So-net無料ブログ作成

「思い込み」が強く何を言っても「俺は違うから!」「才能あるから!」と自信満々の若者。どう助言するべきか? [映画業界物語]

55576898_2558476290893326_2183964447377195008_n.jpg

「思い込み」が強く何を言っても「俺は違うから!」「才能あるから!」と自信満々の若者。でも、成功した例を知らない。どう助言するべきか?

「思い込み」の怖さについて前回書いた。それが子供の頃から強い人。強くない人がいる。強い人は「表現」の仕事に向いているが、強すぎると単なる「勘違い野郎」になってしまい人生を棒に振りがち。そう言う人を何人も見てきた。精神障害と紙一重、何の根拠もないのに

「俺は才能がある」「私は認められた」

「チャンスさえあればブレイクできる」

と思い込んで技術を磨く努力をせずにいる。それを笑えないのは、多くの若い者が

「飛行機事故に遭っても私は死なない」

と言う根拠のない自信を持っているのに近いものだからだ。ただ、僕は夢を追う若い人に「世の中厳しいので、現実を見ろ」とは言わないことにしている。若い頃に散々言われた言葉だからだ。でも、僕は10代からの目標である映画監督の仕事に就いた。だから今、

「俺は俳優になりたい」「私は作家になる!」

と言う人たちも、その思いを実現する可能性は十分にある。だが、思い込みが強く、技術を磨く努力をせずに、監督やPに取り入ることしかせず。何の実績もないのに

「見る人が見れば私の才能は分かる」

と思っている人たちが多い。その種の人は残念ながら目的を果たすことはできない。そんな若者にどう助言すればいいか?時々考える。考えたのは、まず、ありもしない「才能」や「実力」をなぜ信じてしまうのか?以前にも紹介したが精神病、精神障害ではそんなことがある。

「俺は霊能力がある!」

と主張する人。「私は神だ」と言う人もいる。その辺は医学の問題だが、そこまで行かないが強い思い込みで

「才能があるから、いつかブレイクする!」

と言うありえないことを信じている若い人もいる。そのメカニズムを解説する。以前にも説明したが「思い込み」は「考える」工程で妄想や想像を交えて、無理やりたどり着かないはずの結論に結びつけてしまう。その場合、経験のなさ。知識のなさ。状況判断力の低さ。分析力の甘さが存在する。「小学校の楽劇会で褒められた」とか、これはまだ可愛いが、テレビドラマを見ていて、

「人気のアイドルがの演技が下手過ぎる。これなら私の方がマシ!だから、私の方がいい芝居ができる!」

と言う思いから、「女優になれる!」と思い込む若い人もいる。これのおかしな点は、テレビドラマは演技が上手いからと出演できるとは限らない。アイドルとして人気があれば下手でも、視聴率を取るために起用される。もし、仮に「下手だ」と思う人がそのアイドルより演技力があったとしても、人気、知名度はないので、ドラマに出演することはできない。そんな業界の事情を知らずに

「アイドルより私の方がマシ」=>「だから私ならドラマに出られる」

と言う間違った結論を出し、女優を志してしまう。そのアイドルの事務所の力で出演したかもしれない。その役は簡単そうに見えても、難しい役かもしれない。また、何より、すでにアイドルというのは大きなプラスであり「マシ」くらの演技力でドラマに採用されることはない。そのレベルは全国に何万人もいる。その中で自分のスペシャリティは何か?負けないものは何か? そこまで考えてはいないだろう。つまり、状況を分析し、なぜ、それが成立するのか? を理解する力がないので、

「演技下手なのにドラマに出ている」=>「私の方がマシ」=>「ドラマに出られる」

という都合のいい思考をしてしまう。だが、そんな若い人は多い。その背景となるのが、いつも書くことだが日本の教育だ。「考える力」を育てない。与えられたことを言われた通りにするのが今の教育。

物事のあり方。展開を客観的に考える。推理するという能力を育てる授業はない。与えられないと何もできない。やり方を教わらないと動けない。そんな教育の影響が大きい。テレビドラマを見る。演技力のないアイドルが出ている。先のような間違った解釈をしてしまうのは当然かもしれない。

また、「私は才能がある」とこれまた何かの間違いで思い込んだ若者は、技術を磨くということをせず「世の中コネだ」とか世間で言われることを真に受けてしまう。また、素人がよくいうように「大手事務所に入れば売り出してくれる」とまあ完全な間違いではないが、そんな簡単なことではないのに、それを信じ込んで事務所を探したり、PやDに取り入ろうとする。就職と同じ構図で考えてしまう。ある俳優事務所のマネージャーが言っていたが、

「事務所に入れると全てを段取りして、売り出してくれて、アイドルになれると思っている子が物凄く多い。ほとんどがそんなタイプ」

とのこと。これも与えられる教育の悪影響だろう。幼い頃から

「勉強しろ」「宿題しろ」

「単語を覚えろ」「数式を暗記しろ」

と言われて育って来たので、誰かがあれこれ言ってくれる。従えばいいと思い込んでいるのだ。芸能界はそんな世界ではない。いくら有名な大学を出ていても、与えられたことしかできない子達、考える力を持たない子たちが通用する場所ではない。しかし、そんな子は多い。

僕は夢追う子は応援するが、この手の子たちにかける言葉はない。そして説教しても理解しないことがほとんど。だから自分で気づくしかないと思うようになった。俳優になりたいなら、1年頑張ればいい。多少の現実が見えてくる。2年3年やれば答えは出る。

「なぜ、上手くいかない?」

その理由を考えればいい。が、多くはそこで「世の中甘くないんだ」という最も安易な結論を出して諦める。

でも、そこで「なぜ?」を考えれば次の道が見えてくるはず。甘くないのは当然のこと。実力や技術がないものが営業だけで認められるはずがない。それに気づいて本格的に俳優でも、歌手でも、アイドルでも目指せばいい。やり直しは効く。本当の戦いは「思い込み」から逃れ、自分で考える力を付けるところからがスタートだ。




 dvd   pakeage.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ベストキッド4」観た。そんなのあったんだ? [映画感想]

56669519_2591381480936140_444841629841358848_n.jpg

「ベストキッド4」観た。そんなのあったんだ?

オリジナルタイトルは「カラテ・キッド」1は留学前。2、3はLAで。1は大興奮!アメリカ映画で活躍する日本人に胸おどる。2は少し変な映画。3は結構面白く観た。知り合いのアメリカ人はこの映画を観てしばらく「**さん」と日本人を呼んでいた。

4があること知らなかった。帰国してからの公開。今回はダニエルさんではなく、女性が主人公。これは正解。マンネリを防ぐ。ただ、監督がジョンGアビルドゼンではない。そして、製作費もかなりB級の感じ。空手大会もない。

クライマックスは波止場で喧嘩。設定もかなり無理がある。パット・モリタのアクションも冴えない。元々カラテができる人ではない。お坊さんの描写が奇妙。何だかんだブロンソンの「デスウィッシュ」シリーズの最後の方に似たシリーズの知名度に頼っただけの安易な作品。

この後に1作目がリメイク。パット・モリタの役をなんとジャッキー・チェンが演じた。「カラテ・キッド」ではなく「クンフーキッド」だが、タイトルは「karate Kid」だった。後、1作目のミヤギ役。候補は高倉健だったという。でも、これはパットさんでよかった。

この後、パット・モリタは亡くなる。日系人でハリウッドで活躍する人は少ない。そんな1人が逝ってしまった。最後に彼の活躍。観れたことはこの作品の価値。


 dvd   pakeage.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画