So-net無料ブログ作成

Facebookは特殊なルールがあるようです。「いいね」押すとどうなる? [2019]

43172433_2198164496924509_3540851079832928256_n.jpg

Facebookは特殊なルールがあるようです。「いいね」押すとどうなる?

僕は4517人の「友達」がいる。もし、皆が1日1回記事をアップしたら、僕のタイムラインには4517件の記事が上がり、全てを読むことはできない。半分の2200人くらいが1日1回写真をアップしても全部を見ることはできない。そのさらに10分の1が記事をアップしても200件ほど。それでも大変だ。

しかし、Facebookのタイムラインを朝見て、数時間後にまた見ても、先の記事をいくつも見つけることが出来る。(基本、コメントが入るとライムラインの位置が上がる。「いいね」も少しは効果あるが、さほどでもない。何もないとどんどん下がって行く)

たまたま、その日はアップが少なかったのか? いやいや、4517人もいれば何百人かは数時間内にアップする。聞くと、全ての記事は流れて来ないという。もし、全部が流れてきたら大変だ。というのもあるが、「いいね」「シェア」「コメント」をしない記事(友達)のものは次第に制限され、その人のタイムラインに流れて来なくなるそうだ。

大きなお世話だ!何でそんなことをするかというと、「いいね」をたくさん押させて交流を活発にするためだそうだ。「いいね」を押されれば「友達」は喜び。「Facebookって楽しいなあ」と続けてしまう。そのための戦略。何だか、あれこれ操られているようで気持ち悪いが、逆の言い方をすると、僕の記事を読んでくれる人。「いいね」は意外に少ない。でも、

「読んでますよ。ただ、監督が気になさらないように『いいね』は押さないようにしています」

という人がいた。まあ、僕の場合は「いいね」が多いからと大喜びはしないが、Facebookルールにより「いいね」を押さないと次第に僕の記事が流れ行かなくなる。ある人に言われた。

「ここ最近、監督はFacebook書いてないんですね?」

そんなことはない。編集中だって、1日に2−3個記事をアップしていた。聞くと、その人も「いいね」押さなかったそうだ。

もし、僕の記事を読みたい!と思ってくれる「友達」がいれば、記事が面白くなくて「読んだよ」のつもりで、たまには「いいね」を押してくれると、明日も記事が届くはずだ。記事が読みたくて申請をくれたのに、それが届かないは悲しい。

ちなみに「記事。そんな面白くないよ。最近、政治のこと多いしね」という方は「友達削除」してもらってもいいが、何もしないと記事は流れて行かなくなるので、ご心配なく!


58380866_2620621131345508_6956524637744267264_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Facebook「友達」のことで悩んでいる人。意外に多い=みんなに好かれる必要はない。そう考えると楽になる? [my opinion]

57303331_2634366959970925_3044821166469414912_n.jpg

Facebook「友達」のことで悩んでいる人。意外に多い=みんなに好かれる必要はない。そう考えると楽になる?

Facebookの友達申請についての「お願い」ときどき告知させてもらっている。「***はやめて、***な人は削除だよ」というようなことを書いているのだが、毎回たくさんの「いいね」を頂く。ただただ傲慢な告知なのに、何でだろう?と思っていると、こんな声を聞いた。

「友達がやってるのでFacebookを始めた。最初は面白かった。知らない人とも友達になれて、あれこれ喋れたり、情報をもらったり。でも、その内、コメントに返事すると、コメントが何度も来るようになって、チャット状態になっちゃう。毎日、それが続くので疲れて来て...。

無視するのも悪いなあと思え、頑張って返事をする。とまた、コメントが来る。中身は大したことじゃない。けど、何で会ったこともない人の気持ちを考えて、疲れているのに返事してんだろう?って、いっそFacebookやめようか?と悩んでいます....」

その人が僕のFacebookの告知を見て「そうだよ!何で全員に返事する必要あるんだよ。その通りだよ」と感じたという。

「ただ、監督が言うことは正しいけど、それを私がやると、あれこれ批判されたり、大切な友達にまで嫌われるかもしれない。頭おかしい人に悪口を書かれるかもしれない。だから言えない...」

そんな話、何度か聞いた。Facebookで悩んでいる人は意外に多いのだ。僕の友達でも我が道を行くと言う人はほとんどやめてしまったし、あるいは最初からやっていない。逆に友達のいない人、問題があって友達ができない人はFacebookにハマるようで、あちこちにコメントし巻くっている。「面白そうだからFacebook始めよう!」と言う人と、そんな奴が「友達」になると大変。

57538083_2613846325356322_1215509958477479936_n.jpg

片方は友達いるけど、Facebookもやってると言う人。片方は友達欲しい。いっぱい話したい。返事をくれれば、何度もコメントしてくる。相手はやがて面倒になる。友達いない人は距離感の取り方や接し方が下手なことが多い。踏み込み過ぎて嫌われる。が、傷つけなくないと気遣いをする人は我慢しててしまう。やがて疲れる。

そんな風に1人は「友達欲しい」「いっぱい話したい」もう1人は「いろんな人と話せればいいな。ときどきでいいから」という場合は結果、揉める。また、日本人は直接クレームを付ける人は少数派。相手の気持ちを気遣う人が多い。そんなタイプは無神経な人のコメントに疲れてしまう。

僕も昔はコメントくれる全員に返事をしていたが、会ったことのない「友達」からコメント来て、年齢も職業も分からない。二、三度返事すると、10年の付き合いの友達でも言わないことをコメントしてくるようになり、

「だから、お前はダメなんだよ。しっかりしろよ!」

お前誰?ってことが何度もあった。思い込みが激しく、親しい友人という認識になってしまうのだろう。悪気はないのは分かるが、付き合ってられなくなる。そんな風に悪意はないが、困ったちゃん!という人がそこそこいる。接していると疲れる。ムカつく。でも、削除したら傷つくだろうな? 恨まれるかも? と友達削除できない。

「何で仕事でもないことで悩まなければならない.....」

そんなことが何度も何度もあった。「返事はしない」なんて告知したら「友達」ゼロになるかも?と思え踏み切れない。やがて「友達」1000人単位になると、遠回しに注意しても気づかない人。逆ギレする人。明らかに悪意を持って接する人も多数出てくる。そんな人たちのために時間を使うのはもったいない。決意して「返事はしない」と告知した。

でも、友達数は激減しなかった。むしろ増えて今は4000人台。Facebook社の陰謀?もあれこれ分かって来た。それに乗せられている人も多い。僕も二度ほど休止したが、今はメリットになる部分だけを利用している。

分かり易くいうと「みんなに好かれよう」はダメ。「嫌いな人はさようなら」という発想が大事。前にも書いたが地方社会では嫌いな人とも付き合わねばならない。それが心労となる。Facebookでまでそんな苦労をする必要はない。

僕は自身が作る映画の宣伝。そして応援してくれる方々への報告。あとは映画ファン。映画関係の仕事をしたい人にプラスになる話を掲載。僕自身が感じていること。社会、政治、マスコミ、事件について書く。議論はしない。交流もしない。読んでくれる人がいれば嬉しい。反論があればご自分のFacebookで。

そんなスタンスを取っている。みんなに好かれようとは思わない。支持、応援してくれる人が記事を読んでくれることが大事と考えている。もし、悩んでいるなら、Facebookを続ける目的は何か?考えれば答えは出るはずだ。


58380866_2620621131345508_6956524637744267264_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画