So-net無料ブログ作成

過労で倒れて入院状態、それはとても大事な時間? [健康]

58420251_2632822946791993_307904010721951744_n.jpg


過労で倒れて入院状態、それはとても大事な時間?

仕事をしていて、あー休みたいなあ〜とか考えたことはあまりない。仕事が楽しいということではなく、映画製作はやらねばならないことが山積み!さらに問題が次々に起きる。それの解決に奔走。「休む」という発想がなくなる。時間が足りないことが多いので、そんな時に休んだらクランクインが遅れる。作品レベルが落ちる。とマイナスにしかならない。例えれば船が巨大な氷山とぶつかりそうなのに「少し休みテーナー」なんて考えないようなものだ。

学生時代もバイト時代も、休みがあればやりたいことがあれこれあって、日曜の夜には疲れ果てていたし、大人になってからもビールを飲みながらテレビを見てダラダラ過ごすというような時間を送ったことがなかった。が、それがとても重要であること。やがて知る。休まずに働き続けた結果、過労で倒れ、医者から「休まないと本当に過労死するよ」と宣告された。機械だって、休まずに使えば壊れてしまうのだ。

それでも映画製作は休んでられず、3〜4年は走り続ける。で、今回もまた、過労死寸前。何ヶ月も寝たきりになった。本当に悪い時はテレビを見る気力もない。活字も読めない。電話をしたり、人と話したりもできない。全機能停止状態。少し良くなるとDVDを見たり、本を読んだりできる。「青い青い空」のあと倒れた時は、その時期にあれこれ本を読んだ。

入院生活と同じで、運動したり、街に買い物に行ったりはできないが、部屋で読書は可能だ。(そのくらいの体力しかない)その時は好き!という訳ではないが、村上春樹を何冊も読んだ。ノーベル賞候補に何度もなる日本人はどんな小説を書いているのか?興味があった。あと、ケーブルテレビで録画したままの映画。何枚も見た。

そんな時間はとても大事。世の中の動きを知り、「NEWS23」を見て、amazonプライムをオンにして、読みたかった小説を読む。それが直接、次回作に繋がらなくてもいい。むしろ、そうでないものがいい。その方が広がる。先日のキャラメルボックス倒産でも感じたが、作家さんは本当に大変だったと思う。34年間も毎年、公演を打つのは地獄の戦いだ。それも水準以上の作品を作る。

Rストーンズだって数年に1枚のアルバムを出し、ツアーするだけ。1年に3枚もシングルを発売したりしない。映画でも、音楽でも、1年に何作も出来るものではない。必ずレベルが下がる。あの三谷幸喜さんだって、あれだけヒット作を出し続けて来たが、近年はえーという作品がある。「才能が尽きたな?」と批判する人もいるが、才能とかではない。休まずに書き続けると誰だってそうなる。

作品はウンコと同じ。食べないと出ない。食べる時間がなくて、「ウンコしろ!」と言われても出来ないのと同じ。それもいいウンコをするには美味しいものを食べねばならない。それはいろんな経験であり、映画を見ること、小説を読むこと、音楽を聴くこと、絵画を見ること、そんな時間や機会がなくウンコし続けることはできない。だから、過労で自宅入院状態である今はとても大切な時期だと思えている。


61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

60代目前でも体調は回復するのね? [健康]

62530666_2732467123494241_4527954707573899264_n.jpg

60代目前でも体調は回復するのね?

3年間休みなしに7人分の仕事をし、2本の映画を作ったツケは過労という形で返ってきた。2ヶ月ほど寝込んで、今は起きて動き回れる。が、無理をするとまたダウン。2日連続外出をして3日寝込んだ。来週は北海道の映画祭に参加する。

それまでに回復しようと、先日も2日続けて外出して見た。2日目は花園神社で唐組観劇。椅子席ではないムシロの上で2時間20分。唐組は観るというより参加する芝居。翌日は体のあちこちが痛み、何もできなかったが、前回ほどではなかった。確実に回復している。(唐組は本日が千秋楽。素晴らしいのでぜひ!当日券もあります。新宿花園神社で午後6時半から。当日券は昼頃から売っています)

もう、死ぬまで寝たきりか?と思ったりしていたのに。それでも念のために今週はおとなしくしている。つい先日までは近所のコンビニに行く体力がなかった。空港まで行けないと大変。静養を続ける。



61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

再びダウン。これからの人生を見つめてしまう? [健康]

58420251_2632822946791993_307904010721951744_n.jpg

再びダウン。これからの人生を見つめてしまう?

もう大丈夫だろう?と2日続けて外出したら、また体調不良。2日間ダウンしていた。血圧も標準値だったのに、また上がった。医者によく「過労を舐めちゃいかんよ」と言われたが、まさにその通り。健康とは失いやすく、取り戻しにくいもの。特に3年で2本も映画を作ったら体はガタガタになる。毎回、命がけだ。

あと数年で60代。昔は50歳と言うとジジイだと思っていたが、意外にそうではなかったが、60歳は正真正銘のジジイだろう。定年の年代でもあるし、映画館では60歳からシルバー割引。近所のクリーニング屋のアルバイト募集も「60歳まで」と書かれている。体調悪化でベッドで横になっていると、気分も暗くなる。

「僕は幾つで、どんな死に方をするのかなあ?」

とか考えてしまう。いずれ仕事で体を壊し、何ヶ月も寝込んで、仕事ができなくなり、貯金もなくなり、部屋を追い出され浮浪者にでもなるのか? 冬の寒さに耐えられず新宿中央公園で凍死? そんな結末が60代で訪れるかもしれない。

あるいは幸運にもまた映画が撮れるが、年齢を顧みずにまた7人分の仕事をして、今度こそ過労死するか? まあ、それでも映画が完成して、せめて試写会で観客の反応を見るまでは死ねないが、そっちの結末を望みたい。

まあ、妻も子もいないので、本当はいつ死んでもいいし、僕が死んで困る人はいない。だからこそ、映画作りで圧力がかかっても、横槍が入っても、失うものがないから妥協せずに来れた。失うものがない者は強い。そして、映画を作ると言うのなら、殺されても妥協してはいけない部分がある。そんなこと、天井を見つめながら考える。

すぐに復活するのでご心配なく!応援コメントとかご無用。


61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

しっかり休めば元気は戻ってくるもんだね? [健康]

58420251_2632822946791993_307904010721951744_n.jpg

しっかり休めば元気は戻ってくるもんだね?

3年間休みなしに映画を2本作り。過労でダウンして自宅入院生活が続いていたが、だいぶん良くなってきた。以前は映画館まで行くと翌日はダウン。

それが一昨日は蓮池透さんの講演会(翌日にれいわから出馬で驚く)、昨日が「ゴジラ」新作。2日続けて外出。少し前だと考えられないこと。映画見に行こうと、駅に向かう途中で体力が尽きて、引き返したことがあるくらいだ。

流石に2日続けると、疲労困憊で本日は静養。でも、これはかなり良くなった証拠だ。血圧も標準値まで下がったし(今朝はまた上がったが)気分も「また、何か始めよう!」という気になる。

体調が悪いと気分も暗くなり、後ろ向きになる。このまま寝た切りで一生か? 元気になっても、もう続けて監督することもできないだろうなあ。不況で企業は金出さないし、地方で映画撮りたいところも、そう続けてないよなあ〜とかネガティブになる。

重い病にかかった人。企業のトップのやり手だったのに、性格が変わり、妬んでばかりという話を聞いたことがあるが、やはり健康を損なうと心も病んでしまうこと自身で痛感する。今日はおとなしくして、明日からまた動いてみる。


61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ついに血圧が標準値内に!=静養は大切だ [健康]

58420251_2632822946791993_307904010721951744_n.jpg

ついに血圧が標準値内に!=静養は大切だ。

血圧計購入から1ヶ月。自宅入院生活という名の静養を続けた。先日、非常に頭の痛い事件があり、その日に測るとまたまた危険値。このところ標準値に近づいていたのに、事件があると瞬間に危険値になるとは!毎日が事件の連続の映画製作なら、毎日が危険値だったということか? それが3年も続くので、プロジェクトが終わっても危険値が何ヶ月も続くこと納得する。

やはり、イライラ、ストレス、プレッシャーの連続。それも数年に渡り続く。やはり体に良くないのだ。以前は映画完成後、半年近くも寝込んだことがあるが、当然だったのだろう。何度も一線を超えるほど激怒したし、関係者から信じられない仕打ちを受けたり、裏切り、ギャラの不払い、金を抜くP、なのに気づかず信頼する地元の人と、もう、大爆発しそうなことがテンコ盛りというのが映画製作。

まあ、事件を起こす困ったちゃんをその度に排除することで、チーム自体はクリーンになったのだが、問題児は外部にもいる。甘い汁を吸おうと近づいて来る寄生虫のような人たちをブロックするのも大事。ブロックできても、あちこちで「利用された。酷い!」と自分は被害者であると言い触れまわり。知らない人が乗せられて「それは酷いなあ」とプロジェクトを攻撃した。血圧上がり放題?だ。

それでも以前に比べれば、超弩級のバカは少なくなり、関係者が映画製作をしっかり勉強してくれたりと、問題が軽減されたので半年寝込むことはなくなったが、今回もすでに2ヶ月。そんな中、昨日も血圧を測った。ら、

最低記録達成!? 

ついに、標準値内になった。こんな数値見たことない! いやー下がるもんだねえ〜。やはり、数値で見るとよくわかる。しっかり休むと下がるんだ。

働きすぎでダウンする過労というのは病気ではないし、数値で表せない。内臓機能が低下とか、血がドロドロとか、血圧が高いとか、症状でしかないので、「サボっている」「怠けている」「仕事のし過ぎで倒れるなんてありえない」と経験のない人は理解できず批判をしがち。(うつ病も同様とのこと。人は経験のないことを理解せず。安易に批判する)

そこで注目したのが血圧。1ヶ月ほど測り続けたら、危険値だったものが、少しずつ下がり、昨日、標準値になった。体調もかなり良くなった。少し前は子泣きジジイを3人ほど背負っているような倦怠感があり、駅まで行く途中で体力尽きて帰還ということが何度もあった。が、昨日は遠くの町まで行けた。血圧と体調は関係することも実感。でも、数日、様子を見る。



61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画