否定するものではない。

大手企業に入るのだって大変。いや、今では「正社員になるのが目標」という若い人さえいる。何だって大変。「世の中甘くない」と言える。つまり、当時、大人たちが僕の夢を否定するために放った言葉には具体性はなく、一般論を語ってに過ぎない。映画監督になるには、会社員になるより、具体的に何が大変か? どう難しいか?は誰も指摘していない。

51081754_2444199575654332_6572044826173243392_n.jpg

つまり、知らない!のだ。映画監督になるにはどうするのか? どこが難しいのか? 全く知らない。「求人案内に出ている訳ではない。数が少ない。免許がある訳でもない。だから大変!」その程度。先の役所職員や現場を知らないPがキャスティンしてしまう背景と同じだ。

知らない。勉強していない。なのに、あれこれ口出しする。それがトラブルとなった。僕を批判した大人たちも、今考えると同じ。聞きかじった話で、勝手な想像をし、批判していただけ。Pが

「この俳優は事務所が大手だ。人気上昇中だ。主役にしよう!」

と演技力やセンス。相性を知らずに決めたり。

「わが町出身の俳優だ。主役にしよう。町が盛り上がる!」

と一面だけ見て決めるのと同様。何も知らない。調べてもいない。だから失敗する。つまり若い人の夢を、批判する大人たちも同じだと気づく。だから、若い人に言いたい。

「大人の忠告や批判を聞いてはいけない。ほとんどは何も知らずに言っているだけだ。調べたり勉強したりはしない。時にはー君のために言うんだよーと言う言い方をする大人もいるが、君のことを考えてなんていない。それなら君が目標とする仕事について勉強するはずだ。

俳優でも、作家でも、歌手でも、漫画家でも、アートを志すと大人たちは反対する。でも、彼ら彼女らは何も知らない。そんな人たちの言葉に耳を貸す必要はない。足を引っ張るだけだ」

ただ、あなた自身は目指す業界を徹底して調べて、どうすればその職業に就けるか?勉強しなければならない。憧れているだけではダメだ。そして努力すること。道を探すこと。実力を養うこと。映画製作も、夢を掴むことも方法論は同じであること。感じてしまう。



 dvd   pakeage.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント