So-net無料ブログ作成

良くも悪くも監督のテイストやカラーが出るのが映画なのか? [映画業界物語]

60395474_2680981498642804_2226669470410080256_n.jpg

良くも悪くも監督のテイストやカラーが出るのが映画なのか?

北海道に行ってきたので、同地を舞台にした映画を見た。豪華キャスト。大作。製作費もかかっている。雪の大地が美しい。なのに、面白くない。俳優は皆、熱演しているのに空回り。なぜだ? せっかくの俳優の芝居が伝わって来ない。皆、演技派のベテラン。下手というのではない。なのに共感も感情移入も出来ない。虚しいだけ。

撮影もいい。美術もいい。雪の中のロケは大変だと思える。同じ北海道を舞台にした映画なら「駅」は名作だ。「鉄道員」も良かった。何が違うのか? 監督も有名な人。あの作品は大好きだ。しかし、彼のプロフィールを調べて、フィルムグラフィを確認すると、その映画以外、有名作品はあるが、どれも本当に面白くなかった。

ある有名舞台の映画化。オリジナルを舞台で見ているが、めちゃめちゃ面白かった。にも関わらず映画版は最低だった。主役は同じ俳優。あの時も考えた。舞台をそのまま映画にしてもダメなのか? でも、その監督の作品。あれ以外はどれを見ても面白くない。どれも盛り上がらない。俳優は熱演しているのに伝わって来ない。

ああ、この監督のスタイルなのだと気づく。盛り上がらない。淡々と描く、一本調子。言葉では問題を指摘できるが、うまく説明できない。同じにカメラを置き、俳優を立たせ、芝居をさせる。映像を編集して繋ぎ、音楽をかける。なのに全然ダメ。何がいけないのだろう?

言えるのは監督のカラーが出ているということ。森田芳光が撮れば森田テイストになるし、黒澤明が撮れば黒澤テイストになる。その意味で、その作品はその監督のテイストになっているということか? しかし、悲しい物語であり、役者はよくやっているのに、まるで悲しみが伝わらない。その理由を考えている。



61328389_2713611712046449_5637045108852391936_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント