So-net無料ブログ作成

脇役は主人公のために存在するのではない。人生と同じでそれぞれに物語がある!=それを実践したのが「アベンジャーズ」シリーズ? [2019]

18300962_1447173618690271_5675327720721269960_n.jpg

脇役は主人公のために存在するのではない。人生と同じでそれぞれに物語がある!
=それを実践したのが「アベンジャーズ」シリーズ?

先に「アベンジャーズ」シリーズはテレビドラマしかできなかった表現法ー多くのキャラクターの背景や歴史、思いを表現することーで、より観客に感情移入や共感をさせ、ドラマを面白くさせると書いた。
それに気づいたのは、僕自身がシナリオを書くときに、いつも考えていたことだからだ。

下手なドラマというのは、主人公のために脇役を配置する。ヒロインが可愛い、美人というのを引き立てるために、友達役はデブ、チビ、ブスにしたり。強さを表現するために弱い相棒を配したり。物語を盛り上げるために、嫌な同僚を用意して、秘密を知られる展開にしたり。全て主人公の物語を進めるために、脇役を利用している。

しかし、現実はそうではなく、それぞれにドラマがある。悩みがあり、葛藤があり、夢があり、悲しみがある。それと対峙して行くのが人生だ。にも関わらず古いタイプのドラマ。出来の悪いドラマの脇役はただただ嫌な奴だったり、主人公を応援するばかり。なぜ、そこまで尽くすのか?表現されていない。あるいは「友達だから」という理由で済ませるドラマが多い。

また、主人公がある問題を抱えているとき、脇役たちは何ら問題がなく、主人公に協力する。そして出番がないときは、変化のない人生を送るだけ。展開があるのは必ず主人公と接しているときだ。簡単にいうと、仮面ライダーでも、ウルトラマンでも、彼らが行った先でしか事件は起きない。

その方が物語を作るのに都合がいいのだが、それは現実とは違う。あれこれ考えて、僕がシナリオを書くときは全員が主人公と思って書く。ただ、それでは物語が混乱するから視点は決める。例えば「向日葵の丘」では多香子(芳根京子&常盤貴子)だ。

高校を卒業後。大人になった多香子は東京で脚本家をしている。同じように他の2人もそれぞれに展開しており、みどり(田中美里)は結婚。子供がいる。が、不治の病。エリカ(藤田朋子)はアメリカで生活。あれ以来、故郷へは帰っていない。皆、それぞれに問題を抱え、現実にぶつかり、悲しみと対峙している。それぞれにドラマ(人生)を演じているのだ。誰を主人公にしても物語ができる。

3人がふとしたことで再会。そのことで3つの物語が交差。その部分を映画にしたのが「向日葵の丘」である。これはみどり視点でもドラマにできるし、エリカ視点でもできる。それを多香子で描いているだけ。それぞれに人生が存在する。メインの3人だけではなく、脇役である北さん(レンタルレコードをオープン)やマリン(俳優を断念したフリーター)たちにも、それぞれにドラマがある。

映画の中では詳しくは描かれないが、北さんは大阪で両親が結婚。やがて家族で静岡に越して食堂を始める。が、父が死亡。母と姑が店を続ける。だから、母と北さんは関西弁だが、姑は標準語。一角千金を狙いあれこれ手を出し、レンタルレコードを始め成功するが、店は潰れて借金がかさみ、ヤクザに殴られて死ぬ。彼を中心とした物語を作ることもできる。

マリンはアメリカ映画が大好き。マリリン・モンローに憧れており、劇団に入った。芝居はうまいが、あがり症で舞台に立つとだめ。劇団を辞め、自分の殻に閉じこもり、北さんの母の店でアルバイト中。そんなマリンは多香子たちの8ミリ映画に出ることで、自分を取り戻して行く。と、こちらも主人公にして1本の物語が作れる。

他のキャラも同様。でも、それぞれ時間をかけて描く余裕はない。設定だけ作り、ちょっとした台詞やリアクションで、それらが分かるようにしてある。現実というのはそうしたもので、皆が人生と言う名の物語を演じている。主人公と出会ったところからドラマが始まる訳ではない。他人のために存在するのではなく、自身の人生を生きている。そんな観点でいつもシナリオを書くので、登場人物、全てに物語を作っている。

だが、それはなかなか難しく、俳優さんはそれを理解して演じてくれているし、演出もそれに沿って行うが、劇中で詳しく背景を説明する時間的余裕はない。それを実現したのが「アベンジャーズ」だ。それぞれが主演作を持つことで、人生を生きている。悲しみ、悩み、葛藤を詳しく描くことができる。

アイアンマンも、キャプテンも、ハルクも、スパイダーマンも、そしてまだ主演映画のない(今後、作られる)ブラックウイドウもそれぞれの人生を生きていることを描ける。

これはテレビドラマなら可能だった「ガンダム」なら、シャアにはシャアの人生と物語がある。1年戦争で、たままたアムロと敵対しただけであり、主人公アムロを立てるために作られたキャラではない。だから、彼を主人公に「ジ・オリジン」を作ることができた。

「ウォーキングデッド」でも「プリズンブレイク」でも多くのキャラの背景が描かれているが、映画はその時間がないこと。どうしても主人公に都合のいい、物語を進めやすい脇役を作ることが多い(テレビドラマでも、その手は多くあるが)そうではなく、それぞれに人生がある方がドラマとして面白く、深みも出る。それを映画で実践したのが「アベンジャーズ」なのだ。その意味で画期的な作品と言える。


58443247_2629706260436995_1645298239047467008_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント