So-net無料ブログ作成

春から時間がある! ワークショップを計画中。前回は実力派と出会えて感謝。 [2019]

54006201_2532488360158786_5767608270655062016_n.jpg

春から時間がある! ワークショップを計画中。前回は実力派と出会えて感謝。

前作「明日にかける橋」は撮影前に3回ほどのワークショツプを実施した。当時は告知しなかったが、実は「明日」の俳優探しを兼ねていた。そういうと多くの若手が参加しただろうが、それでは意味がない。とは言うものの毎回、20人以上が参加してくれた。

著名な監督のワークショップなら、参加費がバカ高くても多くが集まるが、そうでない監督だと3ー5人ということもある。僕も決して有名ではないので心配していていたが、毎回多くの若手、それも経験がも実力もある役者が数多く参加してくれて感激した。

結果、3人の若手を参加者から選んだ。もちろん、それだけが目的ではなく、他の監督たちと一味違ったレッスンがメインだが、僕としては3人も選べたこと。ありがたかった。と言っても3人がぶっちぎりで良かったわけではない。同じ実力、それぞれの個性。それぞれのやくに2−3人の候補がいた。

幸い、オーディションと違い、時間をかけて芝居を見せてもらうことができたので、真の実力を見極めることができた。そして選んだ3人は期待通りに素晴らしい演技を見せてくれた。全員、セリフがあり、結構重要な役。1人は板尾創路さんと絡む重大な役。1人は田中美里さん鈴木杏ちゃんとダブるで戦う。そして最後の1人も板尾さんと対峙する超重要な役だった。

本当に皆、よくやってくれた。ワークショップによく参加してくれたと感謝している。もし、彼らが来てくれなかったら、オーディションをして、1人15分ずつくらいの審査をして選ぶしかなかったのだから。もちろん、それで外したことはないが、俳優には1時間あれば、緊張が解けて実力発揮というタイプもいる。オーディションでは力を出す前に終わる。

そんな人たちでも4−5時間続く、ワークショップでなら力を発揮するはず。実際、最初は頑なタイプと思えた女優さん。最終回はリラックス。その子の別の魅力を見ることができた。その意味で選ぶ監督側も大変だが、俳優たちはより厳しい状況にいると思え、本当の力を発揮する場が必要なのだ。

もう一つ、感じたのは、撮影が決まってからワークショップをしていたのでは間に合わないということ。時間あるときに開催して、シナリオを書くときに「お、この役はあの役者がいいかも?」と思って、その段で選べれば助かる。僕のシナリオは有名無名に関わらず、当て書きが多いのだ。

春から時間もできるし、久々にワークショップやってみようか?と考えている。ただ、今回は本当に新作が決まっていない。出演目当てだけで参加するのなら期待外れだ。ただ、個性派実力派との出会い。次回のために作らねばならない。関心ある方は僕のブログ、Facebook等を時々覗いてほしい。決まれば突然に発表する。よろしく。



 dvd   pakeage.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

お茶生活3年目。 [2019]

IMG_0592.jpeg

お茶生活3年目。

袋井市東京交流会で購入したお茶。毎日飲んでいたのでもうなくなった。「明日にかける橋」の製作が決まった時に「今日から毎日、静岡茶(特に地元)を飲む」と決めて3年ほど。今も1日はお茶で始まる。
そのせいか今回は過労で倒れたり、大きな病気をすることもなく、お茶効果を感じている。


話を戻し、袋井茶がなくなったが、東京では簡単に静岡県西部のお茶を買えない。先日、そのことを記事にしたら五反田で購入できるとの情報をコメント頂いたが、編集作業の追い込み中。その余裕もない。仕方なしに近所のスーパーを覗くと、「掛川茶」があった。今回のロケ地ではないがご近所?!


それを今朝から飲んでいる。


 dvd   pakeage.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

あの富澤昭文監督第1回作品。 TUTAYA等でDVDは好評レンタル中! [2019]

53918315_2519013274839628_670671366747324416_n.jpg


あの富澤昭文監督第1回作品。

TUTAYA等でDVDは好評レンタル中!






 dvd   pakeage.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この建物の中に、杏ちゃんと、芳根がいるのに、時間なく芝居見れない。。。悲しい。。。 [2019]

53749497_2513666805374275_2710879479156178944_n.jpg


この建物の中に、杏ちゃんと、芳根がいるのに、

時間なく芝居見れない。。。

悲しい。。。



 dvd   pakeage.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画は寿命が長い!何年経っても上映できる。 [2019]

53735660_2515693651838257_2130718870225289216_n.jpg


映画は寿命が長い!何年経っても上映できる。

2年前の今頃。浜松で撮影した映画「青い青い空」が富士の国映画祭で上映。撮影から7年後のこと。映画は100年残るメディア。1度作ると何年先でも上映ができる。

テレビで地元PRのCMを流したり、新聞広告を出しても、その時だけ。その意味で映画は凄い。今もDVDは全国のレンタル店に置かれているところあり。「明日にかける橋」も5年後10年後もどこで上映されているはずだ。


 dvd   pakeage.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

作曲家ミシェル・ルグランが、1月26日に86歳で死去 [2019]

52720418_2483563941717895_1403769198378745856_n.jpg


作曲家ミシェル・ルグランが、1月26日に86歳で死去

フランスの作曲家ミシェル・ルグランが、1月26日に86歳で死去したとのニュースを少し前に聞いた。ミッシェル・ルグランはフランシス・レイと並ぶ映画音楽の大家で、70年代の映画ファンにはお馴染み。僕がビートルズやローリングストーンズを聴きだす前。はひたすら映画音楽を聴いており、FMで特集があると何日も前からカレンダーに丸をつけて、カセットに録音する準備をしていた。

映画音楽はいろんな曲を1枚のLPレコードに収録というのは、ポールモーリアのような楽団が演奏したものしかなく。サントラ盤ではなかった。メインテーマばかりというのはラジオから録音するのがベスト。そんなカセットを何本も作った。

その中で日本人好みの美しい曲というは、フランシス・レイとミッシェル・ルグランの2人が多かった。レイは「ある愛の詩」「白い恋人たち」「男と女 」「個人教授」 等が有名。ルグランは「シェルブールの雨傘 」「華麗なる賭け」「太陽が知っている」「 おもいでの夏 」「栄光のル・マン 」「愛と哀しみのボレロ」 等で有名。

80年代にポップスで「ユーミン」派と「みゆき」派というのがあった。それとよく似た構図で、それでいうと僕はルグラン派だった。あの「おもい出の夏」のテーマソング。美しすぎて怖いくらい。映画自体よりも音楽の方が良かったマックイーンの「華麗なる賭け」。「シエルブールの雨傘」は映画を見なくても、曲だけで泣いてしまう。

音楽の凄さを感じたものだ。当時は他にもジョン・ウイリアムス。ジェリー・ゴールドスミス。ニーノ・ロータ。モーリス・ジャール、バート・バカラック、バーナードハーマン、お馴染みの音楽家がいた。ジョン・ウイリアムスは今も健在。あの「スターウォーズ」の作曲家。「インディジョーンズ」も「スーパーマン」も「ET」も全部彼の作品だ。

日本映画はどうしても音楽を軽く見ているような気がして、実際、スタンダードになる映画音楽はほとんどない。海外の映画。特にアメリカ、フランス、イタリアは誰もが知るスタンダードナンバーがかなりあるのに、その違いは何だろう?やはり日本の監督たちは音楽を軽視しているのではないか?と思えたり。

タラのテーマ(風と共に去りぬ)、ゴッドファーザー愛のテーマ、ある愛の詩、と、誰もがどこかで聴いたことがあり、映画を離れて生き続ける曲の数々。やはり、映画作家たちが音楽の重要性を理解し、愛があったからではないか? 僕の先輩監督。ベテランのその人は、

「この場面は大事だから音楽なしで行きたい」

と言っているのを目にしたことがある。やはり、音楽は添え物的な位置ずけなんだろう。

「ここは間延びするから、音楽を入れて欲しい」

とか、映像や芝居の不味さを軽減するための材料のようなことをいう。そもそも、監督という人が音楽に興味ないことが多い。クラシックファン、ジャズファンの監督ってあまり聞かない。あ、黒澤明はクラシック好きだった。イーストウッドはジャズが好きで、「バード」という映画まで撮ってしまった。ミッシェル・ルグラン死去のニュースでそんなこと。いろいろ考えた。


51252474_2441878215886468_7387041855868764160_n.jpg
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

原発事故を描き大ヒットした映画「朝日のあたる家」 Netflixでの配信が3月1日で終了 [2019]

DzQeiBGVYAIG6WW.jpg

原発事故を描き大ヒットした映画「朝日のあたる家」

Netflixでの配信が3月1日で終了するとのこと。

お見逃しなく!

完成後。多くの映画館から上映拒否に遭うが、

心ある映画館全国23館で公開。世界7カ国でも上映。

あの山本太郎も出演し話題になった問題作「朝日のあたる家」

DzE_IftVsAILqoG.jpg

ぜひ、この機会にご覧下さい。

HP=>http://www.asahinoataruie.jp



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「朝日のあたる家」の撮影は6年前の今頃だった「原発映画を作ったら、2度と仕事が来なくなる!」と言われたこと思いだす [2019]

DzQeiBGVYAIG6WW.jpg

原発事故を描いた映画「朝日のあたる家」の撮影は6年前の今頃だった。

「原発映画を作ったら、2度と仕事が来なくなる!」

映画界ではそう言われていた。先輩たちからも何度も止められた。でも、個人的に興味を持ち調べ始めた原発事故。そこで苦しむ福島の人たちのことを知り、原発の危険を知ったことで何かしなければ!と思った。

僕ができること。大したことはできない。知名度もない。金もない。発信もできない。いろいろ考えて、映画で原発事故の悲しみを伝えることならできると思えた。同時に恐怖も感じた、

「どこの誰か分からない奴が圧力をかけてくるかもしれない、殺されるかもしれない。怖い。危険な映画はやめた方がいいか?」

そうも考えたが、そうするなら僕は今後「表現」の仕事はしてはいけないと思えた。表現者失格であり、人間失格。見て見ぬ振りをして「幸せとは何か?」と言う映画を作っても、それは観客には伝わらないだろう。「なぜ、あの時、原発事故の映画を作らなかった。まだ、受けてもいないバッシングや圧力を恐れて諦めるべきではなかった」と一生、後悔すると思えた。

どうしても人は安定を望み、組織は安泰を図る。しかし、「表現」の仕事をするものが「真実」や「歴史」を都合よく改ざん、捏造したり、目の前にある危険や不幸から目を逸らすのは絶対にやってはいけないこと。そう思い映画製作をスタート。山本太郎さんも賛同してくれて出演。多くの人の支援と強力を得て静岡県の湖西市を舞台に映画を完成させた。奇しくもクランクアップが3月11日。

当初、多くの映画館から上映拒否を受け、お蔵入りかとも思われたが、いくつかのマスコミが応援。記事にしてくれて、日本各地の映画館から「だったら、うちでやりましょう!」と言う声がどんどん届き、最終的には25館で公開することができた。いずれの映画館でも大ヒット。東京では5ヶ月ほどロングラン。その年、最大のヒットとなった映画館もある。

言われていた圧力。ゼロと言っていいほどなかった。電力会社からクレームが来ることも、怪しい奴に尾行されることもなく、映画の世界で村八分にされたりすることもなかった。それどころか、その後、2本の劇場用映画を監督。仕事はむしろ順調になる。

つまり「原発映画を監督したら2度と映画は撮れない」と言うのは「そうなるんじゃないの〜」と不安で誰かが言った言葉が一人歩きしていただけで、事実ではなかったのだ。根も葉もない噂。まさに杞憂。それを多くの映画人が真に受けて、避けまくる。勝手に原発映画はヤバイと思い込んでいただけ。

それどころか僕の「朝日のあたる家」が完成する前に、ヒットメーカーである園子温監督も原発事故題材の映画を先に完成させて公開。そして「朝日」の後にも次々に同種の映画が作られた。思ったのは、多くの人が勝手に自粛していたと言うこと。言い方を変えると「忖度」していたのではないか? 原発ムラは巨大。大手企業が中心だ。当然、圧力がかかる。だから、手を出さない方がいい。

人の心理としては分かる。しかし、表現者やマスコミがそれではダメ。自分たちの仕事は何なのか? 広報なのか? 報道なのか? 政府や企業に都合のいい情報を流すことか? 真実を伝えることか? 表現も同じだ。マスコミが報道できないことも芸術の世界では伝えることができる。考えることができる。それが映画であり、音楽であり、漫画であり、小説であり、演劇であり、作品なのだ。

そして「真実」や「歴史」。そして「幸せ」や「不幸」を語ると言うのは、自らが傷つくかも知れない戦い。「圧力があるかもしれないから、やめておこう」と言うのなら「表現」の仕事をするべきではない。

そんなことを考えながら6年前に撮影したこと。思いだす。その「朝日のあたる家」その後はDVDになり、TUTAYAでレンタルもされ、現在はプライムビデオのNETFLIXで配信中。明日、3月1日に終了。チャンスある人は見て欲しい。



 dvd   pakeage.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

原発事故を描き大ヒットした映画「朝日のあたる家」が鹿児島で無料上映!2月12日 [2019]



「朝日のあたる家」鹿児島上映会が決定!

2月12日(火)12:30受付開始 13:10〜 

場所、本願寺鹿児島別院 

住所、鹿児島市東千石町21−38 

電話099−222−0051 

入場無料

山本太郎さんが出演した2013年の映画

全国23館で公開。世界7カ国で上映されました。

各地でヒット。マスコミでも話題になりました。

今回はお寺での上映。鹿児島は川内原発があり、現在稼働中。

原発問題に関心のある方。ぜひ、ご覧ください。

原発事故がどういうものだか、体感できます。


映画についての情報= http://www.asahinoataruie.jp





51252474_2441878215886468_7387041855868764160_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「朝日のあたる家」鹿児島上映会が決定! 明日2月12日(火)13:10〜  [2019]

CtNeBZcUEAARgUV.jpg

「朝日のあたる家」鹿児島上映会が決定!

2月12日(火)12:30受付開始 13:10〜 

場所、本願寺鹿児島別院 

住所、鹿児島市東千石町21−38 

電話099−222−0051 

入場無料

お寺での上映です。鹿児島は川内原発があり、現在稼働中。

原発に関心のある方。ぜひ、ご覧ください。


映画館公開時、鹿児島の映画館では5日しか上映できませんでした。
宣伝も十分にできなかったと聞いています。この機会にぜひ!

映画についての情報= http://www.asahinoataruie.jp



51252474_2441878215886468_7387041855868764160_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画