So-net無料ブログ作成

「流星の絆」厚い文庫本だが、面白くて数日で読んた。しかし? [読書]

64637254_2762452403829046_8794364740252991488_n.jpg

「流星の絆」厚い文庫本だが、面白くて数日で読んた。しかし?

ものすごく複雑なトリックがあるとか、「犯人は誰だ!」という謎がある訳でもないのに読み出したら止まらない。犯人は途中で分かる。が、いかにして、その人物が犯人であるか?を証明するところに物語は集約されていく。あー〜ー早く連絡しないとマズイ!と、ハラハラしたり、えー〜ーそういうことかーー!と驚く展開もあり、厚い文庫本を数日で読んでしまった。

が、最後の最後に真相が明らかになるところが期待外れ。え? それで終わり? というものだった。その人が犯人というのはある意味でミステリーの禁じ手だし、殺された両親の話がテーマに結びついてこない。先に読んだ「祈りの幕が下りるとき」のような感動的な親子の絆になっていない。何なんだこれは! 最後の最後までは物凄く面白いのに〜。

一つには東野圭吾は多作。かなりの小説を出版している。となると、全てが名作という訳にはいかない。どうしてもレベルが下がるものも出てくる。ただ、人気作家だし、技術はある。着想もいい。それがこの作品だったのかもしれない。家族の隠された背景ドラマがあれば名作になったが、限られた時間で描かねばならない。

人ごとではない。僕も感動ドラマを考えるのに何年もかける。毎日考える。暇さえあれば考える。それでも観客が涙するシーンは何年に1つくらいしか思いつかない。人気作家の場合は年に数冊本を出す。当然、レベルが低くても出版せねばならない。そう考えると「流星の絆」はいいところまで行ったが、感動の結末を考える時間が足りなかったのだと思える。

が、まあ、あの厚い本を数日で読ませる筆力には恐れ入る。もう少し彼の作品を読んでみたいので、次は「天空の蜂」に挑む。これは原発が絡む物語だ。



61328389_2713611712046449_5637045108852391936_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント