So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
3月−2018 ブログトップ
前の10件 | -

田中美里さんのFM番組。bayfm78 Morning Cruisin'』 で「明日にかける橋」の話を少しするとのこと。 [3月−2018]

26172319_1757215781019385_7674937087466475426_o.jpg


「明日にかける橋」に出演してくれた田中美里さん

パーソナリティを担当するFM番組。bayfm78 Morning Cruisin'』では、

「明日にかける橋 1989年の思い出」のお話も少しするとのこと。

23926653_1705143619559935_6888798690931613596_o.jpg

ぜひ!明日3月31(土)午前9時〜

 http://web.bayfm.jp/cruisin/


m_E382BFE382A4E38388E383AB.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

明日にかける橋ー日記 久々に編集作業! [3月−2018]

28166853_1876164212457874_2683241034130011708_n.jpg

上がって来た合成カットを本編にはめ込んで行く。久々に編集作業でちょっとぎこちない。合成というのは背景は本当の地元風景。そこにいろんなものをはめこんで、****感を作りだす。

映画公開前に詳しく説明すると面白くないので、1つだけ紹介すると、例えばテレビ。主人公がテレビを見ているシーン。そのテレビには何も映っていない。別の日に撮影したテレビ番組を編集。そのテレビ画面にはめ込む。それが合成作業。そうすると、あたかも主人公がテレビを見ているような場面になる。

なぜ、現場のテレビにその番組を流して撮影しないのか?というと画面に映る番組をカメラで撮ると、目に見えない走査線が映ったり。画面が反射して見辛かったりするから。あえて別撮りしてはめ込む。

そのカットは3−5秒。なのだが、今回はテレビを見るシーンがとても多いので、かなりの数。午後から作業をしているが、まだ終わらない。単にはめ込むだけでなく、あれこれ効果もかけるので時間がかかる。



明日スクエア_edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

明日にかける橋ー日記 配給会社と東京宣伝会議! [3月−2018]

21151405_1875501399190822_5762284750935052703_n.jpg

昨日、新宿で「明日にかける橋」の宣伝会議を行なった。今回は具体的にどう進めて行くか? 予算は限られているので、その中で何を実行し、何を削るのか?等を話し合う。先の記事にもすでに書いたが、チラシ&ポスターは印刷開始。ポスターは上がって来た。マスコミ試写会用の招待状は週末に印刷が上がるので、それ次第に住所書き、発送。

試写会の会場はすでに予約済。マスコミ以外は誰を招待するか?を打ち合わせ。初日舞台挨拶も計画。誰に来てもらうか? 上映期間中、初日以外にもイベントをするかどうか?パンフレットの直し。本編素材はいつ完成か? DCPはいつ作るか? エンドロールはいつ届くのか? 予告篇は? そして海外の映画祭はどうか?等を延々と打ち合わせ。

海外の映画祭への出品は特に力を入れたいが、審査してもらうのに費用がかかる。それで落ちたら経費がもったいないが、世界の人が見てくれるのは嬉しいこと。その審査料をどうするか? 宣伝費だけでも厳しい状態。その辺を考える。

そんな感じで、間もなく4月。東京公開まで3ヶ月となる。本格的な宣伝スタートだ。多くの皆さんの応援なくしては今回の成功はない。静岡県のみなさんが力を合わせて作った市民映画。何とか多くの人に見て頂きたい。応援よろしくお願いします。


明日スクエア_edited-1.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

明日にかける橋ー合成素材待ち!あと2歩で完成! [3月−2018]

29354383_1872741166133512_6697953160095829143_o.jpg

最終MAが終了。音と音楽が入ったデータを編集室に持ち込み、再編集した映像と合わせる。あと、ここに合成したカットを入れ込めば本当に完成。それが映画館で上映される。

が、合成素材を入れる前に音楽に合わせて、何カ所か編集。音楽は映像に合わせて制作してくれているのだが、音楽の進行と編集をより合わせるために、音楽を優先して編集を直すことがある。音楽は単なるバック・グラウンド・ミュージックではない。映像とのかけ算で2倍、3倍面白くなる。

この「明日にかける橋」で5作目の監督作。映画が公開されると必ず映画館にこっそりと行き、お客の反応を確かめる。笑うシーンで、お客は笑うか? 泣けるシーンでお客はちゃんと泣いているか? 演出や演技が受け入れられいるか? 見に行く。

試写会だけでなく、公開してから数日後。中日。最終日近く。これまでの作品は全て、多くの観客が涙して観ていた。もちろん「どこが泣けるの?」と全く感動してもらえない人も少しはいたが、半分以上の観客が涙を吹きながらスクリーンを見つめ、鼻をすする音が聞こえる。

しかし、泣ける映画を作るのは本当に大変。それが前作「向日葵の丘」まで4作共に多くの観客が涙してくれた。今回は5作目、もうダメか?と思ったが、昨年末の完成披露試写会でも多くの人が感動し涙していた。そして、最終MAでのプレビューを観て、今回も感動溢れる作品になっていること。確信した。

東京は先行公開。6月30日(土)から有楽町スバル座で。全国は秋頃から公開。お楽しみに!


明日スクエア_edited-1.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

明日にかける橋ーMA作業完了の報告。スタッフも絶賛!? [3月−2018]

29060411_1871019732972322_6878054295940956931_o.jpg

日曜日。最終MAを行なった。MAというのは音楽、台詞、SE(音響効果)をダビングする作業。今回はその最終作業。昨年末の完成披露試写会のバージョンを改良し、さらによくするための作業である。

通常は昨年のバージョンで完成なのだが、今回は市民映画。大企業からに出資ではなく市民からの寄付で制作する映画。その〆切が3月下旬。規定の額以上の寄付をくれた方の名前がエンドロールに記載される。その最終リストを待っているのだが、その間ー3ヶ月あるので音と映像ももう一度直しを入れようということになった。

映画完成後によくディレクターズカットというのが作られるが、今回はそれが映画館前に可能になった訳だ。本来、監督というのは映画を完成させて映画館の大画面で見たとき、「あーここは**すべきだったなあ」「「この場面は***してはダメだったなあ」とか必ず後悔する。数ヶ月も編集室に閉じこもり編集すると、客観性が失われたり、何度も見直しても見落としている部分を映画館で見つけたりする。

その反省を踏まえて映画館前に改訂版を作れたのはとてもありがたい。完成披露試写会版は満足行く出来だったが、さらにこうすれば、ここを直せば、より良くなる!という部分が何カ所かあったので、そこを直すことができた。さらに、完成披露試写会はホール上映だったので、映画館に比べると音響がよくない。今どきのシネコンはマルチステレオ。公共施設のスピーカーよりも格段にいい。

そこで、そんな最新設備で上映するに相応しく、新たに5.1chステレオで録音し直した。それに従いSEと音楽を追加録音。映画館で見ると音が飛び交い、音楽が観客を取り巻くという環境で映画を見ることができる録音をあらたにし直した。その作業を日曜日の午前10時からスタート。

プラスして、完成披露試写会で見たときに「このシーンはこの音がほしかったなあ」という音響を加えた。音楽も新たに録音した新曲と差し替えたシーンもある。すでに「明日」を見た方も次に映画館で見ればかなり印象が違い、音響効果も数段違うので前回の2倍感動するはずだ。

その作業。結局、深夜の11時まで。そこからようやくプレビュー。問題はないか? 関係者数人で確認。2時間を超える長尺だが、退屈することなく怒濤の展開。僕自身も完成披露試写会から3ヶ月振りに観る本編。かなり新鮮。やはり編集作業終了直後とは違い客観性を持って見ることができる。その上で感じたのは、自分で監督した作品ではあるが、もの凄く力が入った作品で、スピード感があり、笑って、ハラハラして、泣ける、まさに大エンターテイメントになっている。

完成披露試写会には参加していないスタッフのUさんは、今回が初見なので感想を訊くと「自分が参加した作品なので言い辛いが泣けた。涙が溢れた...」とのこと。スタッフはシナリオを読み、現場を体験している。物語も芝居も知っているのに泣けるというのはかなりのことなのだ。それは現場で見た俳優の見事な芝居と音、音楽、編集が見事に融合して感動を生み出しているということでもある。

通常、出来がよくないときプレビューが終わるとスタッフは作品に触れず「いやー無事に完成したね〜」とかいうのだが、今回は誰もが「よく出来ている」「凄い」という感想を口にした。あの暑い夏。市民のみなさんの協力を得て撮影した映画がこうして完全版になろうとしている。あとは合成パートとエンドロール。それらを作品に組込めば完全完成だ。そして4月に入るとマスコミ試写会が始まる。6月30日には有楽町スバル座で東京先行公開。まだまだ戦いは続く!
nice!(0)  コメント(0) 

明日にかける橋ー祝日も仕事。それが映画業界。ブラックなんて言ってられない?! [3月−2018]

29426022_1862665733807722_9126227624740257792_n.jpg

本日は祝日だが、映画関係は休み!という訳にはいかない。今朝からあれこれ作業をしている。昨日から冬に戻ったようで気温は10度を下回っている。いつもなら平気で仕事をするのだが、本日もヒーターをつけて仕事。

少し前にかなり厳しい仕事をして、疲労困憊。活字を読む集中力さえ低下。数日間寝込んでいた。こんなときに風邪を引くと大変。という訳で部屋を暖かくして作業。

配給会社も祝日に関係なく仕事をしている。前売り券を印刷所に依頼するとの連絡。デザインはチラシ&ポスターと同じものだが、前売り券はチラシより細いので、同じデザインで行けるか?と不安だったが、デザイナーさんが見事に嵌めてくれて感謝。

体力低下中なので、ここ数日は押さえ気味に仕事をしているが、次第に活字を読む集中力も戻り、少しずつ余裕が戻って来る。とはいえ、友達呼んで宴会という元気はなく、昨年の撮影以来、部屋を片付ける余裕すらなく、完成披露試写会に突入。その後は改訂版の編集と、休む暇もなかったので部屋がゴミ屋敷状態。それをまず何とかしたい。

間もなくマスコミ試写会もスタートするので、招待すべき人たちのリストアップも必要だ。といってもお友達を呼ぶのではない。映画を観たことで、その感想を新聞、雑誌、映画サイト等に書いてくれる評論家や映画ライター。そして著名人、有名人。そんな人たちが観てくれれば、エッセイやトーク番組で「明日」の話をしてくれるかもしれない。

その人選もせねばならない。そして間もなくMA。これが終わらないとほっとできない。今回は5.1chで録音。もちろんステレオ。合成処理や編集も直しているので、感動も2倍。そのあとに予告篇の編集。やること山積み。がんばらねば。


明日スクエア.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

♫もうすぐ春ですね? 新作の宣伝始めます!(キャンディーズの歌のフレーズで) [3月−2018]

29472444_1861480330592929_7823765469239705600_o.jpg

先日まで「寒い〜」と思っていたら、「ああ、もう春だ〜」と思える暖かさ。もうスタジャンを着る季節も終わったなあ〜と感じる。花粉が飛び交い、くしゃみ止まらず「本格的な春か?」と思いきや。本日は寒い上に雨。また、冬に逆戻り。ヒーターをつけて仕事をする。

CMを見ていると「もう春なんだな〜」という明るいイメージのものが増えているが、個人的には冬が好き。あの「寒いーー」と思いながらヒーターをつけて仕事する雰囲気がいい。木枯らし舞う道路を首をすぼめて歩く夜道が好きだったりする。

ま、映画監督なんてひねくれ者ばかり。と書きながら、ここ数日、実は疲労困憊で寝込んでいた。少し前の大仕事を終えてほっとしたらドドドと疲れが出た。まだ、完了はしていないが、しばらくは自宅勤務(?)。

が、ここから「明日」宣伝活動が始まる。とはいえ、これまでのような編集作業や撮影ではないので、忙しいとはいいながら、若干の余裕はある。生活のための仕事もせねばならない。そして、監督業はいろいろ勉強も大切。テレビニュースもここしばらくほとんど見れていない。

森友問題はどうなったのか?録りためたビデオを暇あれば再生。財務省改ざん事件を把握。古賀茂明さんの本「独裁者」も読み進めている。あと昨年から読めずにいる「地位協定入門」という本も読まねばならない。古本屋などで見つけたときに買う小説もたまる一方。余裕があれば読みたい。

「明日にかける橋」でこれまでのカードは全て注ぎ込んだ感がある。次回作の話はまだないが、あれこれ勉強しておかないと次に進めない。数年前から興味を持ち勉強している精神病もまだまだ調べたい。上映中の映画も観に行かねば。新作を見ることは何よりの勉強なのだ。

ヒーターの上で洗濯物を乾かしながら、音楽家さんに送るデータの書き出し。その間にFacebookで記事書き。来週からは宣伝活動が本格スタートである。


明日スクエア.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

明日にかける橋ーお願い! もし、間違った情報を見つけたら? [3月−2018]

28164426_1823089744431988_2763016443496401029_o.jpg

公開日の拡散。多くの方が協力してくれるのでありがたい。ただ最近、間違った表記をする方を複数見かけた。

まず正解はこれ=>「6月30日公開」

というのは6月30日から上映されるという意味。そこから最低2週間ほど上映される。それが「公開」という意味。

それを「6月30日に上映」と書く人が何人もいた。それだと「6月30日、1日限りの上映」という意味になる。また、上映ではなく「放映」と書く人もときどきいるが、「放映」はテレビで放送すること。映画館では「上映」あるいは「公開」というのが正しい。放映とツイートされると必ず関係者から「テレビ放送するんですか?まだ早いでしょう」と問い合わせが来て説明せねばならなくなる。

「大して違わないんじゃない?」

という人もいるが、こんなこともある。「6月30日上映」と書かれた記事を見た人は「あー残念。7月1日なら行けたのになあ」と諦めてしまうかもしれない。実際は7月1日も上映しているのだが、その記事のせいでそういうことも起こりえる。

また、通常、映画館で1日上映というのは、多くの観客動員が見込めない映画だけど、特別に1日だけ上映というものが多い。つまり「明日」はそんな映画なんだと解釈する人も出て来る。些細な間違いで大きな誤解が生まれてしまう。

実際に、こんなことがあった。

「監督。いい映画なのに、なぜ、1日しか上映しないんですか? もったいないですよ」と地元の人に言われた。が、先に挙げた例の通り。主催者が「*月1日上映」と告知していたのだ。「上映」と「公開」をごっちゃにして記載。そのために、その人は映画はもう終了したと思い込んでいたのだ。先にも書いたが、細やかな間違いでも、それはデマと同じ。応援のつもりが、見る人を減らす結果になる。ネット社会は間違っていても拡散されてしまう。

ただ、むずかしいのは、注意すると

「だったら、もう応援しない!」「細かいことでうるさい!」と逆ギレ。本当に意味でのネガティブキャンペーンを始める人もいる。また「すみません」と理解してくれたのに、その記事を訂正せずに放置することも多い。それをまた多くの人が見て間違い情報が広がる。

ツイッターでは今も「6月全国公開」と書かれたツイートが残っていて検索するとすぐに出てくる。それを見て「6月全国公開かあ!」と思い込む人も出てくるかも。また「全国公開は6月になったらしい。僕もその方がいいと思う」と書いたツイートも残っている。「らしい」と書かれているが、どこからもそんな話は出ていない。こちらの方にも以前に注意させてもらったのだが、「すみません」と返事が来たが、今も削除してくれていない。

そして、その間違いを指摘してくれる人がなかなかいない。関係者でなくても事情に詳しい人は教えて上げればいいのに「いいね」を押したり「リツイート」するばかり。たぶん、先に書いたように、そのことで逆ギレされたり、恨みを買ったりしたくないからだろう。

しかし、そのことで間違った情報が拡散されたら......

と考えてほしい。実際、そんな情報を信じて映画が観たかった人が先にも書いたように、映画を見ずに終わったことがある。「明日にかける橋」は多くの人が支援、応援してくれた映画。市民の力で作り上げた映画。それを勘違いや書き間違いの情報で、間違った情報を拡散したり、見たい人が見れずに終わるのは本当に悲しい。

もし、その種の間違いに気づいた人がいれば、優しくコメントして教えてあげてほしい。よろしくお願いします。

6月30日(土)公開 有楽町スバル座にて
(30日から映画館で毎日上映されるという意味。1日限りでなく最低2週間は上映というのが「公開」の意味)

秋、全国公開。
(9月とか10月とかは決まっていません。少なくても6月はありません)

明日スクエア.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

明日にかける橋ー今後の予定 マスコミ試写会等を計画 [3月−2018]

明日スクエア.jpg

東京・有楽町スバル座。6月30日(土)公開が決まった映画「明日にかける橋」今後の予定をお伝えする。現在は配給会社がもろもろ準備中。まず、チラシ&ポスターのデザインは終わり、数日中に印刷を開始する。

前売り券&試写状のデザインも終わった。基本全て同じ統一デザイン(夕焼けの明日橋)だが、それぞれのサイズで微妙にバランス等が違うので、それぞれをデザインせねばならない。いつもお願いしているデザイナーさんが担当してくれている。

マスコミ試写会は4月からスタート。6月の公開までに5回ほど行なう。今回は評論家、映画ライター以外の人たちもご招待して観てもらおうとか?と計画中。

といいながら、実は本編。改訂版がまだ完成していない。ポスプロを担当するスタッフがなかなか忙しいからだが、来週あたりにスタジオで最終MAを行なう。音も音楽も編集も直しているので、完成披露試写会のバージョン以上に感動的な作品になっているはず。上映時間も3分ほど長くなっている。

MAが終われば特報に代わる予告篇を僕が編集する。特報は本編映像の入らないもの。まさに特報だが、予告篇は本編映像が入り、映画館等でもかかるものだ。4月に入ったらネット上でも配信するのでお楽しみに。

宣伝活動は4月の試写会と共に本格派。多くの人に映画の存在を伝え、6月30日からの有楽町スバル座の公開に来てもらえるようにしたい。ちなみに、間違えた表記をする人がいるので念のために書くが、

6月30日(土)公開というのは、その日から最低2週間は上映するという意味。ヒット次第では延長もある。6月30日ー1日だけの上映ではない。


当日のイベント、舞台挨拶等も考えているがまだ決定はしていない。決り次第に報告させて頂く。



0315_asu_B5_omote_1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「明日にかける橋」ツイートを板尾創路さんがリツイート!感謝! [3月−2018]

IMG_9715.JPG


「明日」の公開日をツイートしていたら、何と!板尾創路さんがリツイートしてくれた。

ありがたい。

「明日にかける橋」は6月30日(土)から東京先行ロードショー。

有楽町スバル座にて。

告知応援。お願いします!


0315_asu_B5_omote_1.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 3月−2018 ブログトップ