So-net無料ブログ作成

明日にかける橋ー日記 8月22日 撮影8日⑫b 夕飯食べずに仕事に呼ばれるスタッフ [「明日」撮影]

21686957_1624605604280404_2458789830889781705_o.jpg

夕飯。弁当が配られる。それを受けとったスタッフが各自席に付き飯をかき込む。彼も弁当を受け取り、僕の前に座る。「いよいよ、次は宝田さんのシーンですね」と話かけて来た。そう、彼も「ゴジラ」世代。その主演俳優との仕事は嬉しい。

彼は弁当の蓋を取り、食べようとした瞬間。「***さん。俳優の***さんを(車で)迎えに行ってください!」とPからの指示。「えー今、飯食べようとしたところなのに〜」「でも、**さん。もうホテルのロビーで待っているそうなんです」「分かりました!」と彼は食べかけた弁当の蓋を閉じて席を立つ。

本当に申し訳ない。でも、次のシーンに出演する俳優を長時間ロビーに待たせる訳にはいかない。もし、迎えが遅くなり現場戻りが遅くなれば、スタッフがその間にただただ待つだけ。それを理解している彼は弁当を置いて出発する。自分が弁当を食べるより、現場がちゃんと進むことが大事と考える。

いつも感じることだが、そのシーンを撮影してするときに、そこで出演する俳優さんがすでに来ているということは、凄いことなのだ。つまり、俳優を迎えに行くスタッフがいて、その俳優が撮影を待つ部屋を借りてくれたスタッフがいて、俳優に衣装を着せ、メイクをするスタッフがいて、その俳優を撮影現場まで連れて来てくれるスタッフがいる。

だからこそ僕は「じゃあ、お願いします!」と、その撮影場面の説明をすぐに始められる。これが「***さんは?」「まだ現場に来ていません!」となると大変。10分、20分の遅れが大きな問題に発展する。あと5分あれば太陽が沈まないで撮影できるということがある。俳優が到着しないことが原因で、押し押しになり、時間が足りなくなり、最後まで撮りきれずとなることもある。

それは予算超過に繋がり、他の日の撮影が増えることになる。俳優も別日に呼ぶ。交通費がかかる。宿泊費が必要。さまざまな問題が出て来る。先に上げた俳優と接する様々なスタッフの誰か1人がさぼったり、ミスをすることで、そんな事態が起こりえるのだ。だから、彼は弁当を置いて俳優を迎えに行く。そんなスタッフ1人1人の奮闘、がんばりがあるからこそ、撮影は順調に進む。感謝。


21316536_1606805146060450_136351002334616506_o.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

明日にかける橋ー日記 8月22日 撮影8日⑭ 葛城・北の丸表 [「明日」撮影]

21587328_1624596094281355_2930351425838429282_o.jpg

宝田明さんのシーン終了後。葛城ー北の丸表でナイター。先に出演してもらった栩野 幸知さんの場面を撮影。物語のメインは1989年だが、この場面は現代。花火大会の夜である。

21762587_1624596387614659_3498069697851550244_o.jpg

照明部さんが開発(?)してくれた花火ライトを用意。花火を見上げるシーンを撮影する。いろんな機械を組み立てるので時間が必要。その待ち時間にぶどうの差し入れ。感謝。

21762303_1624596450947986_786294596362925790_o.jpg

このシーンで8日目の撮影はようやく終了。しかし、まだまだ、撮影は続く!

21586541_1619833168090981_4022826938114002445_o.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

明日にかける橋ー日記 8月22日 撮影8日⑬ 葛城・北の丸ロケ 霧殿  [「明日」撮影]

21641197_1624590597615238_2032854316027577896_o.jpg

北の丸内で移動。霧殿という宴会等に使われる部屋での撮影。

21686712_1624590864281878_4886884904659916946_o.jpg

ここで宝田明さんがかなり長い台詞があるシーンとなる。

この場面こそ、この映画のメッセージがある。それを名優・宝田明が演じる!


m_image-62a12.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 

明日にかける橋ー日記 8月22日 撮影8日⑫ 夕飯 [「明日」撮影]

21949938_1624600540947577_574618758036790586_o.jpg

宝田明さんのシーン撮影前に夕飯。撮影場所の葛城・北の丸の一角をお借りして食事。スタッフは配られた弁当を5分もかからずに食べてしまい、次の現場に向かう。

食事時間は45分ほど取ってあるのだが、少しでも早く現場に戻り十分な準備をするためだ。この辺がプロ。若い子なら「食事くらいゆっくりさせてよ〜」といいそうだが、撮影現場ではそんな声は聞かれない。

むしろ僕が「少し休息した方が...」と思うくらいだが、僕自身も実は5分ほどで弁当を食べ現場に戻る。少しでも時間をかけて撮影シーンをよりよくするため。

現場に戻ると、スタッフが次々に到着。撮影再開時間前から準備がスタート。あるときは5分前に準備が出来ていて全員が揃っていた。「開始時間前だけど、やろうか?」撮影がスタートしたことがある。仕事に体する情熱が皆、凄い。

そんなスタッフがいてくれるから、素晴らしい作品ができる。このあとは宝田明さんの場面。


21587328_1624596094281355_2930351425838429282_o.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

明日にかける橋ー日記 8月22日 撮影8日⑬ 葛城・北の丸ロケ三 [「明日」撮影]

21641020_1623390304401934_6914378154058999575_o.jpg

シナリオ上では順番が逆だが、撮影の効率を考えると、その方が早いということがある。この日のこのシーンはまさにそれ。北の丸の廊下。遠州がわらが見える素敵な廊下で撮影。

ここを宝田明さんが報告を受けながら歩くシーン。とても絵になる。しかし、世界的に評価される「ゴジラ」(元祖)に出演した宝田さんが出演してくれるなんて、凄過ぎてまだ実感がない。

このシーンのあと。いよいよ、宝田さんに出てほしかった最大の意味ある場面の撮影となる


m_image-62a12.jpeg
nice!(1)  コメント(0)