So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画はこうやって宣伝する?!大作は1年前からスタート? [映画宣伝入門]

200811071672-3a6d9.jpg

映画の宣伝というのはいろんなものを使う。チラシ、ポスター、それらのデザインは新聞、雑誌広告としても掲載。或は予告篇ーそれらは映画館やCM、ネットで流される。その中で一番強力なのはやはり予告篇である。何といっても本編の映像が使われているので、印象が強い。「おーこれは観たい!」と思わせる。が、使い方によっては大変なことになる宣材でもある。

映画の宣伝は大作だと1年くらい前から始まる。そして公開3ヶ月前くらいから大々的に行なう。現在、上映中の「スターウォーズ 最後のジェダイ」も昨年の正月くらいから宣伝をスタート。公開前の秋くらいから本格的になった。というのも、1年前から大々的に宣伝すると、まずいことになるからだ。

例えば「SW」の予告篇を観る。レイが、ルークが活躍している。ライトセーバーを振り回す。ミレニアム・ファルコン号が飛ぶ。そんな映像を観ると「おーーー今回も面白そうだ!」と多くの人が思う。しかし、その予告篇を1月に観ても映画館公開は12月。「観たいーーー」という気持ちは12ヶ月も続かない。

おまけにその予告篇を映画館に行くたびに観ていると、次第に感動は減って行き、いつしかすでに映画を見た気にさえなってしまう。結果、映画館で上映される頃には興味はなく「え?」今頃上映しているの? という感じになってしまう。これでは宣伝どころか、映画を観る気をなくすキャンペーンである。

そうならないように、初期の予告篇にはあまり本編映像は出て来ない。その作品のイメージを伝える映像が流れるだけで12月に公開ということを伝えるだけの、俗に「特報」と呼ばれるものが流される。出演者は誰で、どんなジャンルの映画なのか?をテロップ等で紹介。そのあとに本編映像が入った予告篇が作られるが、これも見せ場は使わず、本編のそれなりの部分だけ。或は映像でやっと出演者が紹介される。

そんな風に公開に近づくほどに「おー」と思える場面が入って来たり「観たい!」と思える映像が入った予告篇になっていく。そして3ヶ月前になると最終版。「これは観なければ!」と思わせる予告篇になる。映画館で予告篇が流れるだけでなく、テレビやネットでも流され多くの人に目が触れる。そうやって映画館に来てもらうという戦略だ。

つまり、公開の1年も、半年も前から最終版の本格的な予告篇を流すと、公開までに映画を見た気になってしまうので、結果映画館には来てもらえない。少しずつ情報を出して行き、タイトルを覚えてもらい、映画の中身を知ってもらい、公開前に観客の気分が最高潮になり「早く観たいーー!」と思わせることが大事なのだ。繰り返し長期に渡り、宣伝することでより多くの人に関心を持ってもらうことも大事。

ただ、同じ宣伝を半年以上くり返していると「まだ、やってるのかー」と興味を失う人も出て来る。だから、毎月何か、新しいニュースを出すことも大事。予告篇でいえば、少しずつ見せ場が出て来る。宣伝でいえば上映映画館が決まる。映画祭出品が決まる。マスコミ試写会での評判が伝わる。そんなことで映画の噂を広げることも大切なのだ。

いずれにしもて映画宣伝はとても大変だし、むずかしい。けれど、そのことで多くの人が映画を観て感動する。劇場でヒットすれば日本各地の映画館に上映の輪が広がるし、海外上映も可能になる。DVD、ケーブル、衛星放送という展開も出て来る。その第1歩が最初の映画館公開。そこで惨敗すれば、その後の展開はなくなる。だから、最初の宣伝がとても大事なのだ。

明日にかける橋」特報③=>https://youtu.be/7t0YZDRhl64


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ー1989年の想い出」特報映像③ 動画でロケ地と出演者を紹介! [告知]



明日にかける橋ー1989年の想い出」特報映像① 

映画でロケされた場所。出演者を紹介する動画です。




26166215_1752333998174230_3580499742614314856_n.jpg





m_E382BFE382A4E38388E383AB.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ディレクターズ・カット」って何か知ってます?  [映画業界物語]


IMG_9104.JPG


「ブレードランナー」は「ブレードランナー ディレクターズカット版」というDVDが出ている。「ニューシネマパラダイス」「JFK」「ロボコップ」もある。映画によっては劇場公開されることも。「スターウォーズ」はエピソード4−6までは「特別篇」というタイトルで何年もあとで映画館公開された。それらは一体何なのか? 

基本、ストーリーは同じだが、初公開時にはカットされたエピソードが復活していたり、編集が違っていたりする。なぜ、そんなことがあるかというと、特にアメリカ映画は監督より映画会社、プロデュサーが権限を持っていて、映画館が求める2時間以内の作品にすることを要求するからだ。そのためにどうしてもカットせねばならないことがある。或は編集権がプロデュサーにあるので、監督の思う編集ができないこともあるのだ。

それを監督が主導で、時間制限を気にせずに再編集したがの「ディレクターズカット」なのである。それこそが本当に監督が作りたかった形。それを観たい観客も多いのでDVDでは「ディレクターズカット版」というのがときどき発売される。

だが、「スターウォーズ」の「特別版」は少し意味が違う。映画制作当時の特撮技術がまだ今ほどではなく、製作者で監督のジョージ・ルーカスが満足するできではなかった。そこで技術が進んだ数年後にその部分を直し、よりクオリティの高いものにして劇場公開したのが「特別版」である。

多くの監督たちは映画が完成すると「はい。仕事は終わりー!」と反省する機会も持たないことが多い。「終わったことをあれこれ言っても仕方ないしねー」という者もいる。が、巨匠たちはいつまでも作品にこだわり続ける。

ルーカスは「特別篇」完成後も直し続ける。その後発売された「ジェダイの帰還」DVDのラストシーンに登場するアナキンは、エピソード2&3で演じた俳優に差し替えられているし、エンディングのEウォークの祭りも、音楽を新たに作り直して、オリジナルにはなかったいろんな惑星の風景が加えられていた。

ルーカスの場合。エピソード5以降は全て自分でプロデュースしているので、映画会社からの横やりというのはなかったが、時間が経つことで気づいた問題点を直しているのだ。製作当時に技術面で不満足だったところ。また、映画完成間近はもうバタバタで仕上げるだけで精一杯ということが多い。年月が経つことで、客観的に観れるようになり、作品をより良くする方法が見つかる。

司馬遼太郎は小説を書き上げると原稿を箱に入れて何ヶ月も読み返さなかったという。映画も小説も完成直後はクリエイターも作品を客観視できないものなのだ。ただ、映画の場合は直すためには編集室やMAルームを改めて借りなければならず高額の費用がかかるので、時間を置いて直しというのはなかなかできない。が、近年は「ディレクターズカット」という概念が出来たので、その種の特別版を作る映画も多くなった。

映画監督というのは「完成」で終わりではなく「さらに良くしたい。あそこはこうしたかった.....」という思いを持ち続けるものなのだ。スタンリー・キューブリック監督などは手直しではなく「「2001年宇宙の旅」以外は全て作り直したい!」と言っていたらしい。フランシス・コッポラ監督も「地獄の黙示録」を手直し、2時間30分の映画をさらに長い3時間16分の「ディレクターズカット」を作ってしまった。

さて、僕も近いものがある。「明日にかける橋」の公開は今年の秋頃になる。時間はあるので、「ディレクターズカット」ではないが、直しをする、秘密の直しもあり。それはいずれ発表させてもらう。お楽しみに。


m_E382BFE382A4E38388E383AB.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画