So-net無料ブログ作成

太田組式、俳優の選び方。役の決め方=最大限に力を出してもらうためにすること? [映画業界物語]

59301607_2643874175686870_6321547812186095616_n-1.jpg

太田組式、俳優の選び方。役の決め方
=最大限に力を出してもらうためにすること?

俳優の話。やはり評判がよく「いいね」がいつも多い。政治、社会、教育の話はやはり身につまされるからか?「芸能」ネタの方が評判がいい。本当はそれではいけないのだが、真面目な記事ばかりでは読者が減るといけないので、俳優の話をもう少し書かせてもらう。

僕の映画に続けて出てもらう俳優さん。間が空いて出てくれる方。一度しか出演していない人。いろんなパターンがある。毎回、出ている人がうまくて、一回きりの俳優さんは良くなかったと言うのではない。僕は基本、同じ俳優さんに同じような役で出てもうらうのは違うと考える。

日本の映画、ドラマは当たり役があると、それと同じような役ばかりオファーされる。熱血刑事なら熱血刑事、異常者なら異常者、インテリならインテリ、お嬢様ならお嬢様と、別の作品なのに同じような役。それでは見る方も詰まらないし、演じる方も嫌になる。

そこで一度出てもらい「いいなあ」と思った役者さんに次、お願いするときは前回とは違うタイプの役を考える。そして、シナリオ段階からその俳優の役を考えて書く。

「明日にかける橋」で言えば、以前にも出てもらった藤田朋子さん。田中美里さんは当て書き。前回とは違い、それでいて演じがいがあり、他の俳優では出ない、ご本人の魅力が発揮できると考えた役だ。本当にお願いしてよかった!と思える最高の演技をお二人とも見せてくれた。

ただ、そんな役が考え付かないときは、誰であっても無理にお願いしない。いい役者さんだからと、本人の魅力が発揮できない役をオファーするのは嫌だ。その俳優さんしか出来ない役を考えついたときにお願いする。だから、一回休み、二回休みということもある。決して、その俳優さんが良くないので頼まなかったのではない。でも、稀にこんな俳優さんもいる。

「ギャラも大したことないし70%くらいの力でやっておこう」

と、決して酷くはないが、全力投球しないで、軽くこなそうとする人がいる。ギャラが安くても、低予算でも、小さな役でも、それは違う。太田組作品は全員が主人公だ。そんな俳優がいたら二度と呼ばない。

第1線で活躍する俳優にはそのタイプはほとんどいない。だからこそ第1線なのだろう。ベテランでそこそこ仕事をしている俳優ではたまにいる。数の内と考えるのだろう。が、それでは好きになれないし、そこから物語が壊れることがある。だから、僕も全力で演じてもらえる役を考えて、お願いする。

「これは今までにないパターンだな。どうすりゃいい!」

と悩むからこそ演じがいがある。それでこそ全力投球してくれる。それが太田組方式。そのせいか出演者は毎回、素晴らしい芝居をしてくれる。映画は俳優の力が一番大きい。それを最大限に引き出すのが監督の仕事なのである。


58380866_2620621131345508_6956524637744267264_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

太田監督の映画製作日記ーバックナンバーが読めます!三つのブログ [告知]

IMG_2081.jpg


太田監督日記ーバックナンバーのお知らせ

毎日アップしている記事。バックナンバーがブログで読めます。カテゴリー別に分けてあり、検索もできるので便利です。作品ごとになっていて、

●「明日にかける橋」監督日記

企画時からキャスティング、撮影、編集、完成披露試写会、宣伝、全公開、地元公開、そして今週末のアンコール上映まで。その先もお知らせがあるごとに更新します。現在、So-netブログ映画部門で10位。

https://cinematic-arts.blog.so-net.ne.jp

●「朝日のあたる家」監督日記

こちらも企画時から撮影、公開、DVD発売。その後の展開。最近は社会派の記事は全部、こちらにアップ。安倍内閣、トランプ、原発問題、さらには精神病、アッキード事件、ディープステイトの件まで。「朝日」路線の硬派記事を多く掲載。現在、So-netブログ映画部門で16位。

https://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp

●「ドキュメンタリー沖縄戦」監督日記

これが最新作。春完成予定のドキュメンタリー映画。沖縄取材、沖縄戦勉強から、編集、この後は試写会、公開まで経過を詳しくレポートします。沖縄問題、戦争のことも綴ります。

https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp

ジャンルを選んでクリックすれば、その記事がズラーと出ます。映画界で仕事したい方。監督になりたい。俳優になりたい。スタッフをやりたい。という人も、現場の様子、作業の流れがよく分かる記事がいっぱい。

映画ファンの方も映画サイトでは伝えない、過酷な現実も掲載しています。もちろん、舞台裏も詳しく書いているので、映画が2倍楽しくなるはず。興味ある方は是非是非、お読みください。



 dvd   pakeage.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

脇で光る個性派俳優...いや怪優さんはとても大事! [映画業界物語]

10259946_628061193934855_4679467323963031595_n.jpg

脇で光る個性派俳優...いや怪優さんはとても大事!

一般の人が好きな俳優というと、たいていはテレビ、映画で活躍しているイケメン、あるいは美女であることが多い。それが映画ファンになると、ちょっと渋い演技派。僕が学生の頃でいうとロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ダスティン・ホフマンという名優たちだった。が、僕はその頃から超個性的な悪くいうと頭がヘンな、いかにもダメそうな、頑固そうな感じの俳優に惹かれた。

バート・ヤング、ピーター・ボイル、バージェス・メレディス、ジーン・ハックマン、ルイ・ゴセットJR、レナード・ニモイ、

のような面々である。日本で言えば、大島(渚・監督)組の常連。

佐藤慶、小松方正、戸浦六宏。そして

岸田森、天本英夫、

という名優たち。彼らは主役ではないのだけど、出てくるだけで胡散臭い、怪しい、危ない空気が流れる。敵か味方か分からない。いつ寝返るか分からない。そんな存在。主役も大事だが、そんな怪優の皆さんがいるから作品が面白くなるのである。

でも、そんな俳優さんたちが日本では減っている。若手の多くは個性がなく、皆、スッとした顔で、怪しさがない。昔の黒澤明作品を見ると、名前は知らないが本当に怪しい、一癖ある俳優がどの場面にも出ているが、そんな俳優を本当に見かけなくなった。

そんなことを感じる理由を考える。子供の頃から僕は個性派が好きだったようだ。「ウルトラマン」を見ても、ウルトラマンより怪獣が好きだったし、主人公のハヤタ隊員よりイデ隊員やアラシ隊員が好き。「帰って来たウルトラマン」なら岸田森の坂田さん。

刑事ドラマでも同じ。昔はカッコいい若手刑事が1人。周りは皆おじさんだった。が、「太陽にほえろ」の途中から全員がカッコいい2枚目になってしまい、その流れが続いた。「特捜最前線」も大滝秀治さんの船村刑事がいたから盛り上がったので、降板してからは力が入らなくなった。(それでも名作はあるのだが)

どうも僕は正統派の主人公より、暗い過去を抱えた人生に傷があるキャラが好きなのだ。そんな子供だったので、大人になっても変わらず。個性派の俳優に惹かれる。

太田組作品を観て頂ければ分かると思うが「ストロベリーフィールズ」の死神さん、用務員さん「青い青い空」の書道の先生、「朝日のあたる家」の御用学者、「向日葵の丘」のガンマニアの酒屋さん、「明日にかける橋」の山田先生と、いろんな怪しい、胡散臭い、俳優さんがあちこちに登場する。主役も大事。でも、そんな怪優さんたちが出てくれるからこそ、物語は面白くなるのだ。


58380866_2620621131345508_6956524637744267264_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ー6月15日 北海道の映画祭で上映! 太田監督と俳優・栩野 幸知さんによるトークショーあり。 [2019]

59962123_2663507790390175_4204585593360875520_n.jpg


明日にかける橋ー6月15日 北海道の映画祭で上映!

太田監督と俳優・栩野 幸知さんによるトークショーあり。

「向日葵の丘」(写真)「明日にかける橋」と2本続けてご一緒したトッチーさんとのトーク。

彼は黒澤明監督、大林宣彦監督、岡本喜八監督の作品にも出演するベテラン。

トークも盛り上がること間違いない!

お楽しみに!

第7回白夜映画祭2019 in 稚内にて招待上映!

58745179_2236570756404617_8552754975673942016_n.jpg


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

太田組作品の俳優。いろんなカテゴリーから出演している。 [映画業界物語]

61428463_2708261225914831_6986248680470740992_n.jpg

太田組作品の俳優。いろんなカテゴリーから出演している。

僕の映画。毎回、素晴らしい俳優さんが出演してくれること。本当にありがたい。テレビ局が製作する超大作でもないのに、第1線で活躍する俳優さんから、大御所のベテランまで。毎回、ありえないキャスティングとなり話題になる。その辺の話をしよう。

基本、有名だから出てほしい!というのはない。また、僕がファンだからという理由で選ぶこともない。まずは、役に合うかどうか? そして、思いがあるかどうか? 個性、経験、といろんな方向で考える。そんな俳優陣をカテゴリー分けすると、いろんなことが見えてくる。

(映画、テレビで活躍しているグループ)常盤貴子さん、田中美里さん、藤田朋子さん、板尾創路さん、並樹史朗さんらが代表格。皆、主役を演じられる。任せて安心という皆さん。

(大御所グループ)長門裕之さん、松坂慶子さん、津川雅彦さん、宝田明さんと、日本映画黄金時代から活躍する超ベテランの方々。画面に登場するだけで作品が2ランク上がる力をお持ち。

(舞台系俳優グループ)僕は舞台が好きで、よく見に行く。特に唐組は好きで一時は10年間無欠席で公演を見たりした。そんな唐組(以前は状況劇場)から奈佐健臣さん、吉澤健さん、そして塩見三省さん(つか劇団)、亜子さん(天井桟敷)ら、映像系とは違う演技を見せてくれるのでホント嬉しい。鈴木杏ちゃんは本来、先のテレビグループに入るが、最近は舞台が多く、こちらのグループだと思える。

(新人実力派女優グループ)こちらは若手で可愛いだけでなく、演技力抜群という方々。谷村美月、佐津川愛美、芳賀優里亜、草刈麻有、芳根京子と、出演後、皆、大ブレイク! テレビに映画、CMに大活躍している。

太田組作品というと、初期は「若い可愛い女の子が出ている」という印象が強いと言われたが、実はいろんなタイプの俳優さんが出演していて世界観を構築している。上記で紹介したのは一部だけ。多くの俳優の力を借りて毎回、作品を作っている。俳優の力は本当に大きい。


58380866_2620621131345508_6956524637744267264_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画