So-net無料ブログ作成

勘違いする夢多き若者たち。まずは己の無力さを知ることがスタート? [2019]

10985895_862566943817611_2278375679785838644_n.jpg


勘違いする夢多き若者たち。まずは己の無力さを知ることがスタート?

「俺に映画を監督させりゃ、凄いものを作ってやるぜ!」

「私を主演に映画を撮れば大竹しのぶを超える演技をして見せるわ!」

映画監督を目指す人。俳優になりたい者。それら若い人たちに多くタイプ。そんな人たちにはゴマンと出会ってきた。僕も若い頃は少しそんなところがあった。が、そんなことを言えるのは経験がないからだ。テレビや映画だけ見て、

「この映画は本当に詰まらない。俺が撮った方が100倍マシだ」

「この女優、本当にヘタクソね。私の方がずっといい芝居ができる」

以前にも書いたが、多くの映画、多くの芝居を見ていると、見る目が養われる。だが、同時に「自分の方ができる!」という勘違いも起こす。見ることと、演じること&作ることは別の能力だ。もし、それが同じなら映画評論家は皆、名監督になれる。

作る、演じるというのは、見る、考えるだけでなく、実践しないと出来るようにならない。それも練習や実習ではあまり効果がない。やはり、仕事として監督する。舞台に立つ。カメラの前で演じるという実践、経験の積み重ねが、表現力を育てて行く。

ただ、向き不向きがあり、監督で言えば「ラブストーリー」がうまい人。「アクションもの」がうまい人とタイプが分かれる。向いているジャンルであれば、初めてでもそこそこ出来る。ある程度の実践でいいものが出来る。俳優も同じ。ただ、それに磨きをかける。新たなジャンルに挑戦することが大事。でないと幅が広がらないし、ロングランできない。

先の記事で書いたが、僕は「明日にかける橋」で刑事ドラマ要素を取り入れた。「あのパートは酷いよね」という人はいなかったが、自身ではまだまだだと思える。では、何が足りなかったのか?を反省し、考える。あと、ミステリーには挑んだことはないが、もともと好きなので、それなりの表現はできると思えている。が、やってみると、意外に大したことないかも?

青春もの。家族ものは何度もやっているので、そこそこ出来ているはず。なので、今回、プラスαで「刑事物」を加えたように、次回も何か別の要素に挑戦したい。いや、刑事物のリベンジというのもありだよなあ。どうすれば優れた刑事物。犯罪ものができるのか? その辺も考えていきたい。何れにしても、勉強は当然。実践しなければ上手くならない。

「俺に映画を監督させりゃ、凄いものを作ってやるぜ!」

「私を主演に映画を撮れば大竹しのぶを超える演技をして見せるわ!」

いくらそう思っていても実際にカメラを回し、舞台に立てば、いかに自分が無力であるか?痛感するはず。まず、打ちのめされ、敗北し、自身の愚かさを知ること。大事だ。そうすれば何が足りないか?考えるようになる。そこからが本当のスタートだ。


61328389_2713611712046449_5637045108852391936_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

昨年の今日6月30日は「明日にかける橋」東京公開の日! [2019]

37078053_2039179936156300_7433468124466249728_n.jpg

昨年の今日6月30日は「明日にかける橋」東京公開の日!

あれから1年。もう、10年くらい経ったか感じ。「明日」は全国各地の映画館で公開。LAと稚内の映画祭で上映、DVD発売もされて、全国のTSUTAYAでレンタル中。おばちゃんたちがスタートさせた映画作り。大きく広がった。



61328389_2713611712046449_5637045108852391936_n.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

原発事故の悲劇を描いた映画「朝日のあたる家」7月3日に滋賀県で無料上映会!太田監督の講演会付き [2019]

65152059_2786785768062376_3607457449839165440_n.jpg

「朝日のあたる家」7月に滋賀県で無料上映会!

原発事故の悲劇を描き話題になった映画「朝日のあたる家」先の鹿児島上映会に続き、今回は滋賀県で無料上映会が行われます。議員になる前の山本太郎さんが出演したことも話題になった映画。

静岡県で原発事故が起こり、巻き込まれた家族の悲しみを描いた物語。原発事故が起こるとどうなるか?を体感できます。映画は2013年に全国の映画館で公開。東京では半年近くのロングランとなり、その後、世界6カ国で上映され、いずれでも絶賛されました。

2019年7月3日 (水) 13時~16時10分
会場 栗東芸術文化会館さき ら
太田隆文監督の講演あり
入場無料、要予約


未見の方はぜひ、おいでください。

また、自主上映会の受付もしています。詳しくは以下のアドレスから。

映画内容の詳細はこちら= http://www.asahinoataruie.jp




DzE_IftVsAILqoG.jpg家族写真.jpg

1452018_543998542341121_113827280_n.jpg552822_450692858338357_1276888785_n.jpg935285_464899953584314_169024586_n.jpg545979_544442505630058_1227426393_n.jpg58237_486649284742714_1585650533_n.jpg1496891_596660557074919_2003300535_n-5002d.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

今日の一言 [2019]

IMG_1329.jpeg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」関係者&地元の皆様へ [2019]

64423263_2759819524092334_8492139243232034816_n.jpg


「明日にかける橋」関係者&地元の皆様へ

皆様の参加、協力、応援で完成した映画「明日にかける橋 1989年の想い出」は昨年に全国公開を終えましたが、残念ながら北海道地区だけ上映できずにいました。それが稚内市で毎年開催される「わっかない白夜映画祭」よりご招待上映を頂き、先日ゲストとして、出演者の栩野 幸知と共に参加させて頂きました。

とてもとても素敵な映画祭で、スタッフの方々のホスピタリティ。上映の前日には市内観光。街はどこで撮影しても絵になる素晴らしい風景。広大な自然が広がっています。夜はオホーツクの海で捕れたばかりの海鮮料理。至れるつくせりの対応。映画上映はシネコン。画面も大きく、サウンドもクリア。「明日」上映時はほぼ満席。多くの観客は板尾さんと杏ちゃんの場面。ユキヒコと父のシーン等で涙していました。日本最北端の街でも「明日」は感動を伝えました。

これも太田組、スタッフ、キャスト。そして地元実行委員会、袋井市、磐田市、森町の皆さんが、2年前の夏、あの暑い暑い夏の撮影に参加してくれたから。宿舎や車を貸してくれた団体。本物の石を掘って記念碑を作ってくれた社長、市民俳優として参加してくれた高校生たち、ロケを受け入れてくれたお寺、大学、飲食店、民家。

多くの人たちの支援と協力なくしては完成し得ないかった作品。また、静岡県外からも多くの方から寄付をいただきました。今回は大企業がスポンサーではない映画。市民1人1人の寄付が製作費。その多くの人の思いが集まった「明日にかける橋」は北海道、日本の最北端の街で上映。国や県、自治体や企業の力がなくても、市民の力でここまで出来ること。改めて痛感しています。まさに

POWER TO THE PEPOLE !

改めて、関係者に感謝の気持ち伝えたいです。

稚内より愛を込めて    監督 太田隆文







61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

太田監督の「ドキュメンタリー沖縄戦」監督日記ー好評連載中です! [2019]

沖縄戦V.jpg

●「ドキュメンタリー沖縄戦」監督日記

「朝日のがあたる家」で原発事故の悲劇を描いた太田隆文監督の最新作。

今回はドキュメンタリー映画。

50878333_2435526859854937_2037024472195661824_n.jpg

3年がかりで今春完成しました沖縄で多くの方をインタビュー。戦争体験ある方々から当時の話をたくさん聞かせて頂きました。もう80代、90代のお年寄り。その言葉を伝えることの大切さを強く感じました。

そして沖縄戦を研究する方、沖縄戦を伝える活動をする方。多くのみなさんの熱い協力、応援を頂き完成しました。

作品はかなり良い出来で、専門家からも高い評価を頂いています。これまでになかったドキュメンタリーになりました。涙なしで語れない過酷な沖縄戦の実態。徹底して伝えます。同じ過ちを繰り返してはいけないこと伝えます。

まずは東京、沖縄で上映を計画中。

ご期待下さい。

ブログは沖縄取材、沖縄戦勉強から、編集、完成まで。今後は完成披露上映に向けた経過を詳しくレポート。他にも日本が抱える問題。監督が考えるあれこれを綴ります。





ブログはこちらで=>https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp

50924374_2437900409617582_4821826982830407680_n.jpg

51335002_2446357638771859_8369976586488774656_n.jpg

61559191_2718698541537766_7571519969771388928_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

わっかない白夜映画祭。本当に楽しく、美味しく、素敵な映画祭 [2019]


65020329_2757526837654936_4818221018482999296_n.jpg

わっかない白夜映画祭。本当に楽しく、美味しく、素敵な映画祭

映画祭。いろんなんところからご招待を頂くが、「行かなきゃよかった〜」というところもある。監督作を上映してくれるのはありがたいが、映画祭側が経験不足、また映画祭とは何か?を理解しないで開催する町もあって悲しい思いをすることもある。

そんな中、今回、ご招待頂いたわっかない白夜映画祭は本当に嬉しいものだった。まず、スタッフさんたちの気遣い。熱意。何よりも上映会場が映画館であること。というのは、映画祭と名乗りながら、小さな会議室、視聴覚室で上映ということもある。カーテンを閉めて正面に置いた移動式の小さなスクリーンに映す。小学校の理科の時間と変わりない。

カーテンの間から外光が入り込んで、室内は薄明るくなりスクリーンが見辛い。映画人としてあまりにも悲しい。巡回映画でも体育館やホールだ。それが稚内では映画館!シネコンが会場だ。画面も大きく、サウンドも素晴らしい。ほぼ満員の観客が入っての上映。静岡県西部で作られた「明日にかける橋」が日本の最北端。稚内の映画館で上映されること。感無量だった。

観客の反応もかなりよかった。東京、大阪、静岡で多くが感動した場面と同じところで観客は涙を拭き、おかしな場面は笑い声が上がる。僕も最後列で見せてもらったが、2時間以上ある上映時間。観客は画面に見入り、真剣に見てくれていた。退屈だと、足を組み直したり、体を伸ばしたりして、動くので、後ろから見ていると、よく分かる。

上映後は僕と出演者のお1人。栩野さんとトーク。1時間ほど映画の成り立ち、撮影、映画界の話をさせてもらった。ほとんどお笑いトークになってしまったが、笑い声が絶えず。「楽しかった」という感想をたくさん頂いた。お客さんたちはほとんどが地元稚内の方。もしかしたら、一生、ロケ地である袋井市も、磐田市も、森町も、その地名さえ知らずに終わったかもしれない方々。茶畑、古い家並み、大きなお寺、太平洋と、映画に登場する素敵な風景を見てもらうことができた。

「明日」を作ったのはそれらの町のおばちゃんたち。彼女たちは「ふるさとの魅力を全国に伝えたい」というところから、映画作りを始めた。その思いは多くの人に支えられ形となり、今回は日本最北端の町で故郷の風景を披露できた。「明日橋を見に行きたい」と言ってくれた方もいた。おばちゃんたちの映画は下手な広告代理店に頼む以上の力を発揮している。

上映後は地元スタッフの方々が地元の海産物をご馳走してくれた。東京の居酒屋では絶対に食べることのできない新鮮で美味しいものばかり。この瞬間だけで「来てよかった〜」と思える。さらに上映時間までの待ち時間には稚内を車で案内して頂いた。どこも映画のロケ地になる素敵な風景ばかり。時代劇から文芸大作まで何でも撮れてるだろう。吉永小百合さんの近作もこの町で撮影されている。高倉健の「南極物語」も一部はこの町でロケしている。

「いつか、稚内で映画を撮りたい!」

と思っていたら、もう帰京の日。どんな物語がこの町にはふさわしいか? 飛行機の中であれこれ考えていた。稚内の皆様。本当にありがとうございました。



58380866_2620621131345508_6956524637744267264_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋」が招待上映6月15日=わっかない白夜映画祭2019のタイムスケジュールはこちら! [2019]

 「明日にかける橋」稚内の映画祭で招待上映! 6月15日(水)


60717138_2281470441914648_7155663253144600576_n.jpg




58380866_2620621131345508_6956524637744267264_n.jpg

61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画