So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
明日にかける橋=感想 ブログトップ
前の10件 | -

「明日にかける橋」を観た人の感想いろいろ=家族ドラマか?SFドラマか? それとも平成を見つめる物語か? [明日にかける橋=感想]

43631690_2205448446196114_2925799702777561088_o.jpg

「明日にかける橋」を観た人の感想いろいろ=家族ドラマか?SFドラマか? それとも平成を見つめる物語か?

全国からいろんな感想を聞かせてもらっている。例えばロケ地である静岡西部の方々からは「私たちの住む町をスクリーンで見て感動。見慣れた場所がとても美しく見え驚いた」「プロの有名俳優と地元の友人が共演している。俺も出演している!そんなところに感激」

映画ファンの人はやはり「バック・トウ・ザ・フューチャー」をどう日本で成立させているか?「最後はどうなるの?健太は助かるの?とハラハラし通しだった!」との声が多い。SFマニアの人でこう批判する人がいた。

「未来を変えるのは反則。この手のドラマはルールに従い作らないと!」

そんな人もいたが「未来を変える」がこの映画のテーマ。それは外せない。タイムトラベルものをやりたくて作った訳ではない。家族ドラマをまともに描いては絶対にできないことを、タイムトラベル設定で、見せたかったのだ。

その「家族ドラマ」として観てくれた方も多い。木下恵介監督、山田洋次監督が繰り返し描いたテーマではあるが、それをタイムトラベルという設定によって、今までにない形の家族ドラマにしてみた。多くの方から「感動した。泣けた」と褒めて頂いた。

社会に関心がある人は、平成日本を振り返る物語として観たとのこと。1989年はまさに平成元年。そこから現代までの(正確には現代までではないが)時代を総括。バブル時代に始まり、バブル崩壊、阪神大震災、オウム事件、311、リーマンショック、と平成を見つめるドラマになっている。「あの事件のとき、俺は大学生だったなあ」とか、自身をダブらせ、平成時代の総括をせずにいられなかった、との声も聞いた。

それは意図した部分。まもなく終わる平成。その最後の年に30年を振り返ること。日本が、そして自分自身が何をし、何を失い、何を得たのか? 次の時代に進む上でそれを反省すること。それを物語の中で考えたかったのだ。社会的視点のある人はこうもいう。

「この映画は宝田明がキーパーソンだ!」

鋭い!その通りだ。「明日」は「BTTF」的なエンタテイメントをやりたかっただけではなく、その部分がテーマとなる。教育問題に関心ある人は山田先生と、みゆきのおばあちゃんの言葉を対比させて、感じるものがあると言ってくれたが、その2つが重要なのだ。

山田先生は日本の戦後教育の象徴。バブル崩壊まではそれでよかった。優秀なサラリーマン=与えられることを確実にこなす=を大量に育てることで経済発展を可能にした。しかし、そんな教育を受けて育った人たちでは解決できない苦悩の時代を迎えた。それがバブル崩壊以降。だから20年も不況が続く。にも関わらず同じ教育方針で「与えられたことをするだけのサラリーマン」を育て続けている。

「この構図。何かと同じだな?」

思い当たったのが太平洋戦争時の日本だ。軍国教育で「お国のために死ぬのが日本男児」と教え、多くの若者が死んで行った。日本がもう勝てないという段階になっても、方針を変えず、若者が犠牲になって行った。その2つの時代を考えると、片や「お国のため」もう一方は「会社のため」どちらも言われたことを遂行する教育が後押ししている。結局、庶民は使い捨て、上の人たちを守るために犠牲になっていく。

つまり、そららの教育に染まった人たちが不幸になって行った。今の日本。同じことを繰り返しているのではないか? そこで山田先生という 猛烈教師というキャラクターを創造。さらには尾形社長という戦争経験のあるキャラも登場させることで、先に書いた「思い」を彼らに語ってもらった。戦中、戦後の日本を対比見つめるパートを作った。

山田先生は悪人ではない。むしろ教育熱心な教師。それを戦中に置き換えれば、愛国心溢れる憲兵のような存在。そしてバブル崩壊。皆が憧れる企業である大日本銀行が倒産。その流れを物語で見せることで、観客は今の教育が戦中と何ら変わらぬものであること。戦時中と同じで、子供たちを不幸に追いやることになるのでは?と感じる。そんなことを伝えるためのパートだ。では、どうすればいい? その問いに答えるのが田中美里さん演じる母のおばあちゃんである。

「腕に職をつけること」

昔ながらの知恵が未来を切り開くのではないか?というメッセージ。現代の教育は何ら技術を教えるものではない。会社をクビになっても、会社が倒産しても、他で生きる技術を持つことが厳しい現代を生き残るために必要なのでは?

そんな実例として美里さん演じる母・桐子は、大好きな剣道を続けてきたことで、現在はカルチャーセンターで教え、家計の足しになっている。そのあとも娘みゆき(現代の方)を救うあのシーンでも生きる。太田組作品は毎回、エンタテイメントの形をとりながら、社会問題、教育問題があちこちに潜んでいる。

それが家族ドラマにつながる。教育の矛盾に気づいた高校時代のみゆき。そのために両親と対立。両親は良かれと戦中と同じ、国にとって都合いいだけの大人を育てる教育を娘に与えようとする。それが問題であることを親が気づけば、無用な争いは避けられる。

国に都合のいい人間に育てるために、親子が対立するのはあまりにも無意味ではないか? そんなことを考えるために、戦争、教育、そして平成という時代を選んだのである。

そんなふうに「明日にかける橋」はいろんな角度から観られる物語にしてあり、同時にエンタテイメントにもなっている。ただ、評論家の中にはその辺のことを見抜くことができず、当て外れな想像で批判していた人もいる。

「宝田明さんの存在意味が分からない。唐突である」

という人もいた。が、先に書いた説明を読んでもらえれば理解できるはず(評論家の劣化が激しいこと近年強く感じるが、多くが作品の本質を見抜けず自分の趣味嗜好だけで批判することが多い)また、そんな設定であり、テーマなので戦争体験があり、戦争を反対する講演活動を今もしている宝田さんに出演して頂いた。キャスティングは役柄だけではない。そんな部分もとても大切だ。

もちろん観客はいろんな見方で観て、楽んでくれればいい。それが映画。でも、映画公開も終盤に向かっているので少し解説をしてみた。ららぽーと磐田は来週の金曜までは上映している。よろしく!

DmngW2aUwAASg97.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋=感想「見終わって爽やかになれる感動を求める人には、お勧めの作品」 [明日にかける橋=感想]

42779574_2189290307811928_8757752368847650816_n.jpg

明日にかける橋=感想「見終わって爽やかになれる感動を求める人には、お勧めの作品」

過去を変える!映画では「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が有名ですが、この「明日にかける橋」は本編中でそのタイトルが出てくるように「バック・トゥ・ザ・フューチャー」をリスペクトしつつ、全く違うテイストで見せるお話です。

太田隆文脚本・監督の映画はいつもキャストがどんぴしゃ!で、必ず泣ける箇所がありますが、今回も例外ではありません。クライマックスはもちろん、その他のシーンでも、適役のキャストの名演が涙を絞り取ってくれます。

今回は特に宝田明氏が、登場シーンが少ないのに強烈な印象を残します。含蓄のあるセリフが、主人公たちの行動に繋がっていくのは納得です。

43631690_2205448446196114_2925799702777561088_o.jpg

ここで語られる、太田監督が常に意識しているであろう「教育」の問題は、昨今の財務省の文書改ざん等といった、社会の腐敗につながっているように思えてなりません。その意味で、この問題が全く古びていないことに愕然とさせられます。

とはいえいつもの太田監督映画の通り、テーマが前面に出しゃばることはなく、見やすいエンタメストーリーで、不快になるようなシーンも無く、お子さまからお年寄りまで全ての世代に見やすい映画です。

映画の主な舞台は静岡県の袋井、磐田、森町。冒頭に出てくる、ひな人形の大群が凄い可睡斎があったり、マドレーヌが激ウマの店や、法多山の厄除け団子などスイーツの美味いとこがあったりして、訪れて損のない町です。(映画を観てからロケ地めぐりに行きました!)

22008442_1633704020037229_8173118876904942262_n.jpg

そのことを知らなくても十分楽しめる内容ですが、地元からたくさんの人々の出演がなかなかの大作映画感を出していて、「市民映画」というのも納得です。

「明日にかける橋」の東京での劇場公開時=2018年7月頭の劇場上映作品と比較すると。

「ハン・ソロ」よりオリジナリティがあり。
「万引き家族」より分かりやすく。
「デッドプール2」みたいな残酷さはなく。
「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」みたいな後味の悪さはない。

見終わって爽やかになれる感動を求める人には、お勧めの作品です。

涙腺が緩んだ個所はいろいろありますが、特に感心したところは、健太の葬式のシーン。涙をこらえていたであろうみゆきが、里美先生の前で泣き出すとこでした。涙流しながら、このタメ上手いなあ、と演出に関心。タメて感情を溢れさせる越後はる香と、受け止める藤田朋子には賞をあげたくなります。

43390550_2205448699529422_6661110795646009344_o.jpg

脇のキャラも、宝田明氏の部下や静岡県警の女性警察官など、印象に残る人がいました。

その中でもピカイチなのが「NEW STATION」のキャスター。某ニュース番組の映像を使えなかったゆえの設定だと想像しますが、このキャスターの表情や話し方が某K氏を彷彿させ、似せ具合が見ていて楽しいところでした。

予算面での苦肉の策でしょうが、かえってオリジナリティが感じられます。こういう、予算の制約(たぶん)を面白さに変えるのも太田監督作品の巧さです(相当頭悩ませるでしょうが)。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」感想 by 和歌山県の女性=どこにでもある地方の小さな町が、こんなに美しくなる… [明日にかける橋=感想]

37715297_2058969634177330_3542243087323496448_o.jpg


「明日にかける橋」感想 by 和歌山県の女性=どこにでもある地方の小さな町が、こんなに美しくなる…

過去に戻れたら…そんな切実な思いを胸に、私達はいつの時代も、言えなかった言葉や、伝える術を知らなかった悔しさを抱えながら生きています。

太田監督の映画「ストロベリーフィールズ」では、そんな青春真っ只中の女子高生の悲しい叫びと熱い思いに涙しましたが、最新作のこの映画では、主役は今の私達、くたびれかけている私達、諦めかけている私達、そう、観客自身でした。

いつもハリウッド映画でも、鳴り物入りで封切られたテレビ局出資の邦画でも、眠気に苛まれる私が、この「明日にかける橋1989年の想い出」では、一度も緊張感が途切れることなく、最後まで観賞できたのは、主役が観るもの自身に設定されていたからかも知れません。

1989年の景色が映し出される度に、私達観客は、楽しかったことも、辛かったことも、頭の片隅に自分自身のスクリーンを映し出しながら、この吉行家の家族達を追っていくのです。最後はどうなっちゃうの?ハラハラしながら物語は進みます。

「ストロベリーフィールズ」では、悲しい運命は変えることができなかったけれど、太田監督作品は、どの作品も、どこかに必ず光を植え付けてくれています。

けれども、今回この作品では明らかに一線を越えてきます。過去が変えられていくのです。なぜ?

それは、今の時代に観てもらうことに意義があったからなのでは? 昨今の、有無を言わせぬ世の中の流れは、力のない弱い立場の人々にはあまりにも酷です。

過去の悲惨な戦争体験さえ暗示しながら、物語は小さな少年の大好きなカメラ好きから決して手を離さないのです。

お母さんの剣道好きからも、主人公の家族愛からも…。

メッセージはこれで充分でした。この映画を観た方々は、必ずそこに自分を重ね、好きなものへの執着だけが、自分を、そして世の中を変えられる鍵だと気づくはずです。

最後を飾る花火は、どこにでもある地方の小さな町が、こんなに美しくなる…それは、私達という弱くて小さな存在の背中を押してくれる、あたたかいメッセージでした。観てよかったです!

ーーーーーーーーー
明日にかける橋。ららぽーと磐田、岡山メルパで絶賛上映中。
京都、群馬は近日上映。


41462138_2157935187614107_5101585570350497792_o.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」感想=展開がわかってるのに涙出る。 [明日にかける橋=感想]

41761500_1909144645841377_5670351785663922176_o.jpg

【明日にかける橋】十三シアターセブン公開初日観ました。

by 和歌山県のパパ

「今回も泣かされた。観るたんび流す涙の量が増えてくるし。やっぱ、境内での板尾さんと杏さんの場面はアカンです。展開がわかってるのに涙出る。僕自身に娘おるので板尾さんとダブりますわ。

娘の幸せを願わない親はいない。板尾お父さんは娘に嫌われてるのは分かってる。でも、そんなこと関係ない。私立へ行きたいのなら行かせてやりたい。そう思い、一念発起して起業する。しかしバブルが弾けて残念な結果になり、家族に大きな悲しみが訪れる。
涙なしでは観れない父と娘。

ほんでやっぱりお母さん役、田中美里さんの「健太を頼んだわよ」で涙腺決壊。この場面で涙出るのはお約束ですわ。太田監督の映画は複数回観るべきやで」

シアターセブンの上映スケジュールはこちら。
http://www.theater-seven.com/2018/mv_asunikakeru.html


41151334_2149997811741178_7500841154724757504_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

浜松市Oさん「遠州地方に暮らす全市民に観てもらいたい!」 [明日にかける橋=感想]

21765846_1625878647486433_80690654013188395_o.jpg

by 浜松市 Oさん


 映画『明日にかける橋』を私は9/5(水)に家内と共に「ららぽーと磐田」へ観に行きました。昨年の試写会も観ていたのですが、一年後にこうして再び観たことで、改めて自身の郷土再認識と自己啓発に触発された思いです。

21994175_1630104030397228_4975288519430352546_o.jpg

 行動の大切さ。この映画は最低限、ものです。せめて小中学生、できれば高校生にも学校単位で観て頂けたらと思います。薄れゆく郷土愛、家族愛を学ぶ為に必要不可欠な”価値ある映画”だと思います。それは、より良き日本を育む原動力ともなるような。

41319031_2154612754613017_1378296030814011392_o.jpg

 こうして県西部を舞台に、幾作も素敵な作品を生み続けてくれる太田隆文監督には、全く感謝の一言です!「ありがとうございました!」同時に、誕生したばかりのこの作品を育て行くのは、「遠州に暮らす人々」つまり私たちであるということを決して忘れてはなりません。

21752944_1623651574375807_2990223720129051922_o.jpg

 あなたも、この映画をご覧になって感動したならば、お近くの友人や知人へ”上映中!”であることを知らせましょう!また、遠方の方々へは個人ブログやTwitter、Facebook、InstagramなどSNSをフルに活用して、「リツイート」や「リフォロー」で拡散伝達なさって下さい!それが太田隆文監督への「個人で出来る!」恩返しとなるのではないでしょうか…。監督の”地域愛”が、この地に根付くことを心より願っております。

33041335_1946194292121532_9137791527831994368_n.jpg


40326611_2134839033257056_7498698391245815808_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

小玉虫シスターズの「明日にかける橋」見ましたよ! [明日にかける橋=感想]

37715297_2058969634177330_3542243087323496448_o.jpg

by 小玉虫シスターズ

やっと、やーっと明日にかける橋見れました。期待通り、いえ、期待以上の明日にかける橋でした。
越後はる香ちゃんのヤングみゆきちゃん、物事をハッキリ言いますね。山田先生もタジタジ。でも、みゆきちゃんの言うことに納得しました。その後、弟を事故で亡くしたみゆきちゃん家族。お父さんは酒に溺れ、お母さんは心が壊れてしまいます。大学進学をあきらめ、就職して生活を支えていましたがお父さんの死後、強い願いを持って明日橋を渡ります。

そして、1989年の弟が亡くなる前日にタイムスリップ。後輩のアヤカちゃん、達也くんと共に弟を助けようと、時代を変えようと行動開始。アヤカちゃんの行動力いいですね。発言も説得力があります。若き日の母と父と会った大人みゆきさん、当時は解ろうともしなかった二人の想いを知ります。ここから涙が止まりませんでした。弟・健太を助けたい。お父さん、お母さんを救いたい。不幸な時代を変えたい。幸いなことに事故は回避できましたが、時代はそれを許しません。

33612511_1953868941354067_9089064475318812672_n.jpg

健太を死に導こうとします。強い想いを持って健太を助けようとするみゆきさんたちを阻止しようとする大人たち。大豪寺さんサイテー!あの人のせいで周りの大人たちが悪い方向に向いてしまいます。が、最後にみゆきさんを信じたお父さんとお母さん。以前のお父さんは一方的に考えを押しつけていました。お母さんは弟ばかり気にかけて、みゆきちゃんの方を向いてませんでした。ウチのお父さんオススメの田中美里さん(桐子母さん)、カッコいいです。そしてついに健太を見つけたみゆきさん。うーん……ラストは伏せておきます。涙が止まりません。ぜひ映画を見ていただきたいです。

太田監督の2010年の映画、青い青い空のラストにもありました。「時代は変わる」「そして新しい時代」強い想いを持って行動すればきっと叶う。明日にかける橋はまた私たちに大切なことを伝えてくれました。幸い私たちは父母に目一杯の愛情をもらっています。両親に感謝して、明日にかける橋に教わった強い想いを持って日々すごしたいと思います。



明日スクエア全国.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」感想 「懐かしくもせつない気持ちで見た」 [明日にかける橋=感想]

34050709_1959254034148891_7689079435185618944_n.jpg

「はっきり言って、面白かったです。弟・健太が亡くなった1989年から20年を、その間のニュースでつなぐのですが、その時を生きてきた世代なら『あったよね、こんなこと』と、懐かしくも切ない気持ちで見ちゃいました。そうそう、この20年、こんな時代だったよなと。

そして主人公たちがタイムスリップした後の奮戦、応援しちゃいたくなりました。2時間8分、映画としては長めのものだと思いますが、飽きることもなく最後まで見られました。板尾創路さんの演技と藤田朋子さんの演技が、要所要所で泣かせてもらって、笑わせてもらいました」

予告篇はこちら=>https://youtu.be/i25nExjEbws




DY2-u-AVAAEp3hQ.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

試写で『明日にかける橋 1989年の想い出』を見ました。 by 映画監督Hさん [明日にかける橋=感想]

33041335_1946194292121532_9137791527831994368_n.jpg




本作はタイムスリップものと聞いていたので、てっきり現在から話が始まるものと勝手に思っていたのですが、1989年から話が始まり、一旦、2010年まで話が進む構成が見事でした。過去に何があったかをじっくり描いていることで、2010年から過去にタイムスリップした時に、何をやり直したいのかがストレートに伝わってきます。

この1989年の描写も良く出来ています。静岡県袋井市というところが舞台なので、確かにバブル時代ではあるものの、東京みたいな狂乱ともまた違う。1989年を描くための美術も丁寧でした。自分も自作が主に1980年代だったので、自主制作のレベルではなかなか大変だったのですが、『明日にかける橋』では、テレビのニュース、CM、看板、雑誌まできめ細かいのです。同時代を過ごした者としては、小ネタにも反応してしまいます。

そして、タイトルにもなり、メインビジュアルにもなっている橋が素晴らしい。この橋がタイムスリップの装置にもなっています。

確かにこの映画はタイムスリップものではあるのですが、僕はこの映画を見ながら、心のタイムスリップだ、と思っていました。確かに、事故死した弟を救いたい、父母を救いたいという、歴史を変えたいというSF的なハラハラ感はありつつも、それよりは家族をもう一度やり直したいという思いの方が丁寧に描かれています。だからこそ、あのラストシーンが胸を打つのだと思います。

鈴木杏さん、板尾創路さん、田中美里さんの凛とした佇まいは、とても絵になりますね。

本作は静岡県の主婦三人の、映画を作りたいという思いから始まったそうだ。そういう意味では「地域発」映画だ。僕が太田隆文監督を知ったのは、監督がブログで「地域発」映画の良し悪しを具体的に書かれていて、とても参考になることがあったからでした。

『明日にかける橋 1989年の想い出』は、6月30日から、有楽町スバル座で公開。以後、順次全国公開予定。予告篇=>https://youtu.be/i25nExjEbws


DY2-u-AVAAEp3hQ.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」感想ー2回目も同じ場面でウルウル! [明日にかける橋=感想]

32950269_1946196598787968_7576407792878092288_n.jpg

「明日にかける橋」感想ー2回目も同じ場面でウルウル!
by シネマかふぇ七ツ梅結ぃ房さん

鑑賞は2回目(1回目は静岡県での完成披露試写!)。まず気がついたのは「音が綺麗になっている」ということ。BGMも効果的に使われていて、それぞの人物描写(心理状態)が鮮明になっていました。

それと2回目ということもあり、主役以外の人物だったり風景だったり目が向くようになり「なるほどこういうことか[exclamation]」と新たな発見があったり…2回目も同じ場面でウルッと(ToT)。一人でも多くの方に観てもらえるように応援させてもらいます!



DY2-u-AVAAEp3hQ.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

太田監督の最新作「明日にかける橋」を観てきました。 by 東京都 女性 Sさん [明日にかける橋=感想]

33041335_1946194292121532_9137791527831994368_n.jpg

太田隆文監督の最新作「明日にかける橋」を観てきました。

by 東京都 女性 Sさん

もし、過去に戻れるのなら「どの時代に行きたい?」…誰の胸の中にもある密やかな思いを、バブル時代に起こった家族の不幸をベースに物語は進行していきます。1989年にタイムスリップしたヒロイン(鈴木 杏)は、過去に起こってしまった、弟の交通事故死という「不幸」を、その時代に戻って食い止めるために、苦悩と共にさまざまな困難に立ち向かいます。

ヒロインが、かつて両親との間にあった誤解やわだかまりを解いていく過程は熱い共感で、涙なしには観られません。会場では、すすり泣きの声があちこちで聞かれました。困難に立ち向かうヒロインをサポートする社長(宝田 明)の「大きな力や世間の空気に惑わされることなく、自分の頭で考え判断し行動しなければ問題は解決しない。自分で考えることが何より大事!」と説く言葉に、監督のMessageを感じました。



DY2-u-AVAAEp3hQ.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 明日にかける橋=感想 ブログトップ