So-net無料ブログ作成

映画職人たちは素晴らしい!=手抜きしない、毎回全力、お金じゃない。そんな人たちが存在する映画界。 [映画業界物語]

10259946_628061193934855_4679467323963031595_n.jpg

映画職人たちは素晴らしい!
=手抜きしない、毎回全力、お金じゃない。そんな人たちが存在する映画界。

映画の世界は俳優だけではなく、スタッフでも素晴らしい人達がいる。もちろん全員ではない。クソみたいな奴らもウジャウジャいる。クソ以下の連中もいる。だが、そうではない人達も結構いる。映画撮影でも昼頃にはランチタイム。基本は1時間。ロケ弁が配られ、各自は思い思いの場所で食べる。

が、ほとんどのスタッフは弁当をかきこむように食べてしまう。味わっているとは思えない。10分ほどで立ち上がり、弁当のカラを決められたゴミ箱に入れてロケ現場にもどる。そして機材の調整や午後からの撮影の準備を始める。これサラリーマンで言えばランチを食べて、1時までに会社に戻れるようにコーヒーでも飲むか? タバコ吸いながら同僚とダベろうか?という時間。

それをスタッフは食べている時間が惜しいかのように現場に戻る。撮影部も、照明部も、録音部も、演出部も戻る。制作部は弁当の片付け等があるので、その場に残るが、彼らは弁当を配るので、一番最後に弁当を食べる。そして他のスタッフより先に食べ終えて片付けにかかる。皆、本当に凄い。一部の人だけか?と思ったら、5本の映画。全てのスタッフが同じだった。

本来、ランチの1時間は休憩時間。ハードな撮影なのだから、休むべき時間だ。なのにそれをしない。午後からの撮影準備に時間を使う。よりいい仕事をするため、よりいい作品にするため。そして1時再開なら、1時からすぐ撮影ができるようにする。ある撮影なんて午後1時再開なのに、10分前に全スタッフが揃っていて、準備も終わっていた。誰が指示した訳でもない。

「監督、あと10分ありますけど始めますか?」

と演出部チーフに言われて撮影を再開したことがある。なんとも凄いやる気だ。堅気の友人に話すと驚いていた。

「俺の会社なんて、1時から午後の仕事と決まっていても、10分15分遅れて戻ってくる奴がいる。デスクに着いてもダラダラして、仕事始めない。どうせ月給安いんだから、真剣に働くと損だ!という思いがにじみ出ている。上から言われたことしかしないし、自主的に何かをしようなんて考えない。ダラダラ仕事して、残業に持ち込み、それで残業代を稼ごうとかいうやつも多い。なんで映画人って、そんなに働くの? ボーナスだってないんだろう?」

その通りだ。ボーナスもない。そして不況が始まった頃から映画の製作はどんどん削減。一番下げられたのが人件費だ。特に僕が担当する作品は低予算だ。でも、だからと言って手抜きする者はいない。懸命に仕事をする。それはもう仕事というレベルではない。アーティストとしての作品作りだ。あるカメラマンはいう。

「僕が撮影したものは映画として10年、20年、いや100年先まで残るものです。そんな作品で手抜きしたら、いい加減な撮影をしたら、100年恥ずかしい思いをするでしょう? だから全力でやるんですよ」

本当に凄い。もちろん、ギャラ以上のことは絶対にしない人もいる。撮影より撮影後に飲みに行くのが楽しみなオヤジもいる。だが、それはむしろ少数派で、少なくても太田組にはいない。多くのスタッフは全力で仕事。妥協せず、真剣にいいものを作る。プロの職人なのだ。そんな人たちと仕事をするのは楽しい。こちらもいい加減なことはできない。それが素晴らしい作品作りに繋がる。僕の作品が毎回、高い評価を受けるのは彼らがいてくれるからだ。映画職人に幸あれ!



61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント