So-net無料ブログ作成

トーク番組を見て勉強。=舞台挨拶やラジオ番組で役に立っている?! [映画業界物語]

59918764_2663372287070392_332008221885595648_n.jpg

トーク番組を見て勉強。
=舞台挨拶やラジオ番組で役に立っている?!

スピーチについて書いたら意外に反響あったので、もう一つ。関西で生まれ育った人なら分かると思うが、トークというのは「真剣勝負」。格闘技と同じ。相手がジャブで来るか?ストレートで来るか? それが来たら、即座に返す。どう返すとウケるか? 予想はしておくが、違えば別の返しをする。コンマ0秒の戦いだ。真剣勝負ではある

が、プロレスの要素もある。

相手の技をしっかり受けて、痛がったり困ったりという反応も大切。勝てばいいというものではなく、大げさに喜んだり、嘆いたりすることも大切。予定調和もダメ。時には凶器(?)を使ったり、場外乱闘もあった方が盛り上がる。その意味ではやはりプロレスだ。関西で生まれ育てば、その辺、日常生活で鍛えられる?たけしにして「お笑いは東京で10年修行するより、関西に1年住む方が勉強になる」と言う。

以前にも書いたが、映画公開、初日の舞台挨拶。ワイドショーなので報じられるが、本当に詰まらない。司会者が差し障りのないことを聞き、俳優が真面目に答える。監督のコメントは特に詰まらない。登壇する意味ないだろ?と思えた。僕が映画で舞台挨拶をするときは絶対にああはしない!と長年考えていた。

youtubeを調べてもらえればいくつも、太田組の舞台挨拶が上がっているので見てもらえるが、いつも僕が司会して俳優が答えるという形。必ず笑いを取るようにする。見ていて聞いていて楽しいものにする。舞台挨拶だって映画の一部だ。観客に喜んでほしい。実は昔からテレビ番組を見て研究していた。

古くは「テレビスクランブル」の久米宏と横山やすし。

「パペポTV」の上岡龍太郎と鶴瓶。「松紳」の松本人志と島田紳助。彼らのトークはなぜ、面白いか? ゲストも出ないで2人がしゃべっているだけでも1時間くらい聞いてしまう。まさにトークの基本が全部詰まっている。まさに漫才だ。2人がいてボケとツッコミ。リズム、テンポ、トーン、ネタ。オチ。いろんな大切なことがある。

しかし、上記は両者ともにプロ。舞台挨拶の場合。俳優は喋りのプロではない。俳優は意外にフリートークが苦手なのだ。セリフが用意されていないと苦戦する。その場合は、トーク番組で考えると、司会者とゲストという形。トークの下手な俳優が出ても、司会者が上手ければ話は盛り上がる。

その名人は萩本欽一。「欽どこ」「欽ドン!」「週刊欽曜日」

と喋りのプロではない俳優やタレントが出るが、彼ら彼女らから見事に笑いを引き出す。明石家さんまも同じスタイル。「さんまのまんま」「さんま御殿」「カラクリTV」と喋りができないタレントから素人まで。彼にかかると爆笑のトークになる。

トークの達人は久米宏だ。アナウンサー出身ではあるが、棒読みをするのはニュース原稿だけ、報道番組でも話口調で語る。それもトーンを変え、ボリュームを上げ下げして、視聴者を飽きさせない。笑いも忘れない。その辺の芸人では叶わない。

そんな人たちのトークを見ているだけでも勉強になる。自分は誰に一番一番近いのか? 誰のスタイルなら真似できるか? そんなことを考えて実践すればとても勉強になる。そして漫才の方法論。ボケる。突っ込む。真面目な番組でも、情報番組でもそれは大事な手法だ。

あるラジオ番組にゲストで出たとき、

アシスタントの女性たちが本当に酷くて、気分だけはプロで中身は女子大生という連中がいた。トークになっていない!あまりに酷かったので、チャンスを探してわざと怒って、突っ込んだ。彼女たちはあたふたして、司会者がフォロー。でも、単に怒鳴るだけでは視聴者が驚く。番組としてアウト。だから、関西弁で「なんじゃそれはー! あかんやろー」と笑えるツッコミにした。

ある意味で予定調和を超え盛りがったが、彼女たちは番組スポンサーの事務所所属だったので「もう番組に呼ばれないかも?」と思った。ら、会社からメールが来た。

「ぜひ、定期的にゲストで来てください。皆、勉強になります」

と書いてあった。なかなかのスポンサーさんだ。トークは真剣勝負。それを理解してくれていた。



61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント