So-net無料ブログ作成

俳優という仕事。華やかなところばかり見ているから分からない過酷な生活。 [映画業界物語]

28059498_1821683161239313_4920575493736687493_n.jpg

俳優というお仕事。華やかなところばかり見ているから分からない過酷な生活。

ある若手俳優さんと精神病について話していた。通常、その手の話をすると皆、嫌がる。「お前こそが精神病じゃないか?」という目で見られる。が、彼はとても興味深そうに話を聞いている。訳を聞くと、

「精神に異常を来たす俳優は多いですから。周りにも結構いますよ。特に女優に多いですね...」

確かにそうだ。俳優業は物凄い神経を使う。カタギの人が考える以上に過酷な仕事。もともとが繊細でナイーブなのに、神経を酷使、擦り切れる表現をする。自分を追い詰める。見ていてもおかしくなるんじゃないか?と思える。

ハリウッド俳優のヒース・レジャーも「ダークナイト」でジョーカーの役を演じ、入れ込み過ぎたことがきっかけで死んだと言われる。実際の原因はドラッグだが、ある有名女優さんもこう言っていた。

「あの芝居を見ていると死んじゃうと思うな」

日本でも知られていないだけで、多くの俳優が精神病になり、自殺したり、引退したりしている。俳優だけではなく、お笑いタレントでもその種の病気で休業する人がいる。有名ではないが、僕の知る俳優でも、おかしくなった子がいる。もう、まともに接することができない。良かれとしたことを逆恨み。常識的でないことをしでかしたり。あとで病気だと分かったが、距離を置くしかない。

そういう言い方をすると、人はすぐに「叫び出したり、暴れ立ちするの?」と考えがちだが、以前の記事を見て貰えば分かるが精神病には様々な症状がある。多くに言えることは情報処理能力の欠如だ。気が狂って正気をなくすのではなく、情報処理が苦手になる。というとまた、知能低下と解釈する人がいるが、それも違う。

簡単にいくつか紹介すると、一部の記憶をなくす(記憶喪失ということではない)あるいは記憶を改竄する。実際にはなかったことを記憶にしてしまう。妄想を持つ。嘘をつく(本人は事実と思い込んでいる)ただ、日常生活に支障はない程度であることが多い。

「何かあの人変だな?」

と思えるとき、その種のことが原因だ。詳しく書くとまた長くなるので、以前の記事を読んでほしい。
(朝日のあたる家ー監督日記=>https://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305780767-1

ただ、精神病の知識がないと病気ではなく「変わった人」と思ってしまいがち。こうして周りは気づかず、本人が1人で苦しむことなる。過酷な仕事のせいだけではない。俳優は本当に大変なのだ。現場でスタッフに気遣う。共演者にも気を遣う。先輩にも気遣う。スポンサーにも気遣う。

自分を殺し、優等生を演じる。「そんなこと俺だって会社でやっているよ」というかもしれないが、俳優は毎日のように現場が変わる。その度にどこへ行っても、どの現場で気を使わねばならない。街を歩くときも、いつサインを求められるか分からない。下手に断るとTwitterで悪口を書かれる。人気商売だ。休まる暇がない。

だから、ベテランになるとマネージャーに当たる。新人に嫌がらせをして、ストレス解消をすることがある。でも、そんなことをせず、ひたすら我慢して、いい子を演じ続ける俳優がほとんど。

不安がある。ストレスがある。プレッシャー。嫌がらせ。事務所からの縛り。嘘。中傷。批判。ありもしないことを言いふらす人。スキャンダル。ゴシップ雑誌、写真週刊誌、パパラッチ。いつ誰が見ているか分からない。ちょっとした一言で大変なことになる。

信じていた人が平気で裏切る芸能界。利用しようと笑顔で近づく人たち。悪気はないが、無神経なファン。油断するとすぐにプライベートに踏み込んでくる。心休まる暇がない。

俳優とはそんな仕事。だから心を病んでしまう人も多い。スポットライト浴びた華やかなところばかりに目が行くが、俳優業とはそんな中で戦い続ける過酷な仕事なのである。


53050749_2506866409387648_171574876799238144_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

越後はる香さんーこの春に高校を卒業したそうです。 インスタグラムに写真あり。見てあげて下さいね [2019]

59301502_2645002025574085_3035467797145583616_n.jpg

越後はる香さん。この春に高校を卒業したそうです。

インスタグラムに写真あり。

見てあげて下さいね


53050749_2506866409387648_171574876799238144_n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「アベンジャーズ エンドゲーム」映画館で再見=これは家族と友達の感動物語! [アベンジャーズ]

59163256_2645985795475708_3684655166247665664_n.jpg

「アベンジャーズ エンドゲーム」映画館で再見=これは家族と友達の感動物語!

映画館で二度見る事は珍しい。一度目に失敗したのは「キャプテン・アメリカ」の1作目を観ていなかった事。あとの作品を観たのもかなり前で細かな点を忘れていた事が後悔。今回、それらの作品を全て見直してから映画館へ。それも極音上映という特設スピーカーを設置している映画館で見る。公開から1週間。今も、満席だ。

過去の作品を観てからの2回目。前回以上に泣けた。中盤から感動の連続。まさか「アベンジャーズ」で泣けるなんて......。この映画。ポスターを見ても、予告編を見ても、SFアクション超大作映画と思える。が、「エンドゲーム」のテーマは「一番大切なものは家族と仲間」というもの。

アイアンマン=トニーに、キャプテン=ロジャーズに、ソーに、ブラック・ウイドウに、アイ・ホークに、スカーレットに胸打たれる。ゴールデン・ウィークが終わったら、あの件の種明かしもしたい。まだまだ、気付いていない関係者も多いようだし。


53050749_2506866409387648_171574876799238144_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

今もアメリカ時代の夢を見る。ーなぜか辛い思いが残る? [2019]

40054230_2129325907141702_3292296902892060672_n.jpeg

今もアメリカ時代の夢を見る。ーなぜか辛い思いが残る?

アメリカ留学から帰り、すでに29年が経とうとしている。にも関わらず、今も帰国直前のLA時代の夢を見る。「数日後に帰国せねばならない。部屋の片付け。荷物を安い船便で送り、お土産や記念品を買う。アメリカタイプの朝食を食べることも、当分ないんだろうなあ。と寂しく思ったり。

鍋やテレビをLAに残る友人にあげに行ったり。残りのものを捨てる。まだまだ使えるが持ち帰るのは大変。思い出が染み付いているけど、ゴミ箱へ。「明日の午後には空港か...」

そんな夢を何度も見る。そして目が覚めたとき、物凄い寂しさに襲われる。一つには最初、LAに留学した時に出会った日本人の友人たちが5年も経つと帰国していく。1人、また1人といなくなる。

そして日本にいる友人たちは大学を卒業する年齢となり、会社で働いていた。僕自身も決断せねばならない時期が来ていた。遅れてスタートした大学生活。でも、卒業したからとハリウッドで仕事が見つかる訳でもない。

年齢もあっただろう。20台も終わりが近づく、いつまでも勉強していていればいいのか? 現実の中で戦うことが大事ではないか? 学校でいくら勉強しても、現実に通用する事はあまりない。それはすでに理解している。そんな葛藤もあった。

でも、LAにずっとずっと住みたかったということではない。何でもいいからハリウッドで仕事がしたい!というのでもない。監督業をすることが大事。あれこれ考えて日本の方がまだ有利ということがあった。その判断は正解で今は監督業をしている。どうにか食って行ける。では、あの夢は何なのだろう。29年も前のことをなぜ夢に見るのか?それも目が醒めると、異様に心が苦しい。

最近だけではなく、何度も何度も、この29年に渡ってそんな夢を見る。フロイトではないが、何か理由がそこにあるのだろう。


53050749_2506866409387648_171574876799238144_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画