So-net無料ブログ作成

「明日にかける橋」脚本はどのようにして書かれたのか?② =登場人物に街を賞賛させてはいけない? [映画業界物語]

64818349_2762587693815517_4832284184519114752_n.jpg

「明日にかける橋」脚本はどのようにして書かれたのか?②
=登場人物に街を賞賛させてはいけない?

さて、前回は物語の大筋ができるまでを紹介した。が、まだシナリオは出来上がりではない。タイムスリップして過去に行き、若き日の父母に出会い、弟を救う=それはまだ第一段階だ。そこからロケ地の魅力を取り入れていく。地方映画で一番多い失敗は物語内で地元を賞賛すること。例えば大根作りに努力する家族の物語。

「こんなに苦労して私たちは大根を作り、全国に出荷しているのです!」

それではPR映画。そのこと何度も記事にした。自画自賛では他県の人が映画を見てくれない。あと、地元の名士。地元企業の創設者、政治家の生涯を描くドラマ。その種のものは市民の支持を得られるが、他県の人はどう見るだろう?

「***会長のお陰で街は発展し、雇用が増えました!」

そう、よかったね? それで終わってしまう。多くの地方映画は自分たちの自慢や苦労を伝えようとしがち。それを多くの人に知ってほしいと思う気持ちは分かるが、他県の人たちは見たいとは思わない。あなたの出身地ではない街の名士の立身出世物語を18000円を払って見たいと思うだろうか? 見るのは地元だけだ。

それが田中角栄とか、笹川良一ならば同郷でなくても興味を引くが、地元で有名なだけの政治家や社長では全国には通用しない。もちろん、地元だけで見ると言うのならいい。が、映画は全国に、世界に発信できるメディア。もし、その人をアピールするなら別の切り口が必要だ。


21762584_1625851607489137_4040476644256154419_o.jpg

前置きが長くなった。太田組の場合。基本物語は全国どこで通用するストーリーにする。そのことで全国区になり、世界標準になる。ハリウッド映画がまさにそうだ。舞台はアメリカだが、世界のどこで見ても分かる物語になっている。次に「バック」ではデロリアンでタイムスリップする。こちらはどうしようか?考えて、シリアスなドラマなので乗り物はやめて橋を渡ると言う行為にした。

と言うのはロケ地・袋井市(当初はこの街のみで撮影予定だった)には橋が多い。それぞれにユニーク。豪華版あり、貧しいものあり。だから、この街が舞台なら橋を渡ると言うのがいいなと思った。大林宣彦監督の「転校生」ではお寺の階段を転げ落ちると男女が入れ替わると言う設定だったが、ロケ地・尾道はお寺が多い。その意味で町感ある設定が大事。

60355478_2673523416055279_309622032000090112_n.jpg


最終的にロケ地になったのは袋井市、磐田市、森町だ。いずれも美しい自然、田園、茶畑、お寺、川、海がある。それらがロケ地になるように物語を設定する。せっかく田園風景があるのに都会的な場所でばかりロケするのはもったいない。

21587100_1623651774375787_7524833448009590687_o.jpg

そこで身代金の受け渡し。健太が監禁される場所はお寺。

21765846_1625878647486433_80690654013188395_o.jpg

通学路は古い蔵がある場所。家出するバス停は昔懐かしい商店街。

21752944_1623651574375807_2990223720129051922_o.jpg

21765687_1623652084375756_772445274525640321_o.jpg

と言う風にその街にある素敵な場所を当てはめて書く。ただ、登場人物がそのお寺の歴史を紹介したり、観光案内的な説明はしない。

「これは観光PR映画なのか...」

と思われる。それだけで観客は落胆。「騙された」となる。それを多くの地元は勘違い、「それこそが宣伝になる!」と思いがち。それならPRビデオかCMを作って欲しい。映画は観客が入場料を払って見に来るもの。金を払って宣伝を見たい人はいない。

物語に感動すれば、その背景となった街は「感動の街」として記憶される。LAのグリフィスパークに行けば

「ここでJ・ディーンが!」

と映画「理由なき反抗」を思い出す。フェラデルフィアに行けば

「ここはロッキーが駆け上った階段!」

と感動できる。でも、どちらの映画でもグリフィスパークやフィラデルフィアの歴史紹介はない。同じように「明日」でも、明日橋に行けば

「あーーここがみゆきが走った橋だ!」

41319031_2154612754613017_1378296030814011392_o.jpg

と多くが感動してもらえるようにしたい。それには観光を持ち込んではいけない。でも、地元感が出るように、ロケ地はしっかり選ぶ。そのロケ地がはまるように場面を作る。ここが一番難しいところ。ある映画では市役所の職人が

「街の名前が5回台詞で登場するのでまあいいだろう」

とか言っていたが、正反対。街の名前を連呼するほどに、映画への評価が下がる。映画はPRではないが、感動物語はPR以上に街をアピールするのだ。

61328389_2713611712046449_5637045108852391936_n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント