So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
7月ー2018 ブログトップ
前の10件 | -

ロスアンゼルスで開催される映画祭に参加 [7月ー2018]

E38381E383A3E382A4E3838BE383BCE382BAE382B7E382A2E382BFE383BC-dbac5-52250.JPG

「明日にかける橋」が海外の映画祭の招待作品となった。嬉しい。その映画祭は毎年行われるもので、LAのリトル東京を中心に何箇所かで、この1年くらいに製作、公開された日本映画が何本も上映する。日本文化に興味のあるアメリカ人、日系人、そしてLA在住の日本人らが観客。

LAも昔は日本映画専門の映画館がリトル東京にあったのだが、80年代に潰れて、それ以来、日本映画を大スクリーンで見るのがむずかしくなった。ま、DVDがあるので日本のレンタル店に行けば見ることはできるが、やはりスクリーンで見れないのは残念。そんな状況なので、映画館で日本映画が観たい!というひと人々が映画祭に集まる。

10686824_707158509358456_5115492575530701301_n.jpg

僕の映画は以前にも招待作品となり、上映してもらったことがある。あるときは映画館(タランティーノがオーナー!)あるときはリトル東京のホール。時と場合でいろんな会場となる。多くの人が集まることが多いが、そこそこのこともある。カンヌやベルリンのような大きな映画祭ではなく、日本文化を広めるために市民が続けている小さな映画祭だ。

ただ、やはり、アメリカ人に見てもらえる機会であり、自分が作った映画がどんなふうに見てくれるのか?興味深々。反応も楽しい。舞台挨拶あり、観客とのQ&Aあり、いろんなイベントがある。日本からのゲストも大林宣彦監督、俳優の仲代達矢さんなど大物もいる。常盤貴子さんも飛び入りしたことがある。

DSCN4034.jpg

オープニングパーティから、クロージングまで、毎日何かイベントがあるが、多少の時間はあるので毎回、同行してくれた人たちをLA観光に連れて行く。僕にとっては以前に6年も住んでいた街なので、地図もナビもなしで案内できる。通訳兼ガイド。おまけに映画ロケ地ツアーまでやってしまう。

「ターミネーター」「ブルーサンダー」「ヒドウン」「ダークナイト ライジング」「理由なき反抗」「キルビル」「ブレードランナー」「24」「パラダイム」「リーサルウエポン」とLAでは多くの名作映画が撮影されている。それらの場所を僕は全て知っているので(もう、地元ですから!)同伴者はめっちゃ楽しんでくれる。

P1030311-5fd9e.JPG

あと、LAには美味しいレストランがたくさんある。チャイナタウン、コリアンタウン、ハンバーガー(最近はインアンドアウト・バーガーがお勧め)カルフォルニア・キッチンもうまい。「プリティウーマン」の舞台となったロデオドライブは高級品店がずらり。サンタモニカは桜田淳子の歌で有名? チャイニーズ・シアターでスターの手形を見るだけで何時間も過ごしてしまう。映画好きにはLAはヘブンだ。

何だか映画祭に参加するのか? ツアーガイドに行くのか?分からなくなるが、そんな映画祭に8月参加する。楽しみだ。



DiHE4YWU8AEU3tu.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

夏になると毎年聴くアルバム [7月ー2018]

37296216_2043429922397968_373048171997167616_n.jpg

1982年の夏。今から36年前。僕は横浜に住み。映画学校に通っていた。が、授業は本当に詰まらなくて、学校には行かず、仲間と8ミリ映画を作っていた。その上映会をするために、日時をコピーしたものをチラシの裏に貼り付ける作業をしていた。

当時は4畳半一間。エアコンどころか扇風機もなかった。風も通らない部屋。まるで真夏のビニールハウス。そこで友人と2人で、チラシの裏に日時を書いた小さな紙をノリで貼り付ける作業をしていた。汗が滝のように溢れる。頭にタオルを巻いて作業。

ラジカセでテープをかけた。それが当時大人気だった「ナイアガラ・トライアングルVOL2」だった。特に「LOVE HER」が流れると、涼しい風が吹いたようだった。友人も顔を上げ「俺もそう思ったよ」と呟いた....。それから36年。

今年の夏は「明日にかける橋」の宣伝とメイキングの編集。生活のための仕事もせねばならないが、まだ手付かず。やばい。でも、あれから36年。僕はあのころと同じことをしている。チラシを作り、予告編を作り、メイキングを編集。今年も暑い夏が続きそうだ...。


DiHE4YWU8AEU3tu.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

メイキング編集は続く⑤ 誰も教えてくれない。学校では学べない。どうする若者? [7月ー2018]

21752699_1616818365059128_2289782317453116829_o.jpg

撮影6日目の素材を見ている。メイキング担当の学生君が撮ったものだ。最初に比べて映像が落ち着いてきた。ということは初めての撮影現場で動揺してミスを連発していたと思える。ピンボケ。手ぶれも少なくなった。が、確か、この辺で僕が彼の撮影振りを見て注意したのも思い出す。

あと、6日にして彼はとうとう革新する。誰が主人公か?を把握したようでカメラの中心でその俳優を捉えていたのだ!!!!そしてついに、6日目にして初めて、その俳優の寄り絵を撮影した!!! よしーーー!というか?遅すぎるのだが、、、、

それでも弁護的にいえば、撮影1週目は何を撮っていいか?全く分からない映像の連続。ロケ地近所の家の犬を延々撮影していたりする。それが少しすると引き絵ばかりだが、撮影の全体を撮るうようになる。それだけではダメなのだが、一時は彼は「メイキングとは引き絵で撮影風景を撮ること?」と考えているのかとさえ思えた。が、6日になると、途中でズームして俳優の寄り絵を撮るうようになった。凄い。進化している!

ただ、それは当たり前のことで、そのくらいのことは撮影初日からできることなのだが、まったくやる気のない学生というわけではないようだ。そして、いかに映画学校で何も学んでいないか?を痛感する。ただ、現場は学びの場ではない。実習でもない。真剣勝負の場だ。学生の勉強のために呼んだわけではない。でも、彼だけに関わらず、多くの若い人はその辺が分からないようで、「ギャラはいくらですか?」とまず口にする。とても金を払える腕でもないに関わらずだ。

バイト感覚。1時間働いたらいくら?ということなのだろう。だから、プロの現場でそんなレベルの学生を使うことは危険。本当は彼にとってとても勉強になるのだけど。それがあちこちで低予算映画が作られる中、学生であっても現場に呼ばれるチャンスが出てきた。真剣勝負の場というのは、ものすごく勉強になる。俳優でも100回レッスンを受けるより、1回撮影現場に出る方が100万倍勉強になる。スタッフも同じだ。

予算削減と不況のせいなのだが、それが学生には大きなチャンスとなっている。にも関わらず、それを生かせず、バイト感覚。言われたこともできない。言われたことしかしない。メイキングが何たるか?を勉強して来ない。主人公が誰なのか?も把握しない。ため息が出るが、以前のメイキング担当は編集を投げ出して逃げしまった。それに比べて今回の学生君は怒られながら叱られながら最後まで現場を務めた。映像を見ると少しずつだが進歩している。

今回は彼の学習の場を作ったわけではなく、プロの仕事としてお願いしたので、それはまったく果たせてはいないが、その背景にあるもの。いろいろと感じる。僕は思う。学校システムが、特に映画学校や演劇学校はその役割を果たしていない。彼らは高い授業料を払うだけで、役に立つことを学べず。学ぼうとせず。現場では使い物にならない。昔の映画界はそんな若者を育てる場でもあったが、今は違う。即戦力が必要とされ、育てる余裕はない。

学校でも学べず、現場でも教えてくれない。これは映画界に限ったことではないだろう。原石を磨くとかいうが、誰も磨いてはくれないのだ。自分で考えるしかない。DVDを見る。自分でやってみる。自分で腕を磨くしかない。そして、いつまでも無意味なレッスンをしていないで、現場に出ること。それが大切なこと。学生君の奮闘からも感じる。


DiHE4YWU8AEU3tu.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

番宣用のメイキングを編集中。 [7月ー2018]

37161688_2043214119086215_8251936398270005248_n.jpg

番宣用のメイキングを編集中。

部屋の温度は34度!

本日も暑い。。。

でも、冷房入れずに仕事。


DiHE4YWU8AEU3tu.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

役所に行くたびにイライラ! [7月ー2018]

21414935_1608893719184926_6279682865881428419_o.jpg

LAの映画祭参加のために、パスパートがいる。調べると既に切れていた。で、再申請するのに住民票が必要とのことで、猛暑の中。区役所に行くと、今はパスポート発行センターとコンピューターで繋がっているのでいらないと言われる。で、また、電車に乗り、有楽町にあるそのセンターへ。

そこの担当のおばんさんがムカつく人で「期限切れは戸籍謄本が必要です!」という。先の区役所でもらった資料によると、ある種の条件の人は必要としか書いていない。分かりやすく書いておけよ!で、担当者に「ということは、本籍地まで行って取って来ないと行けないの?」と、そんな訳ないよね?という感じで聞くと「そうなるかもしれません!」と言い出す。たかだかパスポートのために関西まで行くのかよ?と、さらにむかつく。

「送ってくれたりしないの?」と訊くと「各自治体のことは承知していませんので、直接連絡してください!」と無表情でいい放つ。知らないなら「そうなるかもしれない」なんていうな!これだから役所は嫌いなんだよ。結局、猛暑の中、区役所とパスポートセンターの両方に行ったが両方とも無意味。1日無駄に過ごす。本籍地の役所に電話。あれこれ面倒な書類を作り、為替小切手と返信用封筒を同封し送れとのこと。

結局、その日のことにはならず。郵便局も間もなく閉まるので翌日のことに。そして半日かかりで指定された書類を用意。郵便局へ。メイキングを作らねばならないのに、2日も時間を取られる。それから数日。未だに戸籍謄本は届かない。パスポート取得にも何週間もかかる。こんなことで間に合うのか? 

ネット全盛の時代に、なぜ、市民が役所まで行き、あれこれ手続きをせねばならないのか? 区役所とパスポートセンターがオンラインで繋がっているなら、なぜ、地方の役所はそうならないのか? 今時、封書で、郵便為替なんて? イライラが続く。おまけに暑い!!!

DiHE4YWU8AEU3tu.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」静岡県版・予告篇ー初公開! [7月ー2018]



「明日にかける橋」静岡県版・予告篇ー初公開!


DiHE4YWU8AEU3tu.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ロビーカードの新作。 みゆき(越後はる香)と健太(田崎伶弥)の場面。 [7月ー2018]

37107227_2041188419288785_7384523884046843904_n.jpg

「明日にかける橋」新ロビーカード紹介!

バタバタで東京公開中は紹介できなかったが、

ロビーカードの新作。

みゆき(越後はる香)と健太(田崎伶弥)の場面。

観た人は思い出すよね?このシーン!


DiHE4YWU8AEU3tu.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」英語字幕版・予告篇! [7月ー2018]



「明日にかける橋」英語字幕版・予告篇!


DiHE4YWU8AEU3tu.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

メイキングの編集をスタート。かつてない過酷な戦い? [7月ー2018]

36776611_2025922294148731_7881449160652619776_o.jpg

静岡公開の直前に配信される「明日にかける橋」メイキングの編集作業をようやくスタートさせた。本来は1ヶ月かかる作業なのに東京公開の宣伝で時間を取られて全く作業ができずにいた。本来なら誰か編集の専門家を雇いお願いするべき事案。だが、さまざまな事情で僕がやることになってしまう....。その背景をお伝えする。

基本、地方映画というのはどこでも予算が少ない。企業映画の半分から3分の1の製作費。だが、地元からのマンパワーや物。食事の提供等で企業映画に負けない作品にする。これまでもそうしてきた。その上でいろんなことを節約、削減して完成させるのだ。ある意味で今回は恵まれた現場と言える。企業映画でも本当に厳しい予算で撮影をするものもあるが、地元が今回の映画のように支えてはくれない。

ただ、第1線で活躍するプロのスタッフにかなり厳しい額で参加してもらっている。もう、ひたすら感謝感謝であり。言い換えれば彼ら彼女らも製作費を出資してくれているともいえる。「それでもこの作品をやりたい!」という彼らに助けられた。助手も3人必要なところを2人に。機材も3台必要なものを1台に。と経費削減してくれている。見るからに低予算という地方映画がときどきあるが、制作サイドが努力せず、もらった製作費の中で、利益を抜いた上で、できることだけをしている場合がそんな作品になる。

でも、太田組は毎回、全力投球。製作費の倍以上に見える作品となるのは、そんなスタッフの努力に支えられている。それでも映画は金がかかる。予算も厳しく、いつも、どこかにシワ寄せが行く。今回はメイキング(撮影風景を記録する係)のギャラ。アルバイト料くらいしか出せなくなった。

そもそもメイキングのプロというのはおらず。カメラがまわせて、映画撮影が分かっている人が担当する。フリーのディレクターとか、監督志望のスタッフとかに頼む。僕も長い期間、メイキングをやっていたが、ある意味、監督業より大変。撮影の段取りや流れ。各スタッフの動きを理解してなければならないし。キャストの名前や経歴を把握。撮影の邪魔にならないようにインタビューをしたり。皆が休憩しているときもカメラをまわす。スタッフ&キャストがいかにがんばって撮影をしたか?を記録するドキュメンタリーを作るわけである。

だが、年配のスタッフはメイキングを嫌うことが多い。昔の映画ではそんなパートはなく、作業の邪魔になるからだ。「お前、どいてろ!」としょっちゅう怒鳴られる。「準備ができてから撮れ!」と言われたりするが、準備中を撮るのがメイキングの仕事なのだ。体力も気力も使う仕事であり、それでいて孤独。孤軍奮闘のパートなのだ。

そんな大変なパートなのにギャラは安い。それに輪をかけて今回のギャラはさらに安い。アルバイト料以下かも? その額ではフリーのディレクターはやってくれない。いろんな人に声をかけたが、誰も手を上げない。それでいて誰でもいいという訳ではない。カメラもまわせて、現場を熟知しているプロ。でも、メインスタッフさえ厳しい状況でやってくれるのに、メイキングに通常のギャラを払う余裕はない。

そこで専門学校の学生を探した。が、なかなか見つからなかった。今時の学生は現場を経験できることより、それなりの報酬をもらわないと手を上げない奴が多い。現場経験もなく、大した技術もないのに「その額だったらバイトした方がマシですね〜」とかいうらしい。だが、現場の仕事というのはバイトではない。ギャラをもらわなくても勉強になる。授業料をはらわず無料で受ける実習のようなもの。だが、若い学生はバイト感覚。1時間働いたら***円という価値観なのだ。

もう、メイキングはなしで......と思えた頃。1人の学生が手を上げてくれた。よし! 現場経験なしだが、カメラはまわせる。若いのにかなり高級な一眼レフを持っていて(動画も撮れる)非常に素直な性格。彼に決めた。が、撮影終了後。撮った素材を見て愕然とする。映像はブレブレ。ピントは外れる。撮影の肝心な部分は撮れていない。余計なものをあれこれ撮っている(壁とか、ふすまとかのアップ?、)あえて斜めに撮ったり、ここぞというチャンスを逃してばかり。その映像を見ていると船酔いしてしまう。

頭を抱える。メイキング作品があれば静岡公開前に配信。全国に流れるので大きな宣伝となる。だが、この映像は学生というより素人レベルで視聴者に見せるクオリティではない。なので一度はメイキング制作を断ったのだが、配給会社等から「なんとかならないか?」との熱い依頼。考えた。これをプロの編集スタッフに渡しても、まともな作品にはならない。人に見せるべきものにできない。しかし作品にできれば大きな宣伝になる。そして、もうひとつ考えたのは、DVD化されたとき(まだ現時点ではDVDになる予定はないが)メイキングを収録できる。

これは映画に携わった多くの方の思い出の作品になると思える。もちろん、本編もそうだが、撮影風景というのは地元の方々も写っているし、あの暑い夏にがんばった姿が記録されている。撮影中は撮影禁止にして、仕事に専念してくれた町の方々。何か思い出になるものを残したい。そう考えて、メイキングを作ることにした。が、学生君が撮った映像は本当にひどい。見れば確実に船酔いする。

数秒使えるシーンがあったと思うと、あと全部ダメ!みたいな映像の連続。でも、その欠片をつなぎ合わせて(めちゃめちゃ大変!)舞台挨拶や俳優のインタビュー映像を追加して、ブラックジャック(手塚治虫の漫画の主人公)の手術のような大編集をすれば、どうにか見てもらえる作品になるかも? そう考えた。だが、そんな面倒な編集を引き受けてくれる人はまずいない。いても、どこまでできるか?わからない。だから、僕がやることにした。

もともとメイキングを何年もやっていたし、撮影の流れ、素材のありかも把握している。現場のことも覚えている。そして編集はかなり得意。実は前作のメイキング素材もかなり酷かった。今回ほどではないが、プロの撮影とは思えないほどレベルの低いものだった。ある人に編集させたが、やはりひどいできだったので、僕が1から編集。完成したものがDVDに収録されているあれ。評判は上々。今回はあのとき以上に酷い状態だが、なんとか地元の方々の思い出になるものにしたい。

締め切りは今月末。なのに宣伝でほぼ2週間を費やし、作業が全くできていない。ようやく本日スタート。あらためて素材を見ると本当に酷い。船酔いして目がぐるぐるする。残る時間は3週間弱。本当に間に合うのか? 新たな戦いのスタートだ。でも、大阪公開もあり、その宣伝で関西にも行かねばならない。。。どうすればいい?? レンダリング待ちでこの文章を書いているが、とにかくやってみる。


DiHE4YWU8AEU3tu.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 7月ー2018 ブログトップ