So-net無料ブログ作成
映画感想 ブログトップ
前の10件 | -

「ユリイカ」217分の長編映画を見た。 [映画感想]

51oq8ZKxsDL._SY445_.jpg

「ユリイカ」217分の長編映画を見た。

ケーブルテレビで2004年に録画だ。つまり、15年前! でも、上映時間が217分。3時間37分の長編なので、なかなか見る機会がなかった。映画製作が始まると全く余裕がなく、自宅入院状態では長すぎて辛い。それをようやく見ることができた。

九州のバスジャック事件をモチーフにした物語だが、刑事物でもアクション物でもない。非常に地味な話。僕は絶対に作らないし、作れないタイプの映画だが、なかなか興味深く一気に見てしまった。3時間37分は決して長くない。バスジャック事件で心に傷を負った1人の男性(役所広司)と2人の姉妹(宮崎あおい兄妹)を中心に、その傷心の生活を描く。

キャストもなかなかで、利重剛、光石研、真行寺君枝、国生さゆり、松重豊と豪華。一癖ある魅力的な俳優陣が揃っている。監督は青山真治。僕より2歳下。この映画を監督したのは38歳。大したものだ。画面はアップが少なく、引いた冷めた絵が多い。黒沢清監督のスタイルに似ている。

こんなスタイルで人生を描くことができるんだ.....という驚き。いや、すでに同じタイプのものは数多く存在するのだが、自分では絶対にできないので毎回、驚愕する。黒沢清監督の作品群もそうだが、ハリウッドとはまるで違う。それもあり、この作品はカンヌ映画祭で国際批評家連盟賞とエキュメニック賞を受賞している。


61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ハリウッド「ゴジラ」新作ー愛はあるんだけどな〜。 [映画感想]

61559971_2714095531998067_3651103075004841984_n.jpg


ハリウッド「ゴジラ」新作

ー愛はあるんだけどな〜。



61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」は感動作! [映画感想]

51UFThf12hL._SY445_.jpg

「映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」は感動作!

amazonプライムでは「クレヨンしんちゃん」映画版シリーズを全て見ることができる。嬉しくて毎日1本見ていたのだが、あまりに勿体無くて、最近はここぞ!という時に見るようにした。

昨夜は「クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」毎回、いろんな設定を考えて作ってあるが、今回はしんちゃんが近未来に行って、未来の花嫁と共に、大人になったしんちゃんを救うという物語。近未来の春日部(しんちゃんたちが住む埼玉県の町)は「ブレードランナー」のように高層ビルが立ち並ぶ大都会。でも、周辺は貧民街に取り囲まれている。

隕石の墜落で世界は暗闇に閉ざされ、1日中夜が続く。明るい世界を取り戻そうと大人しんちゃんが動くのだが、町を支配する大企業の社長に見つかり、銅像にされてしまう。それを助けるのが未来の花嫁の5歳のしんちゃん。そして巻き添えで未来に行ってしまった春日部防衛隊の仲間たち。果たして!という物語なのだが、

今回もハラハラドキドキ、笑えた上に、

感動の涙! 

毎回、レベル高いが今回は名作選に入れたい1本。ネタバレになるので、「よし、見よう」という方はこの先を読まないでいただきたいが、

(ネタバレ)



















万策尽きたしんちゃんたちを助けたのは、何と家族と本人たち。そう、近未来なのでしんちゃんの両親も健在。ひろしはハゲて頭がツルツルになっており、みさえはデブデブに太っていたが、すぐにしんちゃんのことを理解する。そして、風間くん。ねねちゃん。ボーちゃん。マサル君らが育ち大人になった彼らもまた、しんちゃんたちを助ける。

ここで素晴らしいのは、大人になり力があるので、子供時代の自分を助けるのではないこと。皆、ダメな大人になっており、社会に潰されて希望を持てずに生きている。そこに登場した子供時代の自分は絶体絶命の危機を前にして努力し続ける。その姿に励まされて応援に行くのだ。この辺のエピソードは本当に泣ける。

そして「明日にかける橋」を思い出す。「明日」は過去の自分や友達が主人公を助けるが、こちらは未来の自分たちが助けてくれる。そして忘れてはいけない「あの子」も大人になっていて、「ここぞ!」という時に助けに来る。それもキャットウーマンのように!

この物語は多分、「バック・トウ・ザ・フューチャー PART2」の冒頭エピソード。マーティが近未来に行き、自分自身に会う話から着想を得たと思える。が、非常に良い出来で、「どうなるんだろう?」「頑張れ、しんちゃん!」と応援せずにいられなくなる。「大人帝国」に次ぐ感動巨編だ。



61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「24」がアメリカのテレビ・ドラマ史を変えた? [映画感想]

24.jpg

「24」がアメリカのテレビ・ドラマ史を変えた?

「24」が制作されたのは2001年。もう18年も前になる。僕が見始めたのはかなり遅い。正確な年は思い出せないが、「なんか話題になっているので、一度見ておこう」とケーブルテレビで一挙放送があった時に録画。それをかなり後で見た。ら、凄くて! 当時、VHSで録画していたら、1シーズン24話(24時間)が録りきれず切れず、途中で終わっていた。

「何だそれはーーー!」

とレンタル屋に走り続きを一気に見た。その後は毎年、新シリーズのDVDが発売されるたびにレンタル屋に走ったが、何十本もあるDVDが全て開始出し中だったりした。そんな「24」を今、「シーズン1」から見直している。というのも、この作品をきっかけにアメリカのテレビシリーズが以前と違うスタイルで大躍進をしたからだ。

昔からアメリカのテレビドラマは好きで、1960年代の白黒時代からあれこれ見ていた。「タイムトンネル」「宇宙家族ロビンソン」「スター・トレック」「600万ドルの男」「バイオニック・ジェミー」等のSFシリーズから、70年代に入ると刑事ドラマ。「刑事コロンボ」「警部マクロード」「刑事スータスキー&ハッチ」「刑事コジャック」「探偵キャノン」「女刑事ペッパー」

LA留学時もその辺のアメリカ人より詳しかった。流石にジョントラボルタが人気になった「ウェルカム・バック・コター」やマイケルJフォックスが出ていた「ファイミリータイズ」は日本で放送されてないので見ていないが、(のちに放送されたかも?)存在は知っていた。だから、USCで英語クラスに通っていた時に、スピルバーグ製作のテレビシリーズ「アメージング・ストリーズ」をオンタイムで見られたのは超嬉しかった。

話が逸れた。そんなアメリカのテレビドラマを変えたのが「24」だ。これは10年ほど前に記事にした記憶があるが、(それを探してコピーしようと思ったが見つからない!)それまでは1話完結ものだったのが、「24」あたりから続き物に、「つづく」で終わる連続物になった。それによって以前はできなかった物語や表現が可能になった。

が、実は日本ではその手のドラマは昔から存在する。山口百恵が出演した「赤い」シリーズがまさにそれだ。大河ドラマだって、連続物。それが意外なことにアメリカでは2000年代までなかったのだ。もちろん「逃亡者」等は「片腕の男」を探して旅するという一貫性はあるが、ドラマは毎回完結し、次の街へという形だ。

「24」はそれらを連続物にしただけでなく、これまでになかった様々な手法でハラハラドキドキのドラマを描き大ヒット。その影響で「プリズン・ブレイク」「ヒーローズ」等の同じスタイルのドラマが登場した。ま、本当の元祖は「ロスト」なのだけど、それを押し上げたのが「24」だと思える。また、本論を書く前に字数が多くなったので、また次回。


53050749_2506866409387648_171574876799238144_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」=シリーズ近年の最高傑作! [映画感想]

poster2.jpg

「クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」=シリーズ近年の最高傑作!

もう3−4年前になるのか、シリーズ中でもベスト3に入る。近年ではナンバー1の出来だ。それも隠しテーマが原発問題! 

詳しくはこちら=>https://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/2016-04-02-5

しかし、悲しく深刻な物語ではなく、ハラハラドキドキさせて、感動、泣ける物語になっている。基本「しんちゃん」はそのスタイルなのだが、このエピソードは特によく出来ている。もう、野原一家を応援せずにいられない。シロ(飼い犬)や赤ちゃんのひまわりさえも頑張る。このエピソードではスマホ依存の少女が出てくるのが、その子もとてもいい。

で、最近気付いたのだけど、僕の映画スタイルととても似ているということ。事件が起こり、ハラハラドキドキして、感動して泣ける。一番近いのは「明日にかける橋」この物語も家族が力を合わせて、弟の健太を助けようするが、「しんちゃん」でも、ひまわりやしんちゃんを両親が助けるために奮闘するのが基本。家族の絆の物語なのだ。意外な共通点。

昨日は映画館で新作を見て、帰宅してamazonプライムで「爆睡! ユメミーワールド大突撃」をさらに見てしまった。どれもレベル高い!


 dvd   pakeage.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜」面白い! [映画感想]

57210718_2618071001600521_6590291195866382336_n.jpg

「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜」

このところamazonプライムで「しんちゃん」映画全制覇を目指して何本か見た。が、どれもレベルが高く、毎日観るには勿体ないので、急がずに制覇を目指すことにした。と思っていたら新作が公開。映画館へ向かう。

今回はオーストラリアにひろしとみさえが新婚旅行? 小さな島で巻き起こる花婿騒動。いつものようにハラハラドキドキ。そして爆笑。「インディジョーンズ」を思わせるトロッコの場面もあり、最後は「キングコング」? さらに、「東京ラブストーリー」か!というトレンディドラマ風の演出があり、泣かせる。

しかし、思うのはこの映画、本来は子供向きなのだが、子供を連れて行った親たちが楽しみ、そして忘れている何か、大切な何か?を教えてくれる物語になっている。「オトナ帝国の逆襲」なんてお父さんが号泣してしまう超名作。一緒に行った子供が不思議そうに父の顔を見ていたという話も聞く。

また、時折、社会ネタも扱う。原発問題、食品添加物問題。ボート見ていると分からないが、「しんちゃん」は社会派ドラマでもある。

「トーイストーリー」のピクサーも名作が多いが、中には「え?」という大外れもあり、その意味では「しんちゃん」の打率は凄い。ちなみに僕がお勧めのエピソードはこちら。それぞれにエンディングで拍手せずにはいられない。そして、やはり「オトナ帝国」はナンバー1。お父さんは必ず号泣です。

爆発!温泉わくわく大決戦

嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

オラの引越し物語 サボテン大襲撃

爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~



 dvd   pakeage.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ベストキッド4」観た。そんなのあったんだ? [映画感想]

56669519_2591381480936140_444841629841358848_n.jpg

「ベストキッド4」観た。そんなのあったんだ?

オリジナルタイトルは「カラテ・キッド」1は留学前。2、3はLAで。1は大興奮!アメリカ映画で活躍する日本人に胸おどる。2は少し変な映画。3は結構面白く観た。知り合いのアメリカ人はこの映画を観てしばらく「**さん」と日本人を呼んでいた。

4があること知らなかった。帰国してからの公開。今回はダニエルさんではなく、女性が主人公。これは正解。マンネリを防ぐ。ただ、監督がジョンGアビルドゼンではない。そして、製作費もかなりB級の感じ。空手大会もない。

クライマックスは波止場で喧嘩。設定もかなり無理がある。パット・モリタのアクションも冴えない。元々カラテができる人ではない。お坊さんの描写が奇妙。何だかんだブロンソンの「デスウィッシュ」シリーズの最後の方に似たシリーズの知名度に頼っただけの安易な作品。

この後に1作目がリメイク。パット・モリタの役をなんとジャッキー・チェンが演じた。「カラテ・キッド」ではなく「クンフーキッド」だが、タイトルは「karate Kid」だった。後、1作目のミヤギ役。候補は高倉健だったという。でも、これはパットさんでよかった。

この後、パット・モリタは亡くなる。日系人でハリウッドで活躍する人は少ない。そんな1人が逝ってしまった。最後に彼の活躍。観れたことはこの作品の価値。


 dvd   pakeage.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この春、「運び屋」と並ぶ名作!素晴らしい。現代の「夜の大捜査線」である [映画感想]

56275948_2578493915558230_7544624764304752640_n.jpg


この春、「運び屋」と並ぶ名作!

素晴らしい。

現代の「夜の大捜査線」である。




 dvd   pakeage.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「アクアマン」予想以上に面白い!まさに夏休み映画。春前だけど。 [映画感想]

IMG_0301.jpeg

「バットマン」も「スーパーマン」も子供の頃から知っているが、「アクアマン」なんて知らない。「ジャスティスリーグ」で初めて知った。そのアクアマンの単独主演?作品。

最初、僕らの世代だと「あー『海のトリトン』実写版だなあ」と思う。少し住むと「これは海の『スターウォーズ』かあ」と感じ。それで最後まで行くと思ったら「インディジョーンズ」になり「007」になる。

えええ?と思っていると「アーサー王物語」になり、ああ、だから主人公の名前はアーサーか!と気づく。ハラハラ、ドキドキ、感動して泣けて、満腹の夏休み映画!(という感じ。春休み前だけど)



51252474_2441878215886468_7387041855868764160_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ボヘミア・ラプソディ」③ 共感したこと。音楽も映画も同じ! [映画感想]

46503964_2295305180543773_8536276289965785088_n.jpg

「ボヘミア・ラプソディ」③ 共感したこと。音楽も映画も同じ!

クイーン・ファンだけでなく大人気で、あちこちで評判を聞く。フレディ・マーキューリーの人生というだけでなく、いろんなことを感じた。

「ボヘミア・ラプソディ」のレコーディングシーンでもそうだが、曲が作られて行くのと映画作りが凄くダブった。「ここでコーラスを入れよう」とか「ここで手拍子」そうやって個性的ある歌を作る。

映画も同じで、撮影のときなら「ここは手持ちカメラで臨場を出そう」「ここはワンカットワンシーン」とか考える。編集時なら、「ここは画面を白黒にしよう」「ここは赤みを入れる」「ここは1秒のカットで連続する」そんなことで個性的な作品にしていく。音楽も映画も同じだ。

クイーンの曲が6分あって長過ぎて、レコード会社と揉めるのも共感する。映画も2時間を超えると映画館が嫌がる。1日に上映できる回数が減るからだ。それが分かっているのでプロデュサーが編集時にうるさくいう。DVDにするときも、2時間を超えると面倒だからだ。

しかし、僕の映画は毎回、2時間超え。前作の「向日葵の丘」は2時間20分。今回の「明日にかける橋」は2時間11分だ。必ず同業の友人が「10分くらいなら切った方がいいよ」と言いに来るが、絶対に切らない。2時間できる話を2時間11分で描いている訳ではく、2時間11分必要な物語なのだ。

だから、フレディたちがレコード会社のいいなりにならず、拒否し続けるのはとても共感する。「We will Rock you」誕生のエピソードも面白かった。観客が歌に参加するという発想。僕は「青い青い空」という映画のときに、クライマックスは観客が映画の客ではなく、物語の中の大会を見ている観客の気持ちになるような撮影と編集をしてみた。観客が映画に参加することができる。

「同じことは二度しない」

とメンバーがいう。映画も同じだ。クリエイティブはどの世界でも同じ。ここしばらくクイーンを毎日、聴いている。



m_E6988EE697A5E382B9E382AFE382A8E382A2E585A8E59BBD-bd4ea.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画感想 ブログトップ