So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
8月ー2018 ブログトップ
前の10件 | -

今夜、(9月12日)配信のネットテレビ番組に出演します! [8月ー2018]

41256312_2154445731296386_104647582541676544_o.jpg


今夜、配信のネットテレビ番組に出演します!

9/12(水)19:30~19:50
森友理沙「エンタのKakera!」

20分くらい「明日にかける橋」横浜公開の告知させてもらるとのこと。感謝。

横浜にある、元横浜銀蝿のリーダー嵐さんの御店からの中継です!

http://kurofunetv.main.jp



明日スクエア.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

静岡県iさんからの感想「過去から今にタイムスリップして来た気持ちになれました!」 [8月ー2018]

41319031_2154612754613017_1378296030814011392_o.jpg


静岡県iさんからの感想

太田隆文監督の作品である映画「明日にかける橋1989年の想い出」は袋井市や近隣の磐田市や森町を舞台に撮影がされました。

1989年にタイムスリップというと「中途半端だなあ」何て意見も聞こえて来そうですが過去に交通事故により亡くなってしまった弟を助けたいというお姉さんの願いが一番の柱となっており逆に違和感がありませんでした。

とにかく私達の見慣れた穏やかな町中で鈴木杏さんを中心とした俳優さんやオーディションを通過した地元の市民俳優の皆さんが協力して作り上げた作品を是非ご覧になっては如何でしょう!

今回、太田監督の目にとまり大切な役割をしている明日橋。

小さな頃から見てきた地元の方には「もぐりばし」として馴染みの橋でまさか映画に登場するとは地元の誰もが思った事はないでしょう!

ちなみに写真は西からの物で更に古く小さく見えますね。

この橋の上を主役の鈴木杏さんが走った等とは全く思えません!(笑)

37715297_2058969634177330_3542243087323496448_o.jpg

映画の内容はいつも通りまだまだ上映真っ只中なので言えませんが登場する光景は紹介出来ます!

やはり主役の方々がタイムスリップの確認の為に駆け込んだ本屋さんも実は私の同級生のご自宅で何度も遊びに寄らせて頂いた場所。

DhiwIX5UYAArdQp.jpg

愛犬ヨコネとの散歩中に映画の事を思い出しながら久々に寄ると私も一気にタイムスリップ!

実は先日の同窓会の幹事さんがこのお店の息子さんであり当時の3年1組の出席番号の1が彼で3が私!今回は何と1!2!3!が揃い大喜びをしたものでした!

お店に改めて行くとメッチャ古いポスターも貼られていて私も過去から今にタイムスリップして来た気持ちになれました!

こんな考えになれたのも今回の映画のお陰だと思いますが、丁度散歩で歩いた中に映画に登場させたかった場所を発見!

一つ目は安間書店さんの前を流れる原野谷川の向こう岸にある小さな交番!

1989年と言えば私の次男が生まれた平成元年であり、当時は何と袋井市に警察署が無くこの交番が大切な存在だったのです。

地元の方々は勿論知っていると思いますが本屋さんとセットで登場させたかったですね。

そして更に北に歩きちょこっと路地を入ったところにある市民体育館も思い出だらけの場所で良い味を出していますがこの感じは映画の中ではタイムスリップをし過ぎるイメージですので私が頭の中でタイムスリップ!

22045996_1634224829985148_5832758644553046949_n.jpg

でも宇崎竜童さんがライヴを行ってくれたのが確か平成になってからだったと思いますので大したものです。

こんな感じで映画を見てから町の景色を見ながら色々と思い出したり考えたりすることが多くなって来ました!

頭の中でガンガンタイムスリップが出来る様になり映画を観て良かったと感謝もしています!

実行委員の皆様や監督は市民の気持ちがこうなる事を考えて作品を作ったのでしょうか?

とにかく「明日にかける橋1989年の想い出」を観てこんな気持ちになった人間がいる事を報告させて頂きます!



明日スクエア.jpg
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」静岡東宝会館でも舞台挨拶! [8月ー2018]

39006486_2103639636376996_7473641715249709056_o.jpg

「明日にかける橋」静岡東宝会館でも舞台挨拶!

9月1日(土)15:00回、舞台挨拶を開催します。
登壇予定は、鈴木杏さんと太田隆文監督です。

※本編上映終了後の舞台挨拶となります。
※9月1日(土)15:00回のみ全席指定席となります。ご注意下さい。
※チケットの販売は、8/29(水) 劇場オープン時より窓口にて開始します。
※前売券をお持ちの方で、上映会に御入場されたい場合は、窓口券との引き替えになります。
※登壇者は予告無しに変更もございますので、予めご了承ください。


明日スクエア全国.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

復活宣言を書いたが...そして新たな恐怖素材? [8月ー2018]

40288026_2137306393010320_9009797108659650560_n.jpg

先日のFacebook記事。おーこれだけ長い文章が書ければもう大丈夫...と思いきや、またダウン。毎回、映画公開が終わると過労でダウンする。医者から「冗談ではなく、過労死するから休みなさい!」といわれつつ結局、映画上映終了までがんばってしまう。そのあとに来るのが過労の恐怖。そのことは以前に何度も書いたので省略するが、それが今回はLAから戻り、ほっとしたために襲って来た

過労は鬱病に似ていて、もう本当に何もできない。体が「もう、働いてはいけない!」という強制命令を出しているような状態で、心も体も停止してしまう。というか動く気力も体力もない状態。病院に行っても打つ手はなく、医者からも「とにかく当分休みなさい」としか言われない。が、無神経な友人からは「仮病じゃないの?」「本当はさぼりたいだけだろ?」と言われる。一度倒れるまで働け!といいたくなる。

映画の仕事は倒れるまで働いても十分ではない。まだまだ、やることはあるのにこの事態。一度は舞台挨拶欠席も考えたが、静岡公開は今回最大のイベントだ。休む訳にはいかない。とにかく、この1週間、寝られるだけ寝て、起きているときはベッドの上でiPadで映画宣伝。ダウンしていると文章が書けない。全てコピペ。でも、そう見えないようにアップ。食欲がない。酒も飲みたくない。ベッドから起きられない。

でも、昨日の夕方くらいから少し元気が出て来た。静岡公開前にアップしたい映像がある。その編集にかかる。が、これが先の恐怖のメイキングの再来。今回はプロが撮影しているのに、「何じゃこれは〜!」という内容。何で天井写してんだ!しっかり被写体を撮れよ。そんなもの撮る必要ある? Bカメは全てピンぼけ。体調がまた悪くなる!本来、素材をそのままアップしてもいいものなのに、加工し編集しないととても人様に見せられない。

昨夜の深夜まで作業したが、呪いのメイキングの苛立ちが蘇り、何で続けて、こんな素材ばかり上がって来るか!!!!!とバカらしくなり、もうヤメーーーーと終了。本日、再び、この時間に作業している。通常の5倍時間がかかる。プロだろ?あまりに頭に来て、そのカメラマンを呼んだ会社に連絡。二度と彼を呼ばないように伝える。1度しかチャンスのないものを失敗してはダメなんだよ。プロは!

もちろん、思いもかけないアクシデントもある。が、映像を見ていれば原因は分かる。前回のメイキングは明らかに手抜き。愛もなかった。今回の素材は急なアクシデントもある。が、プロとしての状況把握が出来ていない。それをまた第三者が見れるように編集と加工せねば....。だが、静岡公開まであと1日。他にもせねばならないことがある。もう、間に合わないかも?そんなこんなで間もなく夜明け....。でも、これが監督業なのだよ〜。


明日スクエア全国.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

TOHOシネマズららぽーと磐田にて「明日にかける橋」舞台挨拶実施決定! [8月ー2018]

40326611_2134839033257056_7498698391245815808_n.jpg

TOHOシネマズ ららぽーと磐田では「明日にかける橋 1989年の想い出」の公開を記念し、鈴木杏さん、太田隆文監督をゲストに迎え(予定)、舞台挨拶を実施いたします!

9月1日(土)
実施時間
10:00~の回(上映終了後に舞台挨拶)
13:00~の回(上映開始前に舞台挨拶)

37715297_2058969634177330_3542243087323496448_o.jpg

ゲスト
鈴木杏、太田隆文監督(予定)
※登壇者の予定は変更になることもございますので、あらかじめご了承ください。


※ポイント鑑賞・1ヶ月フリーパスポート・各種招待券・株主優待券はご使用いただけません。
チケット販売
【PC・携帯】8月30日(木)0時~(=8月29日(水)24時~)販売開始
【劇場窓口】8月30日(木)劇場オープン時~販売開始

販売方法(購入方法)
パソコン
TOHOシネマズ ららぽーと磐田 上映スケジュール
劇場窓口

劇場窓口にてお買い求めください。
※販売対象の全座席をPC・スマートフォンよりインターネットでご購入いただけます。完売した場合、劇場窓口(当日券含む)での販売はございません。
※インターネット・オークションへの出品その他の転売目的での入場券の購入及び転売はお断りします。
※営利を目的として転売された入場券及びインターネットを通じて転売された入場券は無効とし、当該入場券による御入場はお断りします。
※インターネットからのご購入は、「クレジットカード」「TOHOシネマズギフトカード」「docomo、au、SoftBank通話料決済」「楽天ID」がご利用いただけます。
※舞台挨拶の予定は、急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※舞台挨拶該当日時の回のチケットをご購入いただいた方のみ、舞台挨拶をご覧いただけます。
※劇場内での写真撮影(携帯カメラ含む)や録音は固くお断りいたします。
※チケット販売当日はアクセスが集中し、つながりにくい場合がございます。あらかじめご了承ください。
※いかなる事情が生じましても、ご購入後・お引き換え後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。



明日スクエア全国.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

あの、悪戦苦闘の連続で仕上げたメイキングが放送決定! [8月ー2018]

37909100_2070002146407412_3153266616792252416_o.jpg


2ヶ月近くに渡り、僕が文句を言い怒り狂って編集したメイキング。ついに放送が決定した。28日27時25分~(実質的には29日3時25分~)静岡朝日テレビで放送。

タイトルはー越後はる香16歳の挑戦「明日にかける橋」ロケ現場からー誰がメインか内緒にしてきたが、大型新人の越後はる香(高校生のみゆき役)を中心に構成してある。越後がいかにしてオーディションで選ばれ、芸能活動スタートの時点で主人公役に抜擢。大物俳優たちと共演した撮影現場。その緊張と努力。いかにして撮影を乗り切ったか?を描くドキュメンタリー。

単に越後の物語だけでなく、彼女を支えた地元実行委員の方々も多数登場。撮影現場の裏側を紹介。ロケ地である袋井市、磐田市、森町のどこでロケされたか?も分かる。驚きと、感動と、笑いと、微笑みの30分。

僕が散々文句を言ったあの恐怖の素材から作られたとは思えない、上質のドキュメンタリーになっているはず。ふふふ。夜遅い時間だが、テレビ放送なので録画できる。ぜひ、ご覧頂きたい。(でも、静岡県でしか見れないのが残念)


明日スクエア全国.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

真夜中にすんません! ダウンしています。 [8月ー2018]

36776611_2025922294148731_7881449160652619776_o.jpg

LAの映画祭、その前の大阪公開、大阪宣伝、舞台挨拶と、お礼を伝えたり、報告したりということをせねばならないお世話になった方々がたくさんいる。なのに、その連絡ができていない。というのは、帰国してからとうとうダウン。自宅入院状態となった。本来は全国公開を終えてから倒れるのだが...。

「青い青い空」のといきは病院でも過労と診断され、医者から「休まないと本当に過労死するよ」と言われて続けたのに、休まずに宣伝活動。映画製作、撮影からすると、数年休みなしの生活だった。東京公開を終えてからダウン。半年近く寝込んだ。あのときが一番酷かったが、その後も毎回同じ。

ただ、今回はこれから静岡公開なのに....LAから帰国して1週間の余裕があったのがいけなかった。ホッとしたので疲労困憊が吹き出した。それと、あの恐怖のメイキング。通常の3倍の労力と時間がかかる素材。それを2ヶ月ほどで(本来なら3ヶ月はかかる)作業。〆切もあったので睡眠時間を削り、早朝から深夜まで編集。おまけに愛のない撮影の映像。さらにブレブレ、ボケボケの素材。嫌がらせのように肝心な被写体を避けて撮るその素材にイラつき、激怒、神経の逆撫で。苛立とストレスで心身共にボロボロ...。

それを一時中断して大阪宣伝。猛暑の中をポスターを貼ってもらいに市内を歩きまわる。マスコミ取材を受け、帰京。宿泊は経費削減のためにカプセルホテル。編集作業に戻り、イライラが再攻撃!数日後に大阪舞台挨拶で大阪へ。お盆でカプセルホテルも取れず、サウナの長椅子で寝る。再び帰京して編集の仕上げ。48時間かけて完成。その直後、LA行き。2ヶ月に及ぶ編集で肩や背中に激痛。エコノミーシートで10時間のフライトはまさに拷問。「白状するから降ろしてください!」といいそうになり、数時間寝ただけでLA到着。

映画祭では全力発揮。またまた3時間睡眠で朝からLAレポート。深夜までイベント。さすがに体はボロボロだったようで...やはり、あの呪われたメイキングで心身ともにやられた感じ。何度も断ればよかったと後悔した。「何で生活のためにギャラがもらえる仕事を断ってやる必要がある?」と何度も思えたし、誰に頼んでも「この素材で作品は無理すっよ!」と言われた。「無理無理無理」そんな答えしか返って来ない。

でも、無理なんてことはない。考えて考えて行動すれば必ず方法は見つかる。というのは「明日にかける橋」の台詞にもある。僕の信条。いい物を作るのは無理でも、作品にすることはできるはず。でも、通常の3倍の時間と労力。そして体はボロボロ。心はズタズタ。心ない人が撮った映像を編集すると、こちらの心まで蝕まれる。人も同じ。思いのない業界人とは仕事しない。

そんなことでダウン。ひたすら眠り続けた。でも、静岡公開は週末。起きたら気力を振り絞り、静岡版予告編をアップ。そして新作予告の編集。これは静岡公開までに配信しないと意味がない。でも、疲労困憊。すぐにダウン。1日のほとんどを寝て過ごした。この半年の睡眠時間を取り戻すかのように、起き上がることができない。なので、お礼メールとか、報告メールとか、なかなか書けないでいた。文章を書く気力がない。心も疲れて果てていてネガティブなことを書いてしまいそうになる。ま、その前に体力がなく、予告編のアップで精一杯。

と、書くとまた、多くの方が心配して「大丈夫ですか?」「病院は行きましたか?」「何か栄養のあるものを送りますよ」とかコメントをくれる。が、それに答えるのにまた体力がいる。だから、いつも完全に元気になってからダウンしていたことを伝える。が、今回はあまりにもお礼連絡ができないので、早めに書いた。体調はかなり良くなり、このように長い文章もかけるようになったので、心配はいらない。ただ、静岡公開はもう週末。それまでにせねばならないことがあり、お礼や報告をあとまわしにすることを容赦してほしい。

1人1人に理由を伝えたいところだが、あまりにも時間も、体力もないので、ここで一斉に報告させてもらう。僕の信条。「毎回、遺作。これで死んでもいい」と思って映画を作っている。ただ、撮影途中、編集中に死ぬ訳にはいかない。完成し、多くの人に映画を観てもらうまでは死ねない。いつもそう思ってかかる。もし、全国公開が終わっても過労死しなければ、「もう1本撮れ」と神様が言っているのだと思う。心配ご無用。コメントも無用。静岡公開の宣伝。全力投球。


明日スクエア全国.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋 1989年の想い出」横浜公開決定! [8月ー2018]

38204115_2077668228974137_3361423516757917696_n.jpg

9月8日から。横浜黄金町シネマ・ジャック&ベティにて。

ここは僕の監督作品「朝日のあたる家」「向日葵の丘」も上映してくれた映画館。「向日葵」に登場する梶原支配人はこちらの支配人さんの名前を頂いた。僕が大好きな映画館のひとつ。ここで公開されるのは本当に嬉しい。神奈川県の方。是非!東京で購入した前売り券も使えます。


37085128_2038436199564007_253158540795969536_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」は市民が作った映画。市民登場の予告篇を配信開始! [8月ー2018]

2J4A2485.JPG

「明日にかける橋」は市民が作った映画。市民登場の予告篇を配信開始!

オールスター・キャスト。メインキャラは全員、主役ができる有名俳優。物語は涙と感動。堂々2時間11分の作品。メインテーマはオーケストラ演奏。東京、大阪での公開は1番館。1流の映画館だ。続いて全国公開。そんな「明日にかける橋」を作ったのは大企業や大手映画会社ではなく、市民。そう、静岡県の市民が作った映画なのだ。

静岡県の主婦3人が「故郷の魅力を伝える何かをしたい!」と考え行動を開始した。仲間は次第に増えて行き、街の垣根を超えて3つの街の人たちが協力。寄付を集めて製作費を用意。プロのスタッフ、キャストに依頼して、さまざまな苦難を超え、葛藤を続け、作り上げた映画である。

メインキャラクターは全てプロの俳優だが、市民も数多く出演している。撮影前に市民俳優オーディションを行い、台詞のできる人。芝居ができる人。キャラのある人。いろんな方向から審査。200人近い市民が様々な役で映画出演。プロと共演している。そんな市民俳優たちが登場するのが、最新版の予告篇。

第1弾「大人篇」(大人の市民俳優が中心)に続き、「青春篇」(高校生役が中心)「子供篇」(小学生が中心)とこれまでに3本が配信されている。きっと、あなたの友人もどこかに出ているはず。「あーYさんだ!」「えーOさんが有名俳優と共演している〜」と思った人もいるはず。

地元映画は「面白い」「感動した」ということ以上に、地元の知人友人が出ているのが話題となる。9月1日からの静岡県公開を盛り上げるために、ぜひぜひ、予告篇をシェアしてほしい。何といっても市民が作った映画。市民が主人公の映画なのだ。これら予告篇を見れば、多くの人が映画館に足を運んでくれるはず。

第4弾。第5弾と、公開日まで次々に市民俳優版予告は配信される。ぜひぜひ、シェアお願いしたい。1人で多くの人に映画を観てもらい、街の魅力を再確認することが今回の目的。ぜひ、応援してほしい。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 8月ー2018 ブログトップ