So-net無料ブログ作成

留学から帰国してもう30年。映画監督始めてまだ15年かあ?! [2019]

10259946_628061193934855_4679467323963031595_n.jpg

留学から帰国してもう30年。映画監督始めてまだ15年かあ?!

帰国した時はまだ20代。それがあと数年で60歳ということは、それだけの年月が経ったということだ。若い頃は「スピルバーグのように20代で監督デビュー」というのに憧れたが、ある時、それは意味がないことを知り、遠回り。でも、「あのとき留学せねばVシネマくらい撮れたかも?」と言われたりしたが、5年がかりで脚本家に、さらに2年後に監督デビュー。さらに8年がかかり映画監督デビューした。

その後、6本の映画を完成させたが、帰国から30年近くが経とうとしている。前半の15年は映画監督になるまでの年月。残りが監督として作品を作り続けた年月。15年で6本だから、2?3年に1本は撮っている。まあ実際は2年連続ということや、2本同時進行ということもあったので、割合を出してもあまり意味はないのだが。

例えば「明日にかける橋」は2017年撮影だが、準備は前年からスタートしている。公開は翌2018年。DVD発売は今年。そんな風に1本の映画を担当すると3年ほど拘束される。6本で[×]3年=18年。15年があっという間に過ぎるはずだ。

それが今年、6本目の作品。長編「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」を完成。「明日にかける橋」も並行して進めていたので3年間休みなし。そのために初夏に過労でダウン。にも関わらず良くなりかけた頃に北海道=沖縄と続く仕事があり、直後に講演会。風邪までひいて再びダウン。にも関わらず「れいわ」の応援にふらつきながら行って撮影。そしてこの猛暑。自宅入院生活に逆戻り。しかし、

しかしだ。もし、いま、新しい作品の依頼があったら、体力的にも厳しい。そしてまた、あれこれ映画以外のことをやる時間がなくなり、全力投球してしまう。この時期はもしかして大切なものではないか?と思える。2作目の「青い青い空」の後も半年間寝込んだ。そのために311を自宅で経験。原発事故報道をずっとテレビで見ていた。リハビリ期間に原発の勉強。それが3作目の「朝日のあたる家」につながる。

「朝日」をやったことで原発問題から政府のカラクリが見えてきた。それが分かっていたので「沖縄戦」で同じ構図があることを理解した。与えられた仕事をするだけでなく、それ以外のことを知り、学ぶことが後々、生きてくる。それと、時々立ち止まり、振り返ることの大切さも感じる。良く「終わったことを悔やんでも仕方がないから、過ぎたことは忘れて前向きに進もう」という人がいるが、あれは大間違い、友人でもいたが、彼は同じ失敗を繰り返してばかりいた。

振り返ることで、何が正解で何が間違っていたか? 何を得て、何を失ったか?を見つめる。悔やみ、反省し、どうするべきだったか?考えて、それを次に活かす。ただ、映画製作をしていると、そんな時間がなかなか取れない。でも、それが今なのだろう。30年の戦いを今一度、振り返ってみたい。


61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント